FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


三等兵は2月からの仕事復帰に向け
引き続き、軍跡関連のまとめ作業を
していますが、時間を割いているわりに
進んでいる実感があまり得られておらず
復帰までの残りの日数ばかりを気にして
気持ちが空回りしています(汗)


なかなか思うように進みませんね。。。


さてさて、本日は美恵軍團「軍報」の
第83弾といたしまして、静岡県富士市に
掘削された独立混成第一一七旅団の
抵抗拠点陣地をご紹介いたします↓




独立混成第一一七旅団は
1945年(昭和20)に編制され、
独立歩兵第七〇七大隊~
独立歩兵第七一二大隊の
6個部隊を基幹としました。

その後、司令部を現在の沼津市に移し
第一総軍の第十二方面軍に所属した
第五十三軍の傘下に入り、
本土決戦に備えて駿河湾の防衛任務に
つきますが、富士市・沼津市の山中に
抵抗拠点となる陣地を構築する途中で
終戦となりました。

富士市については愛宕山周辺に
陣地が現存し、崩落が著しいですが
内部の見学も可能です。



関係者の皆様方と一緒に
富士市内の山中にお邪魔しております↓



今回は東海地方の大御所・空母先生
ご案内の下、市内に残る陣地を
探訪していきます↓



まずは、雨乞山の東側の麓に残る
陣地を見ていきます↓



残念ながら、入口部分は水没し
かなりぬかるんでいます・・・↓



その先は上り坂が続き、右方向に
曲がっているようです↓



右に曲がると、さらに上り坂が続き
出口に到達しますが、土砂の流入が
ひどく、出ることは難しそうです↓



1つ目の陣地の内部図です↓


陣地の総延長は約30メートルを
計測しています。


1つ目の陣地のトレース図です↓

※内示用ですので、一定期間経過後は
 削除する予定です。


次に進んでいきます↓



2つ目の陣地も土砂崩落が
著しいようです↓



規模としては小さく、
L字形に曲がっています↓



残念ながら、曲がった先に出口が
ありますが、土砂で埋まっています↓
fuji13.jpg

壕の総延長は12メートルでした。


2つ目の陣地の背面部分に
コンクリート製の狙撃口がありました↓



構築の途中だったのか、背面部分はなく
ただの壁に狙撃口を設けたような
造りになっていました↓



狙撃口です↓



この狙撃口の背面部分にも
崩落した陣地の入口がありましたが
中に入ることは出来ず詳細不明です↓



2つ目の陣地の周辺をトレースすると
こんな感じになります↓

※内示用ですので、一定期間経過後は
 削除する予定です。


次に進んでいきます↓



3つ目の陣地は、市道沿いに
入口がありました↓



坑道は「コ」の字を描いて
下に向かうように掘削されており
市道の下をはしっているようです↓



こちらも残念ながら最深部は崩落し
閉塞しています↓



坑道延長を19メートル計測したところで
引き返します↓



3つ目の陣地の内部図です↓



3つ目の陣地のトレース図です↓

※内示用ですので、一定期間経過後は
 削除する予定です。


3つ目の陣地の内部図を書いている間に
すじ先生が壕を見つけたようです↓



tonotama先生が手を尽くして
中に入れるようになりました↓



内部は部屋のような空間が
拡がった単一壕のようです↓



最後は愛宕山を目指します↓



4つ目の陣地は、愛宕山付近に
案内板が立てられています↓



南へまくようにして藪漕ぎをすると・・・↓



陣地の入口が残っています↓



4つ目の陣地は、最大規模を
ほこっているようです↓



内部は少々崩落していますが
狙撃口が3ヶ所と弾薬庫と考えられる
部屋状の空間などが残ります↓






案内板が設置されている脇の
入口部分に到達しました↓



4つ目の陣地の総延長は
123.1メートルを計測しています↓



4つ目の陣地の内部図です↓



4つ目の陣地のトレース図です↓

※内示用ですので、一定期間経過後は
 削除する予定です。


時間が圧してきたので、
次の案件に移動していきます↓



【収録遺構】
 陸軍独立混成第一一七旅団
 抵抗拠点陣地(静岡県富士市)

  地下壕 6箇所
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2018.12.16  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします★

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


引き続き、色々と軍跡がらみの
まとめ作業をやっているのですが、
時間が足らない状況に追われてます。

毎日、日本の企業が大好きで仕方ない
「残業」ってやつを実践中ですっ★

自分の一番好きなことをやっているので
集計したことはありませんが、
今の作業における月の稼働時間は
どのくらいなのでしょうかね・・・


さてさて・・・
今回は、我々のホームページ
若干量で更新いたしましたので、
その更新内容を掲載することで
ブログの更新とさせてください。




今回の追加分は以下となります↓
(カッコ内は制約モードで閲覧可能な
掲載遺構の数です)

 ※アンカーをクリックすると、
  それぞれ別ウィンドウで表示され
  音楽が流れますので、一度に全てを
  開かないようにご注意を!

千葉県(709)
 ①南房総市(28)
  陸軍東京湾要塞
  大房砲塔砲台
(11)
  (※電灯所・陣地を除く)
  多田良西浜射撃場(1)

 ②館山市(4)
  横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊
  波左間基地(2)
  陸軍東京湾要塞洲崎弾薬支庫(1)
  西岬村役場防空壕(1)

神奈川県(1450)
 ①中郡二宮町(15)
  陸軍第八十四師団
  抵抗拠点陣地
(15)

静岡県(162)
 ①御殿場市(2)
  秩父宮御殿場別邸防空壕(2)

 ②沼津市(7)
  横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊
  重須基地(2)

 ③湖西市(10)
  横須賀海軍鎮守府
  浜名海兵団
(6遺構追加)
  陸軍第七十三師団
  抵抗拠点陣地(3)

 ④浜松市(8)
  陸軍第一〇二教育飛行団
  第七航空教育隊
(2)
  陸軍静岡憲兵隊浜松憲兵分隊(1)
  浜松陸軍病院(3)
  陸軍第五十三航空師団
  航測第一連隊(1)
  二俣町役場防空壕(1)



祐実総軍プロジェクトの体制は
以下で構成されており、
掲載している各都道府県内の
いわゆる「戦争遺跡」が、
拙ブログ・ホームページのシナリオ上、
どこの「軍團」の探訪案件となるのか
簡単にご認識いただければ幸いです↓

 祐実総軍プロジェクト (総大将:平野祐実―YUM)
  |
  ┣ 莉央軍團 (大将:簑島莉央―7RI)
  |  ┗ 北海道(南部)
  |
  ┣ 由香里軍團 (大将:寺島由香里―8YR)
  |  ┣ 青森県・岩手県・秋田県
  |  ┗ 宮城県・山形県・福島県
  |
  ┣ 祐実軍團 (大将:平野祐実―1YM)
  |  ┗ 東京都・神奈川県・埼玉県
  |
  ┣ 和泉軍團 (大将:海老名和泉―4IZ)
  |  ┣ 千葉県・茨城県
  |  ┗ 栃木県・群馬県
  |
  ┣ 美恵軍團 (大将:酒井美恵―3ME)
  |  ┣ 愛知県・三重県・岐阜県
  |  ┗ 静岡県・長野県・山梨県
  |
  ┣ 珠美軍團 (大将:落合珠美―6TM)
  |  ┣ 石川県・福井県
  |  ┗ 新潟県・富山県
  |
  ┣ 阪奈軍團 (大将:石切阪奈―2HN)
  |  ┣ 大阪府・兵庫県・京都府
  |  ┗ 滋賀県・奈良県・和歌山県
  |
  ┣ 真己軍團 (大将:福田真己―5MK)
  |  ┣ 広島県・岡山県・島根県
  |  ┗ 山口県・鳥取県
  |
  ┗ 那瑠絵軍團 (大将:稲益那瑠絵―9NR)
      ┣ 福岡県・大分県
      ┗ 長崎県・佐賀県



2019年最初の更新でございます。
相変わらず、少ない量ですみません・・・

ただでさえ、更新量が少ないのに
ついに、千葉県最大の遺構残存数をほこる
館山市に手をつけてしまいました。。。

横須賀市みたいなマンモス級を
もう1つ同時に抱えているような
ものですが、こういった場面に
直面するのは遅かれ早かれの話なので
今のうちから少しずつ取り組んでいきます。

各自治体毎の一覧画面の
「作成中ですっ」の文言が
少しずつ取れていくように、
引き続き頑張りますっ★


【本日の写真】
千葉県君津市におかれていた
木更津第二海軍航空廠八重原工場の
疎開工場の1つ↓





次回の更新で追加を予定している
千葉県市原市に掘削された
陸軍第一四七師団の洞窟陣地↓




それでは、またお会いいたしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします★

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


三等兵は相変わらず、
これまでの探訪の「まとめ」と
「お酒」を交互にやりながら
過ごしているところです(笑)


そろそろ、ステキな社会復帰に向け
お酒を控えていかないと
まずそうな感じがしますが、
少し飲んだ状態で作業した方が
効率が上がるんですよ・・・


なーんて、アルコール依存症じみた
物言いをしてみます(笑)


さてさて、本日も和泉軍團「軍報」の
第108弾といたしまして、
千葉県夷隅郡御宿町に掘削された
陸軍第一四七師団の陣地を
2か所ほどご紹介します↓




第一四七師団は、1945年(昭和20)に
旭川で編成されて開設された
特設師団で、第一総軍の
第十二方面軍に所属していた
第五十二軍の隷下部隊となり
師団基幹には歩兵第四二五連隊~
歩兵第四二八連隊の4個部隊が
ありました。

太平洋戦争の末期、アメリカ軍は
「コロネット作戦」と呼ばれる
日本本土への上陸作戦を計画します。
その作戦の内容とは、九十九里浜と
神奈川県の相模湾より上陸して、
首都圏の拠点を制圧しながら
帝都に攻め入るというもので、
九十九里浜には約24万人もの
アメリカ軍が上陸を予定していました。

一方、日本軍は「本土決戦作戦」を計画し
両海岸の防備にあたりました。
この中で第五十二軍は、九十九里浜の
防備を担当することになり、
隷下の第一四七師団は、大網白里市より
勝浦市に至る地域の防衛にあたりました。

なお、防衛方針は海岸後方の山に
抵抗拠点となる陣地を展開させ
上陸兵に対して狙撃を行うと
いうものでした。

これらは、本土決戦となる前に
終戦となったため、実際には
使用されず、現在も山林に
放置されており、一部で崩壊が
あるものの、見学は可能です。



maya先生yakumo先生と一緒に
毎年恒例の「新春初潜り大会」の一環で
御宿町の高山田地区にお邪魔中です↓



道路沿いに壕の入口がありました↓



道路沿いに残る大きい入口のものは
たいてい祠だったりするので、
その例に漏れず疑ってかかりましたが・・・↓



あきらかに陣地特有と判る
坑道が展開していました↓



奥の方は崩落していますが
わずかに開口部が見えており
どこかに接続しているようです↓



全容を追求したかったのですが
後の探訪案件がつかえているので
今回はこれで引き揚げます↓



続いて、事前にmaya先生が
下見してくれていた陣地を
見学していきます↓



匍匐前進でやっと入れる入口から
入っていきます↓



どうやら、我々が入った場所は
砲室のようです↓



砲室を過ぎると、階段跡が続きます↓



途中で分岐するようにして
弾薬庫と考えられる部屋状の空間が
2箇所設けられています↓




最初に入った砲室の反対側は
土砂で埋もれていますが
貫通しています↓



陣地の内部図です↓



坑道の総延長は60.6メートルを
計測しています。


googleマップにトレースすると
こんな感じになります(再掲)↓

※内示用ですので一定期間経過後は
 削除する予定です。


次の探訪案件に移ります↓



【収録遺構】
 陸軍第一四七師団
 抵抗拠点陣地(御宿町)

  地下壕 2箇所

【探訪情報】
 2019.01.03  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(82)


次回は我々のホームページ関連で
ブログの更新をする予定です。


それでは、またお会いいたしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします★

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


2月からの稼働にそなえて
軍跡関係のまとめで今のうちに
やれることをやっておこうと思い
日々取り組んでいますが、
やることが多すぎて、ここのところ
何から手を付ければよいのか
わからなくなっています(自爆)・・・


仕事してないのに、仕事以上に忙しい(笑)
これが、私の「理想」でしょうか・・・


さてさて、今回はバックナンバーである
祐実軍團「軍報」の第67弾の続編として
千葉県館山市におかれていた
館山海軍砲術学校の遺構群を
ご紹介させてくださいませ↓



なお、これは「後続記事」ですので
「本記事」もご覧くださいませ↓

 【和泉軍團】(67)館山海軍砲術学校



マッキー先生と一緒に館山市内に
お邪魔をしております↓



沖ノ島の地下壕探訪で時間を取られ
日没が近くなってしまったので
急いで山を上っていきます↓



房南学園の南に位置する山に
12.7センチ演習高角砲台の砲座が
3ヶ所残っています↓





ご覧の通り、かなり崩壊していますが
見応えがありますっ!

西の大御所・盡忠報國先生
耳打ちしてくれなかったら
見ることが出来なかったですっ★

毎度、関係者様の掩護射撃には
感謝です m(_ _)m


少し下ったところには
8センチ高角砲または25ミリ機銃の
砲座跡が5か所残ります↓







このほか、建物跡を4つ見ることが
出来ましたっ↓






続編2に続きます↓



【収録遺構】
 館山海軍砲術学校
 (横須賀海軍砲術学校
  館山分校)

   建物 3棟
   門柱 2箇所
   地下施設 1箇所
   橋梁 2箇所
   地下壕 3箇所
   その他 9箇所

   砲座 8箇所(今回追加)
   建物基礎 4箇所(今回追加)

【探訪情報】
 2006.01.29 第1回探訪
 2006.06.11 第2回探訪
 2017.08.11 第3回探訪
 2017.11.25 第4回探訪
 2019.01.09 第5回探訪

 歩数(指数) 未計測(488)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします★

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ここのところ、寒い日が続いてますね。

残念ながら、我が家の室温は低いため
毎日、布団から出るのに苦労してます(笑)


さてさて、本日は和泉軍團「軍報」の
第107弾といたしまして、
千葉県勝浦市におかれていた
勝浦特設見張所の遺構群を
ご紹介させてください↓




勝浦特設見張所は、レーダーを用いて
対空監視を行う目的で1942年(昭和17)に
建設が開始されたようです。

資料に乏しく詳細は判っていませんが
ここに電波探信儀と施設防衛のための
機銃が配備され終戦まで対空監視に
あたっていたようです。

現在、跡地は官軍塚展望台に
変遷していますが、わずかに
当時の遺構が残っています。



maya先生yakumo先生
新年恒例の「初もぐり」のため、
勝浦の官軍塚に寄りました↓



展望台付近にある官軍塚の碑の
台座部分は、電波探信儀の
基礎部分といわれています↓



確かに、いすみ市岬町に残るものと
形状・材質ともに似ています↓



昭和22年の航空写真を見ると、
円形の構造物が写っているので
遺構の可能性が高いです↓



周囲を囲むようにして
軍用地境界標も残っています↓



全国で色々と軍用地境界標を
拝見しておりますが、ここまで
粗悪なものは非常に希少です。


もう1本残っていました↓



こちらは、側面に記載がありませんが
上部に海軍マークのみが入っており
関東では珍しい標柱です。


基本的に海軍系のものを扱わない
maya先生が暇そうに展望台で
悪態(笑)をついているので、
次の案件に移動していきます↓



【収録遺構】
 横須賀海軍警備隊
 勝浦特設見張所

   軍用地境界標 2本
   その他 1箇所

【探訪情報】
 2019.01.03  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほど、ホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪