FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


残念ながら、本日は日曜日ですので
「明日仕事したくない病」に
かかっているところです…


今度の火曜日までは在宅での
勤務なので、就寝・起床時間が
電車に乗らない分遅いのですが
なにぶん、必要以上の仕事を
するのが大嫌いな「会社への
サービス精神0」なもので(笑)


7月は2度ほど遠くに出かけるので
当面はそれを餌にイヤイヤ仕事に
取り組んでやろうと思います。


さて、今回は我々のホームページ
若干量で更新いたしましたので、
その更新内容を掲載することで
ブログの更新とさせてください。




今回の追加分は以下となります↓
(カッコ内は制約モードで閲覧可能な
掲載遺構の数です)

 ※アンカーをクリックすると、
  それぞれ別ウィンドウで表示され
  音楽が流れますので、一度に全てを
  開かないようにご注意を!

  音楽を聞きたくない方は、
  あらかじめ音量をミュートに
  しておいてください。  

東京都(386)
 練馬区(1)
  ①陸軍鉄道大隊E18型機関車(1)

千葉県(804)
 柏市(30)
  ①陸軍東部防衛軍
   高射砲兵第二連隊
(8)
  ②陸軍第一飛行集団
   第四航空教育隊(6)

静岡県(202)
 浜松市(30)
  ①陸軍第十五師団
   歩兵第六十七連隊
(10)
  ②浜松陸軍墓地(3)
  ③陸軍航空学校
   三方原射爆場(2)
  ④陸軍中野学校
   二俣分校(5)

愛知県(168)
 田原市(11)
  ①陸軍中部防空旅団
   防空第十五連隊
   田原前進監視哨
(7)

奈良県(32)
 磯城郡田原本町(4)
  ①大阪海軍警備府
   奈良唐古防空砲台(3)



祐実総軍プロジェクトの体制は
以下で構成されており、
掲載している各都道府県内の
いわゆる「戦争遺跡」が、
拙ブログ・ホームページのシナリオ上、
どこの「軍團」の探訪案件となるのか
簡単にご認識いただければ幸いです↓

 祐実総軍プロジェクト (総大将:平野祐実―YUM)
  |
  ┣ 莉央軍團 (大将:簑島莉央―7RI)
  |  ┗ 北海道(南部)
  |
  ┣ 由香里軍團 (大将:寺島由香里―8YR)
  |  ┣ 青森県・岩手県・秋田県
  |  ┗ 宮城県・山形県・福島県
  |
  ┣ 祐実軍團 (大将:平野祐実―1YM)
  |  ┗ 東京都・神奈川県・埼玉県
  |
  ┣ 和泉軍團 (大将:海老名和泉―4IZ)
  |  ┣ 千葉県・茨城県
  |  ┗ 栃木県・群馬県
  |
  ┣ 美恵軍團 (大将:酒井美恵―3ME)
  |  ┣ 愛知県・三重県・岐阜県
  |  ┗ 静岡県・長野県・山梨県
  |
  ┣ 珠美軍團 (大将:落合珠美―6TM)
  |  ┣ 石川県・福井県
  |  ┗ 新潟県・富山県
  |
  ┣ 阪奈軍團 (大将:石切阪奈―2HN)
  |  ┣ 大阪府・兵庫県・京都府
  |  ┗ 滋賀県・奈良県・和歌山県
  |
  ┣ 真己軍團 (大将:福田真己―5MK)
  |  ┣ 広島県・岡山県・島根県
  |  ┗ 山口県・鳥取県
  |
  ┗ 那瑠絵軍團 (大将:稲益那瑠絵―9NR)
  |   ┣ 福岡県・大分県
  |   ┗ 長崎県・佐賀県
  |
 以降はまだ未探訪・制作中です…



ここのところ、更新を怠けてしまい
申し訳ありません m(_ _)m


今回、1ヶ月以上更新しなかったので
FC2ホームページから
「更新ないけど、おたくのサイトは
大丈夫?」といったメールまで
来てしまう始末で…


7月~9月までは通常の探索と別に
遠征も予定しているため
更新量が少ないかもしれませんが、
引き続き、頑張っていきますので
どうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m


【本日の写真】
次回、掲載予定の深山第一砲台の
遺構群です↓







それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


コロナウィルスの新規感染者が
東京都内で50人を下回らない
状況が続いていますね…


そのうえ、横須賀線・東海道線の
グリーン車の接客係の方が
陽性だったとのこと。


通勤クラスター・職場クラスターも
時間の問題でしょうかね。
既に出ていると思うのですが
それが報道されてしまうと
会社は困っちゃいますもんね(笑)


この期に及んで、何ら対策もせずに
ただ出勤を強要するだけの会社は、
これを機会に潰れて欲しいですね。


応援しますよ(笑)


さて、月を跨ぎ7月に入りましたので
日頃よりご愛顧いただいております
私どものホームページである
「祐実総軍 ― 戦争遺跡データベース」の
月別アクセス統計を
掲載させてくださいませ。




2020年6月度の統計は以下でございました↓

戦争遺跡調査研究軍―祐実総軍
2020年6月度アクセス統計
 (2020.6.1~2020.6.30)

【総アクセス数】
 17,880アクセス(ブログページ含む)

【最高アクセスカウント日】
 2020年6月9日(火) 723アクセス

【最低アクセスカウント日】
 2020年6月26日(金) 475アクセス

 ※アクセスカウンターの数字とは
  異なる方法での集計となります。

【アクセス元都道府県ランキング】
  1.東京都(9.06%)
  2.大阪府(8.84%)
  3.神奈川県(8.74%)
  4.静岡県(8.01%)
  5.埼玉県(7.88%)
  6.兵庫県(7.64%)
  7.千葉県(7.52%)
  8.京都府(6.46%)
  9.広島県(6.11%)
 10.福岡県(5.81%)

【アクセスページランキング】
  1.横須賀海軍工廠造兵部 (横須賀市)
  (祐実軍團:神奈川県) 
  2.横須賀海軍航空技術廠
  (祐実軍團:神奈川県) 
  3.小倉陸軍造兵廠
  (那瑠絵軍團:福岡県) 
  4.大船第一海軍燃料廠
  (祐実軍團:神奈川県) 
  5.東京第二陸軍造兵廠香里製造所
  (阪奈軍團:大阪府)
  6.横須賀海軍航空技術廠支廠
  (祐実軍團:神奈川県) 
  7.横須賀海軍工廠造兵部 (逗子市)
  (祐実軍團:神奈川県) 
  8.霞ヶ浦海軍病院
  (和泉軍團:茨城県) 
  9.東京第二陸軍造兵廠深谷製造所
  (祐実軍團:埼玉県) 
 10.中島飛行機吉松地下軍需工場
  (祐実軍團:埼玉県) 

 ※アンカーをクリックすると、
  それぞれ別ウィンドウで表示され
  音楽が流れますので、一度に全てを
  開かないようにご注意を!

【検索自治体ランキング】
 1.神奈川県横須賀市 (祐実軍團)
 2.神奈川県横浜市 (祐実軍團)
 3.神奈川県三浦市 (祐実軍團)
 4.福岡県北九州市 (那瑠絵軍團)
 5.静岡県静岡市 (美恵軍團)
 6.大阪府大阪市 (阪奈軍團)
 7.神奈川県藤沢市 (祐実軍團)
 8.京都府京都市 (阪奈軍團)
 9.愛知県豊橋市 (美恵軍團)
 10.千葉県柏市 (和泉軍團)

【掲載遺構数】
 4,942 (フルブラウズ時は5,034)



6月も多くの皆様に見ていただき、
本当にありがとうございます m(_ _)m


6月は出勤5割の仕事稼働でしたが
旅行や遠征を入れたりして
あまりウェブ更新に時間を
割けませんでした…


今月も探訪中心に予定を組んでますが
在宅勤務の時間を使って
少しでも多く更新出来るように
頑張ろうと思っています。


仕事どころじゃないんですよ(笑)


【本日の写真】
奈良県天理市におかれていた
奈良海軍航空隊(接収)の
建物群です(抜粋)↓






次回も引き続き、ホームページ関連で
ブログを更新させていただきます。


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


おかげさまで、来月も
コロナ渦で出勤5割となりました。


ここのところ、東京都内の
新規感染者数が増えているのに
それでもまだ5割も出勤させようと
するとは、全くけしからん話ですが
これでもまだマシですかね…


引き続き、弊社は出社を前提に
しているようなので、こちらも
会社からの自粛要請を
聞くつもりは毛頭なく、
来月も週末はバンバンと
出かけようと思ってます(笑)


さて、今回は阪奈軍團「軍報」の
第97弾の続編といたしまして
奈良県磯城郡田原本町におかれた
唐古防空砲台の遺構を
追加でご紹介させてください↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (97)奈良唐古防空砲台



京都から近鉄電車に乗り
田原本駅に到着いたしました↓



約13年ぶりに唐古・鍵遺跡公園を
見ていきます↓



ものすごく綺麗に整備されており
様変わりしていて驚きです…↓



以前は見られませんでしたが、
公園の再整備によって
新たに発掘された砲座が残り
これをお目当てにお邪魔した次第…↓



案内板も設置されています↓



こちらも気が付きませんでしたが
砲座とコンクリートの質が同じなので
遺構かもしれません…↓



以前、ケムシの大群で
失神しそうになった遊歩道も
歩きやすくなっています↓



前回、探索した砲座も
きちんと残っていることを
確認しました↓



せっかくなので、外周を
一回りします↓



のんびりかまえていたら
時間が圧してしまったので
急いで退却します↓



次の目的地、天理に向け
近鉄電車に再び乗車です↓



【収録遺構】
 大阪海軍警備府
 奈良唐古防空砲台

  砲座 1箇所

  砲座 1箇所(今回追加)
  その他 1箇所(今回追加)

【探訪情報】
 2007.07.07  第1回探訪
 2020.06.20  第2回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


残念ながら、本日で在宅勤務が
いったん終了となります…


コロナウィルスの新規感染者が
減少しているわけでもなく
在宅勤務も出来る環境があるのに
「やはり出社するのが一番」といった、
働き方が少しずつ変わってきたのに
再び逆行させようとする変な人間が
まだまだ日本には大勢いるようです。


早く、当たり前に感じていたことが
実は普通じゃなかったと
気が付いて欲しいものです…


お金をもらえるなら
出社してもいいですが(笑)


さてさて、今回は祐実軍團「軍報」の
第228弾といたしまして
東京都練馬区に保存されている
陸軍鉄道大隊のE18型機関車を
簡単にご紹介させてください↓




鉄道大隊は、日清戦争で問題となった
物資類の輸送を、馬から鉄道に
移行することで、飛躍的に
向上させることを目的として
1896年(明治29)の軍政改変で
市ヶ谷の陸軍士官学校内に
創設されました。

開設当初は鉄道2中隊と電信1中隊・
材料廠で構成され、この翌年には
中野に兵営が新設されました。

その後に起きた義和団事変や
日露戦争では、鉄道の修復や
砲弾の輸送などを行って
大きな実績を出し、鉄道隊が
戦地で必要不可欠であることが
認められ、近衛師団に隷属する
交通兵旅団傘下となり、それまでの
1大隊から3大隊に拡張し
鉄道連隊に昇格しましたが
敷地が手狭になったことから
千葉県の習志野へ兵営を
移転させました。

練馬区に兵営はおかれませんでしたが
大隊で使用したE18型機関車が
豊玉北地区の住宅地に
移設保存されています。

E18型機関車は、戦地での輸送力の
拡大を目的に、ドイツのコッペル社から
1921年(大正10)に輸入された25両の
蒸気機関車のうちの1つで、
終戦当時は千葉市の材料廠
(千葉陸軍兵器補給廠)に
留置されていました。

その後は西武鉄道に引き取られて
入間川の砂利の採取に使われたのちに
所沢市のユネスコ村で
展示保存されましたが、施設工事で
展示場所を失ったために、
外観の修復工事を行ったあと
この地に移されたそうです。



都営大江戸線の新江古田駅から
トボトボと歩いていきます↓



今年は桜の開花が早く
3月の3週目でもう咲いてました↓



10分ほど住宅地内を歩くと
アパートのテラス部分に
E18型機関車が保存されています↓



側面には鉄道連隊の徽章が
入っています↓



機関車を後ろから見ると
こんな感じです↓



案内板も設置されています↓



この日は夕方から
空母先生と陸軍伍長先生と
横須賀で会うお約束をしていたので
この後は急いで現地に向かいました↓



【収録遺構】
 陸軍鉄道大隊
 E18型機関車

  その他 1箇所

【探訪情報】
 2020.03.21  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ここのところ、梅雨の中休みで
暑い日が続いていましたが
今日は本格的な雨で
涼しいですね。


今週の平日最後の日も大雨で
おかげさまで、ステキ(皮肉)な
日々を過ごしているところです。


週末は雨が止みそうなのが
せめてもの救いですね。


さて、今回は和泉軍團「軍報」の
第41弾の続編といたしまして
千葉県柏市におかれていた
柏陸軍病院の再訪日記です↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (41)柏陸軍病院



約10年ぶりに市立柏病院へ
やってきました↓



入口付近の軍用地境界標は
健在のようです↓



敷地の南端を歩いていきます↓



敷地の南西端に位置する
軍用地境界標も健在でした↓



敷地の西端を北上していきます↓
0000 (5)


ここからは未知の世界で
標柱が1本でも残っていないか
期待をしていたのですが、
見事に失敗しました…


柏陸軍病院は丘の上にあり
下に地下壕の痕跡がないか
探していきます↓



敷地の北側が崖になっているので
怪しいと思い進んでみましたが
こちらも失敗に終わりました↓



敷地を1周しましたが、
残念ながら新しい遺構を
見つけることが出来ませんでした↓



【収録遺構】
 柏陸軍病院

  軍用地境界標 2本

  (今回の収穫なし)

【探訪情報】
 2007.XX.XX 第1回探訪
 (写真全消失により時期失念)
 2010.03.23 第2回探訪
 2020.06.08 第3回探訪

 歩数(指数) 約5,000歩(100)


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪