戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


残念ながら、本日は日曜日なので
夕方以降は恒例のサザエさん病に
かかってしまう予定です(笑)


さてさて、今回は西日本地方の
軍跡探訪においてご高名な
盡忠報國先生と一緒に
大阪府内と奈良県内の探訪に
出掛けてまいりましたので
「雑記」形式でダイジェストを
お送りさせていただきます。



大阪市内の大本営(ホテル)から
祐実総軍の1兵卒が出陣します↓



今回、初めてお会いさせていただく
盡忠報國先生とJR駅で合流します。

盡忠報國先生は、知る人ぞ知る
西日本地区での軍跡探訪において
筆頭に値する大日本者神國也
「主」でございますっ!

いわば「大元帥」レベルのお方に、
このような薄汚い1兵卒が
お目通りをするのですから、
心臓バクバクものでしたが
気さくに振る舞っていただき
緊張が一気に解けました★

同年代ですので、無礼を承知で
書きますが、私が仕事で大阪に
赴任していた頃に親しくしていた
同僚の雰囲気に似ていたので
ものすごく親近感がありました♪

車中で大阪赴任時代を思い出し
感無量でしたっ!


昔の思い出にふけりながら
まずは大正区に移動します↓



海軍艦政本部大阪倉庫の
遺構群を見ていきます(抜粋)↓



正直、海軍遺構が大阪市内に
残っているとは知りませんでした(驚)
す、すごい・・・


続いて住之江区に移動していきます↓



私は高い場所で狭窄している箇所が
苦手なのですが、時間を割いて
ご案内いただいている盡忠報國先生の
ご期待に添うべく、全力をもって
追従させていただきます(笑)↓



海軍艦艇の製造に携わった
藤永田造船所の遺構群です(抜粋)↓



当然のことながら、これらも
当方は知りませんでした・・・(驚)


東に約10キロほど移動し、
藤井寺市に入ります↓



大正陸軍飛行場の
藤井寺官舎の建物群を
見学します↓




続いて、石川の対岸にあたる
柏原の陸軍官舎の建物群を
見学しますが、後になって
過去に見学していたことが
発覚しました・・・

先生、申し訳ないです m(_ _)m


続いて、玉手山公園に移動します↓



大阪陸軍航空廠の玉手山洞窟の
入口をご案内いただきましたっ↓



唯一、坑道が残存している部分の
内部の様子です↓




玉手山洞窟の存在は、前から
判っていたのですが、公園整備のため
滅失と書かれた資料を信じてしまい
探訪せずにいたのですが、
このザマです(涙)

そういった文言に左右されず、
地道に自身の目で確認しに行く
先生の行動力に脱帽です m(_ _)m


さらに東へ進んでいき、
奈良県に入りました↓



現在は京大の地震観測所に
活用されている陸軍航空総軍の
地下壕を簡単に見学します↓




ここも、西側の地下壕とは違い
地震観測所の入口以外は
全て見ることが出来ないと
聞かされていましたが、
このザマでございますっ(汗)

その時に、他の入口を探そうとも
しなかった私の器が知れます(笑)


予定よりも早く行程を消化したので
盡忠報國先生にワガママを言って
さらに大阪から離れるようにして
天理市内の山中へ向かいます↓



百戦錬磨の盡忠報國先生の後を
我が家の大元帥閣下との
買い物同様に、金魚のフンみたいに
追従させていただきます↓



奈良行宮地下壕の内部です↓




当方の機動力が悪く、
ここで片足を水没させましたが
もはや、そんなことを問題に
している場合ではございません(笑)

もう2度と訪れる機会はないと
思っておりますので・・・(笑)


日没までにまだ時間があるので
日頃の私生活の鬱憤を晴らすように
駄々をこねて、第五八一海軍設営隊の
建物群をご案内いただきました↓





ここにきて雨が降り始めましたが
駄々をこねまくって、さらに
大和海軍航空基地の通信隊の
遺構をご案内いただきました↓




大和海軍航空基地の遺構群は
10年くらい前に、ある程度は
見学していますが、不十分なので
盡忠報國先生がご紹介している
記事をベースに未探訪分を
備忘として挙げさせていただきます。

 K 給配水施設
 L 航空隊本部部員 退避壕(内部)
 V 水槽
 W 水槽
 X 水槽
 

雨がひどくなってきたので
大阪へ戻ります↓



帰りの車中でも盡忠報國先生と
軍跡の情報や双方の内情などで
会話が弾み、今回が初対面とは
思えませんでした(笑)

関東人からすると西日本方面は
おいそれと気軽に行けるような
場所ではないのですが、
今後も積極的に探訪していきたいと
思っていますっ★


盡忠報國先生っ!
本当にお世話になりました m(_ _)m

新規開拓の際は馳せ参じますので
是非ともお声がけいただければ
幸いでございますっ!


明日は、通常通り「軍報」での
ブログ更新を予定しております。


それでは、また明日っ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、こんばんわ m(_ _)m


今日は軍跡探訪の権威である
盡忠報國先生のご案内の下で
大阪府内・奈良県内へ
出かけてきましたっ★


今回は「雑記」形式で
本日の探訪内容をダイジェストで
お送りする予定だったのですが、
当方が単独で遠征する際に
持参している小さなノートPCが
クラッシュ寸前となってしまい、
何をするにも処理が遅い状態と
なってしまったので、
明日に延期させてください m(_ _)m


本当は、明日も昼下がりくらいまで
大阪近辺の軍跡探訪を
検討していたのですが、
天気が悪いため、午前中の
新幹線で帰還することにして
本拠に戻り今日のまとめ作業を
早くやりたいと思います。


【本日の写真】
本日、記録がかなった遺構群です。
(明日、再度載せます!)↓







それでは、また明日っ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


三等兵は、ここにきて重度の
「明日仕事に行きたくない病」を
発症しております(笑)

明日も休みならな~(涙)


さて・・・
今日は、先日からの予告通り
茨城県稲敷郡阿見町に残る
霞ヶ浦海軍航空隊の
中央格納庫地区(現:井関農機)で
お花見をしてきましたので、
雑記形式でダイジェストを
お送りさせていただきます↓




まずは、霞ヶ浦海軍航空隊の
概要を簡単にご紹介します。

霞ヶ浦海軍航空隊は、航空機の
操縦・整備・航空戦術などの教育を
行う目的として1922年(大正11)11月に
開設され、横須賀・佐世保に次ぐ
3番目の航空隊として編制されました。

この地に設置された背景には、
「阿見原」と呼ばれる広大な敷地が
陸上機の練習に適していたことと、
霞ヶ浦の湖畔にも近く、水上機の
練習にも適していたことなどが
挙がります。

ここでは、航空隊要員を
養成するための飛行教育が
終戦にいたるまで続けられ、
特に日中戦争や太平洋戦争が
始まると、多くの搭乗員を
養成する基地としての役割を果たし
霞ヶ浦航空隊の名前を全国に
轟かせました。

現在、跡地は茨城大学や
キリン協和フーズ・井関農機・
住宅地などに変遷していますが、
茨城大学と井関農機の敷地と
その周辺に当時の遺構が
数多く残っており、今回は
井関農機茨城センターの敷地内に
残る東管制司令棟の前で
毎年恒例のお花見をしてきました。



今回も総軍大元帥閣下が
御自ら三等兵を率いて
本拠から出陣でございます(笑)↓



平時の留守を守るピンプン師団も
今回は同行しております(笑)↓



土浦駅で歴戦の猛者である
いっちゃん先生と合流して
阿見へ向かいます↓



海軍道路沿いの桜も
きれいに咲いておりました↓



入場手続きを済ませて
井関農機茨城センターに
お邪魔します↓



今回はメンバーが3名しか
集結しなかったのですが、
同社のプロパーの方々や
あみ観光協会の皆様方の席に
合流させていただきまして、
都合10名ほどでお花見です↓



去年は、ちょっと時期が悪く
桜は2分咲きで寒かったのですが
今年は「満開」、気候も「上々」で
いうことなしですっ!↓



極度の人見知りで有名な
お供のウィー太郎君も、
楽しい会話の仲間に入ろうと
かばんから出てきました(笑)↓



所長お手製の梅酒や伊予柑酒を
たくさんいただきまして、
ピンプン師団も「酔っ払い」です(笑)↓



今回も阿見周辺に関わる
色々なお話しを聞くことが出来ました↓



東京近辺からですと、ここまでは
ちょっと距離がありますが、
同センター内に咲き誇る桜は
とても美しいですし、敷地内には
当時の建物が10棟も残っており
とても見ごたえがありますっ♪

来年も開催予定ですので、
メンバーの皆様方のご参加を
お待ちしておりますっ★


名残惜しいですが、17時半くらいに
引き揚げました・・・↓



今年も井関農機茨城センターの
皆様方のご協力のもと、
楽しいお花見となりましたっ!

また、あみ観光協会の皆様方とも
交流をさせていただき、
とても有意義でしたっ!


皆様、本日は大変お世話になりました。
この場をお借りして御礼を申し上げます。

また来年もよろしくお願いします(笑)


それでは、またお会いいたしましょう★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


残念ながら、三等兵は
仕事行きたくない病を発症し
無気力になっております(涙)


今回はおピンちゃん先生が実践する
鎌倉寺社巡りのついでといった形で
鎌倉山周辺に展開していた
陸軍第一四〇師団配下部隊の
抵抗拠点陣地の威力偵察を
してきましたので、その内容を
雑記形式でご紹介しますね↓



当方に関係する方からの
情報提供によって、1箇所だけ
陣地の残存を確認している
夫婦池公園に来ております↓


この風景を見ただけで、
東金や藤沢・二宮の陣地群を
探訪した関係者の皆様方は
ピンとくるのではないでしょうか(笑)


おピンちゃん先生にわがままを言って
少しの間、付き合ってもらいます↓



まずは、既に見ている陣地の
現状を確認します↓



残念ながら、前回と変わらず
最深部は埋め戻されているため
水が溜まっており、今回も
網羅が叶いませんでした・・・↓



周りを気にすることなく
本気になれば行けるのですが、
今回は主旨が違うので
またもや自重しました・・・

その代わりに周辺に同じものが
残っていないか確認します。


山を挟んだ反対側を行くと
やはりありました↓



残念ながら、天井が低く
このまま強行すると服や
クックが汚れてしまうことが
必至であったため、少し入って
引き返しました・・・


入口の幅は2メートルほどですが
数メートル進むと1メートル弱の
狭い坑道となる例は、二宮や
藤沢周辺に構築されたものと
一致をしているため、
これらも陣地であるものと
断定出来ると思われます。


遊歩道を挟んだ反対側の
斜面も見ていくとありました↓



遠くから見ると、これが銃眼に
見えてしまったのですが、
土砂が堆積した入口であることが
判りました↓


こちらは、天井低い・水没で
フル装備でも入壕はきつそうです(涙)


さらに進むと、もう1つありました↓


こちらは難なく入れそうなので
入口でおピンちゃん先生
待機をお願いして1人で入ります↓



20メートルほど直進すると
T字路にぶつかり、
さらに10メートルほど左に
進んだところで・・・↓


む、無念っ!
懐中電灯の電池がいきなり消えて
真っ暗になってしまいました・・・

幸い、入ってきた壕口の光が
判ったので、そのまま来た道を
引き返すことにしました(涙)

関係者の方々と共有しない
「抜け駆け」は許されないという
一種の暗示でしょうかね(笑)


今回の威力偵察によって、
鎌倉市内は、ある程度のネタが
担保出来ましたので、
関係者の皆様方と一緒に
そのうち「リベンジ」しますっ!


以上、探訪記でしたっ★
それでは、また明日っ!



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、土曜日をいかがお過ごしでしょうか。


今日は、総軍大元帥閣下が習い事で
外出していたので、留守番がてら
我々のホームページの制作を
早朝からやっていたのですが、
残念ながら更新対象であった
藤沢市内に残る洞窟陣地の
内部図の電子化をしていないことが
発覚してしまい、鋭意実施中ですが
時間がかかってしまっており、
まだ終わっておりません・・・


大変、申し訳ございませんが
今日はホームページの更新作業に
時間を割きたいので、本日の「軍報」は
お休みをさせてくださいませ(涙)


【本日の写真】
今日中にリリース予定の
神奈川県藤沢市に残っている
陸軍第一四〇師団の洞窟陣地群↓






それでは、またお会いしましょうっ!



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪