戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


毎日・毎日、関東地方はすっきりしない
天気ばっかりでイライラしますね~(怒)
8月に入って、1日くらいしか晴天がない
気がしてなりませんがね。


さて・・・
本日は、8月11日の館山調査に
参加された関係者の皆様へ
内示という形でブログ更新させてください。



隊長先生・maya先生、
大変お疲れ様でございました!

そういえば、降ろしてもらう時に
交通費の清算してませんでしたね。。。
代わりと言っては難ですが
次回の探訪の際にメシでも
ごちそうさせてくださいね m(_ _)m


まずは、最初に探訪した
洞窟砲台です↓


内部図です↓

ホームページへの掲載と同時に
 削除しますっ!

googleマップにトレースすると
こんな感じです↓

※2週間後を目途に削除します。

壕内は、コウモリが多く生息しており
三等兵の頬に手がぶつかったため、
我々のホームページ上では
こういうことになるわけです(笑)↓


ちなみに、洞窟砲台の坑道総延長は
246メートルを測っており、砲口は全て
平砂浦の海面方向を向いています。


お昼をはさんで、次に入った
展望台の下の陣地です↓


内部図です↓

※ホームページへの掲載と同時に
 削除しますっ!

この洞窟陣地は小規模なので
googleマップへのトレースは
省略しますね。

また、坑道の総延長は
非常に短い13メートルですが、
ここは巨大なカマドウマが
大量に生息していたため、
ここでも我々のホームページ上は
こんなことになります(笑)↓



最後に入った洞窟砲台です↓


内部図です↓

※ホームページへの掲載と同時に
 削除しますっ!

googleマップにトレースすると
こんな感じです↓

※2週間後を目途に削除します。

ここの洞窟砲台の坑道総延長は
55メートルを測っており、砲口は
平砂浦の海面方向を向いています。


詳細図について、何かご要望が
あるようでしたら、関係者の皆様に限り
お受けいたしますので
お気軽にお申し付けくださいませ。



明日からは通常通り「軍報」で
ブログの更新をさせていただきます。


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

予報よりも関東地方の気温は
上がらなかったようで。
ひんやりして寒いです。
完全に服装を誤りました。
暑くなるって言うからさ・・・


本日は、5月14日の房総調査に
参加された関係者の皆様へ
内示という形でブログ更新させてください。



房総半島戦跡考古調査会の皆様、
先日は大変お疲れ様でございました!


「入会」のご挨拶の代わりに、
東京湾兵団の陣地群について
廻った順に、内部図とgoogleマップの
トレースを期間限定で載せますので
ご参考にしていただければ幸いです。


まずはここの2箇所です↓



1つ目の内部図です↓

 ※2017.05.29追記
  内部図を削除しました。

壕の延長は26.0mでした。


2つ目の壕は、yakumo先生
まきき先生しか入っていないので
推定となります↓

 ※2017.05.29追記
  内部図を削除しました。

壕の延長は推定で35.0mです。


1つ目と2つ目をgoogleマップに
トレースするとこんな感じです↓

 ※2017.05.29追記
  図を削除しました。


次はここです↓
P1230503.jpg


内部図です↓

 ※2017.05.29追記
  内部図を削除しました。

壕の延長は41.0mでした。


googleマップにトレースすると
こんな感じです↓

 ※2017.05.29追記
  図を削除しました。


最後は「斜坑」の2箇所です↓



1つ目の内部図です↓

 ※2017.05.29追記
  内部図を削除しました。


壕の延長は54.0mでした。


2つ目の内部図です↓

 ※2017.05.29追記
  内部図を削除しました。


壕の延長は41.0mでした。


1つ目と2つ目をgoogleマップに
トレースするとこんな感じです↓

 ※2017.05.29追記
  図を削除しました。


詳細図について、何かご要望が
あるようでしたら、関係者の皆様に限り
お受けいたしますので
お気軽にお申し付けくださいませ。




明日からは通常通り「軍報」で
ブログの更新をさせていただきます。


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


さきほど、本拠へ帰還いたしました。
現在は、遠征帰還時のパターンである
「腑抜け」になっているところです(笑)


今回、4日間を費やして
神戸・西宮・三田・篠山・
加古川・三木・稲見と
巡らせていただきましたが、
関西探訪においては、当方の
「教科書」である「大日本者神國也」の
盡忠報國先生には、期間中に
色々と情報をいただきまして、
効率よく行動することが出来ました。
この場をお借りいたしまして
厚く御礼を申し上げます。
ありがとうございます m(_ _)m


また、遠征中に色々と
皆様方からメールを頂戴しておりますが
滞留しております。ゴメンナサイ・・・
順に返信をさせていただきますので
少しの間、お時間をください m(_ _)m


それと、遅くなってしまいましたが
関係者の皆様方へ
去年から毎年の「恒例」としている
「お花見」のお誘いです。
茨城県稲敷郡阿見町に位置する
井関農機茨城センターの
(旧霞ヶ浦空中央格納庫地区)
施設が解放されますので、
施設内に残る遺構を見ながら
お花見会を下記の日程で開催します↓

【日時】
 2017年4月2日(日)
 11時~14時くらいまで

【場所】
 井関農機茨城センター
 ※約200本の桜が咲き、
  霞ヶ浦空の遺構群が
  映えます★

もし、参加を希望される方は
当方で一括申請をしますので
期限短く申し訳ありませんが
3月26日(日)までに、メール・LINEか
ここに鍵コメントをくださいませ。
ただし、今回のご案内については
三等兵と面識のある関係者様か
ブログを通じて交流のある方々に
限らせてくださいませ m(_ _)m
(当方とおピンちゃん先生は
参加が確定しております)

また、花見会の集合時間・会費等の
詳細につきましては、参加人数を
考慮に入れたうえで確定させますので
追ってご連絡させていただきますね。
(ご不明点があればお知らせください)


【本日の写真】
今回の探訪でお世話になった
神鉄電車(上)と阪急電車(下)↓



三田市に掘削された
大阪陸軍造兵廠相野地下工場↓


神戸市内の再度山の麓に位置する
トンネル内に残る用途不明の
地下壕の入口(情報募集中です)↓


本当に素晴らしかった
神戸市内の夜景↓




5日間の家守にあたった
ピン(左)とプン(右)↓
DSC_2293.jpg


明日から通常通り、
「軍報」の掲載となります。
変わらずご笑覧いただければ
幸いです。


それでは、またお会いしましょう!


↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


本日は、1月4日の三浦・横須賀調査に
参加された関係者の皆様へ
内示という形でブログの更新を
させてくださいませ。


空母先生、1月4日は
はるばる静岡県から
お越しいただきお疲れ様でした。


ほぼ10年前の探訪内容をもとに
ご案内させていただきましたが
浜諸磯の洞窟陣地を除いて
全て「健在」だったので
本当によかったですっ★

今回の探訪結果で、当方で掲載している
内部図に、多少の相違が判明し
ちょっとショックでした(笑)
10年前は、内部図の作成能力が
あまりなかったようです・・・

改めて、今回巡った陣地群を
時系列にして、写真と修正後の内部図を
一時的に公開しますので
ご参考にしていただければ幸いです。


①浜諸磯洞窟砲台


坑道の総延長は227.5mと
していましたが、今回の解明分で
316.5mに拡大しています。

浜諸磯洞窟砲台の内部図です↓



②浜諸磯洞窟陣地(内部に入れず・・・)


上記写真の前に建物が建てられて
銃眼部分が消失していました・・・



③三戸浜南洞窟陣地


三戸浜南洞窟陣地の内部図です↓



④三戸浜北洞窟陣地


三戸浜北洞窟陣地の内部図です↓



④黒崎第一洞窟砲台


黒崎第一洞窟砲台の内部図です(修正なし)↓



⑤黒崎第二洞窟砲台


黒崎第二洞窟砲台の内部図です↓



⑥長浜(なはま)洞窟陣地


長浜洞窟陣地の内部図です↓



⑦佐島第二洞窟砲台(外観のみ)



⑧佐島第一洞窟砲台


佐島第一洞窟砲台の内部図です↓



⑨佐島第三洞窟砲台です(ライブハウス)↓


佐島第三洞窟砲台の内部図です(ご参考)↓



最後に記念写真です★
(撮影に失敗してるので無修正です)↓



空母先生、同日はお疲れ様でした!
三等兵は18時48分に逗子を出て
20時半に本拠へ帰着しましたっ★
また、めぐりましょうね~(笑)


12月31日より、「雑記」や
「ホームページ関係」・「内示」での
ブログ更新が続きましたが
明日より数日間は「軍報」を
掲載させていただきます。


それでは、また明日っ♪


↑よかったら応援してくださいっ★
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、1月2日の南房総調査に
参加された関係者の皆様へ
内示という形でブログ更新させてください。


maya先生yakumo先生
1月2日は大変お疲れ様でした。

1次資料の収集が必要ですが、
取り急ぎ、発掘することが出来た
陸軍東京湾兵団における
大月榴弾砲陣地の詳細図を
作ってみました~★


まずは、googleマップのトレースです↓

 ※2017.1.9 画像を削除しました。


車を停めた場所です↓



第一砲側弾薬庫の内部です↓
P1220186.jpg

第一砲側弾薬庫の坑道延長は
159メートルを計測しています。


第一砲座です(判りづらいです・・・)↓



第一砲座と砲側弾薬庫の詳細図です↓

 ※2017.1.9 内部図を削除しました。


第二砲側弾薬庫の内部です↓


第二砲側弾薬庫の坑道延長は
120メートルを計測しています。


第二砲座です(ダメだこりゃ・・・)↓



第二砲座と砲側弾薬庫の詳細図です↓

 ※2017.1.9 内部図を削除しました。


取り急ぎ、ここまでやったので
本日は眠りにつきたいと思います。
詳細図について、何かご要望が
あるようでしたら、関係者の皆様に限り
お受けいたしますので
お気軽にお申し付けくださいませ。


それでは、おやすみなさいませZzz



↑よかったら応援してくださいっ★

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる