FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


だんだんと日中の気温が上がり
過ごしやすくなってきました。

通勤で使うコートのポケット周辺が
だんだんと汚れてきているので
早くクリーニングに出したいのですが
まだ朝の気温が10度を下回る日が
ありそうなので、ちょっとイライラです。


さてさて、本日は和泉軍團「軍報」の
第114弾といたしまして、
千葉県館山市におかれていた
海軍第一特攻戦隊洲ノ崎基地の
地下壕を1つだけご紹介させてください↓




第一特攻戦隊は、太平洋戦争の戦局が
圧倒的に劣勢となったことに伴って
本土決戦に備えて編成された
特別攻撃部隊で、1945年(昭和20)に
三浦市の油壷に司令部がおかれました。

洲ノ崎基地は、波左間基地とともに
傘下の第五十九震洋隊が
配備され、震洋の格納壕をはじめ
燃料庫・兵器庫などが
おかれていたようです。

現在、跡地は洲崎栄ノ浦港に
変遷していますが、震洋の格納壕と
推測する壕が残っています。



関係者の皆様方と館山市内に
お邪魔しております↓



洲崎栄ノ浦漁港付近に
震洋の格納壕と推測する壕が
口を開けています↓



内部は岐路をもたない
単一壕でした↓



入口付近に当時の彫り文字が
残っています↓



資料によると、震洋の格納壕が4本と
燃料庫・兵器庫が1本ずつ
掘削されているようなので、
他にもあるかもしれませんね。


【収録遺構】
 横須賀海軍鎮守府
 第一特攻戦隊
 洲ノ崎基地

  地下壕 1区画

【探訪情報】
 2006.06.11  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(78)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


土・日のお休みもあっという間に終わり
再び気力の無い平日を過ごす生活が
続きますね。

今度は21日がお休みなので
いつもよりは気持ちが楽ですが・・・


さてさて、今回は真己軍團「軍報」の
第44弾といたしまして
鳥取県鳥取市におかれていた
鳥取陸軍埋葬地をご紹介します↓




鳥取陸軍埋葬地は、
歩兵第四十連隊が鳥取市内に
展開したことにより、1897年(明治30)に
開設され、終戦まで存続しました。

戦後は陸軍省の廃止にともない
大蔵省を経て鳥取県に移管されており
現在も墓標や軍用地境界標を
見ることが出来ます。



西の大御所・盡忠報國先生
downtown鳥取から出発します↓



墓地の入口にあたる
県道31号線沿いに、昭和10年に
立てられた道標が残っています↓



参道入口に折れた軍用地境界標が
残っています↓



参道を上がっていきます↓



中腹付近の両側にも
軍用地境界標が残ります↓




また、昭和10年に行われた
陸軍墓地の改修を記念して
建立された碑があります↓



戦没者慰霊塔で我ら2名、
祈りを捧げます↓



お祈りした後は、墓標配置図にそって
見学させていただきます↓



まずは、日露戦争の遺骨合葬碑を
見ていきます↓



将校・下士官・兵卒の墓標様が
きちんと並んでいます↓



墓標様がおかれた区画外周には
軍用地境界標が10本残ります↓












今回の探訪で、盡忠報國先生
新たに3本の軍用地境界標を
記録することが出来たそうです↓



西日本の案件については
先生に依存するところが多分にあり、
案内してもらってばかりで
申し訳なく思っていたところですが、
その補完のためのお役に立てて
少々安堵した三等兵でした(汗)


【収録遺構】
 鳥取陸軍埋葬地
 (鳥取陸軍墓地)

  軍用地境界標 13本
  墓標様

【探訪情報】
 2018.12.19  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


3月15日は、総軍プロジェクトが
発足した「記念日」でございます★

総軍大元帥にお仕えをさせていただき
8年目に入りますが、ホームページ
未だに完成を見ず(笑)、探訪も
派手さに欠け、大元帥の顔に
泥を塗り続けております・・・


毎年、同じようなことを書いていますが
今年度も引き続き頑張りますっ★


さてさて、今回は和泉軍團「軍報」の
第113弾といたしまして、
千葉県館山市におかれていた
二子山防空砲台の遺構群を
簡単にご紹介させてくださいませ↓




二子山防空砲台は、横須賀海軍警備隊が
守備する防空砲台として、館山一帯の
軍事施設を防衛する目的で
設置されました。

資料に乏しく兵装は判っていませんが
洲ノ崎海軍航空隊の庁舎の南に
位置している二子山に高角砲や
建物などがおかれたようです。

現在、二子山周辺は住宅地に
変遷していますが、山頂付近に
機銃座や建物跡と考えられる遺構が
わずかに残っています。



悪天候の中、関係者の皆様方と
館山市内に入っております↓



ここに至るまでに写真をパシャパシャと
撮りまくってしまい、デジカメ・スマホの
電池残量が軒並み10%を切っている
危機的状況でございます(笑)


さっそく、山を上っていきます↓



二子山というだけあって、低いながらも
ピーク地点が2ヶ所あり、1つ目の
ピークに関連する遺構が残ります↓





いったん下っていき、2つ目のピークを
目指していきます↓



道中、関係者の皆様方と
ワイワイやっているのですが
バッテリー事情をかかえてしまい
スナップ写真を撮れませんでした(涙)


2つ目のピーク付近には
機銃座と推測する円形の窪みを
3ヶ所確認出来ました↓





日没が近いため、今回は
これで引き揚げます↓



二子山の麓に東京湾要塞地帯標が
残っており、洲ノ崎海軍航空隊の
敷地内に位置することから
移設ものと思っていましたが、
設置年が昭和16年ということは
洲ノ空の開設前となるため
移設ものじゃないかもしれません↓



【収録遺構】
 横須賀海軍警備隊
 二子山防空砲台

  砲座 3箇所
  その他 3箇所

【探訪情報】
 2019.03.03  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ここのところ、嬉しいことに
我々の探訪活動がSNSなどで
認知されはじめたようです★


ただ・・・これも想定の範囲内ですが
残念ながら、関係者のブログ情報や
探訪中のスナップ写真をパクって
SNSで発信する輩もいまして、
先日、関係者様と協議をして
相手に警告をしたところです。


もっとも、これが嫌なら
我々が発信を止めれば
いいのかもしれませんが、
考え方としてはこれも極端です。


いずれ、皆様と真剣に考えないと
いけないかもしれませんね。


それと、我々が運営する
会員制のFC2のコミュニティーですが
もっと活性化させたいと思い
当方でテコ入れをさせていただきます。


その一環で、面倒だとは思うのですが
メンバーの皆様で自己紹介が
まだの方は、トピックにお願いします。


ちなみに、お願いはこれで5回目です。
これを最後のお願いにしますが、
記載いただけない方は
4月30日をもって「除名」しますので
よろしくお願いいたします。

(どうでもいい方は放置で構いません。
こちらは淡々と除名するだけです)

我々からすれば、初対面で自己紹介も
出来ない人と情報共有するつもりは
皆目ありませんし、自己紹介を
済ませたメンバー方にも失礼ですので
ひとつよろしくお願いいたします m(_ _)m

その代わり、今以上に情報発信を
させていただきます。


さてさて、暗い前置きが長くなりましたが
今回は真己軍團「軍報」の
第43弾といたしまして
島根県松江市におかれていた
松江連隊区司令部の
軍用地境界標をご紹介します↓




連隊区は、区域内の徴兵や召集に
関連する兵事事務を行うための部署で
歩兵連隊の所在地に司令部が
設置されていました。

その中で、松江連隊区は
島根県・鳥取県と岡山県の一部の
兵事事務を担当する部署として
1907年(明治40)に設置され
岡山市内におかれた第十七師管に
隷属しました。

その後は、軍縮や陸軍管区表の
改正などにより、隷属先や
兵事事務の管轄が変更されましたが
終戦まで存続しました。

現在、跡地は商業施設や
マンションに変遷して面影が
ありませんが、外周部分に
軍用地境界標が残っています。



西の大御所・盡忠報國先生とともに
松江市内にお邪魔しております↓



市内を南北に縦断する
県道21号沿いに軍用地境界標が
残存しています↓



ここから南下していくと・・・↓



中央小前の交差点にも
軍用地境界標が残っています↓



交差点から進路を東にとると・・・↓



市道沿いにもう1つ残っていました↓



あいにく天気がイマイチでしたが
この日の最初の探訪・開拓だったので
士気が一気に上がった2名でした(笑)


【収録遺構】
 陸軍第十七師管
 松江連隊区司令部
 (陸軍広島師管区
  松江連隊区司令部)

  軍用地境界標 3本

【探訪情報】
 2018.12.20  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪


皆様、いかがお過ごしでしょうか。


最近、公私とも私の身のまわりで
やることをやっていないくせに、
文句だけは「一人前」な野郎が
多くて嫌になっちまいますね・・・

しかも、こういうやつに限って
きっちり権利だけは主張する。

逆ギレも同じようなもんですかね。


「大好き」な仕事のプロジェクトの
立ち上げや、ひいては私が
幹事をやらせてもらっている
FC2のコミュニティーもそうですが、
運営していくための「お願い事項」を
ことごとく無視するわりには
文句を言ってきたり、しれっと
こちらの情報を引き出そうとする
「図々しい」人達が嫌いでね。


他の幹事さんやプロマネの方は
こうじゃないとは思いますが、
やることをやらない人達に
こちらの手の内を明かしちゃうほど
私はお人好しではないです。


けっして、わがままなお願いではなく
立ち上げに際し必要なことであり、
しかも、再三にわたりお願いしてるのに
なおも聞かないって「確信犯」かよ?
甘く見られたもんですわ(笑)


そういうわけで、公私ともども
そろそろ仕分けをしていきます。

私がいう現在の「関係者」様には
全く関係のないお話しになりますが、
今後、一緒にやるうえでの
ルールを守らなかったり、相手の立場を
潰そうとする輩は逆に潰していきます。


その代わり、私に信頼を寄せてくれる
皆様方には、全智を駆使して
ご期待に応えていくつもりです★


すみません、長々といらんことを
書いてしまいましたが、今回は
こういう精神状態でございますので
「軍報」はお休みさせてください m(_ _)m


【本日の写真】
そろそろ、順次掲載予定である
館山海軍航空隊・洲ノ崎海軍航空隊の
地下壕群です。


沖ノ島↓



赤山↓



一二八高地↓



大賀↓



笠名↓



それでは、またお会いいたしましょう。



↑こんな記事でも賛同いただければ
 「ポチ」いただけると嬉しいです。