戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


毎日頑張っておられる方には
本当に恐縮してしまうのですが、
今週に入ってからというもの、
職場に「いるだけ」の状態なので
かなりの頻度でTwitterに写真付きで
つぶやいたりしちゃっております(笑)

先月まで新システムの設計でしたが、
今月からは既存のシステムの保守に
まわっているので、問題が発生しないと
基本的に出番がないんですよね・・・

特に今月は要望や課題もないので
トラブルがない限りは「定退」です。
ただし、予知出来ないトラブルへの
不安を毎日抱いている状態なので
精神的には結構きますね(汗)


そういったこともございまして、
今月はTwitterに色々とつぶやきますが
お時間がある方は反応してやって
くださいませ m(_ _)m


さて・・・
本日は阪奈軍團「軍報」の
第105弾といたしまして、
兵庫県姫路市におかれていた
野砲兵第十連隊の遺構を
不完全ながらご紹介させてください↓




野砲兵第十連隊は、第十師団に
隷属する部隊で、1897年(明治30)に
大阪から転営し、姫路市内に
新設された兵営に入りました。

その後、第十師団とともに
日露戦争に出征して主要作戦に参加し
凱旋帰還の途につきますが、
昭和時代に入ると満州事変を皮切りに
出征し、日中戦争の主要作戦に参加後、
太平洋戦争ではフィリピンの防衛に
つきますが、アメリカ軍の猛攻で
壊滅状態となり終戦を迎えました。

現在、兵営の跡地は陸上自衛隊の
姫路駐屯地になっていますが
当時の遺構が残っています。



毎度おなじみ、おピンちゃん先生
姫路市内にお邪魔しています↓



今回も、いつものことながら
関西探訪でお世話になっている
盡忠報國先生ブログ
参考にさせていただきながらの
探訪となりますっ★


探訪時間が限られているので
敷地の外側部分のみを
簡単に歩いていきます↓



当時の建物が残っています↓





このほか、砲廠や歩哨なども
残っているようですが、
資料館を見学させていただく時に
一緒に見ようと思っております。


今回が姫路探訪の最終日ですので
最後に姫路城に寄ります↓



天守閣に上がります↓



素敵な眺めでしたっ↓




【収録遺構】
 陸軍第十師団
 野砲兵第十連隊

   建物 3棟

【探訪情報】
 2016.02.21  第1回探訪

 歩数(指数) 1,206歩(84)


後ほど、我々のホームページにも
掲載予定ですっ★


それでは、また明日っ♪



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、こんばんわ m(_ _)m


いや~、寒すぎるっ!
今朝の本拠の気温はマイナス8度。
昨日より寒いっ(凍)

いつもの電車を待っている間、
寒すぎて膝の震えが止まんなくて
ヤバかったですよ・・・


さて・・・
本日は阪奈軍團「軍報」の
第104弾といたしまして、
大阪府和泉市におかれていた
野砲兵第四連隊の遺構群を
簡単にご紹介させてくださいませ↓




野砲兵第四連隊は、第四師団に
隷属する部隊で、1918年(大正7)に
現在の和泉市内に新設された
兵営に移駐しました。

昭和時代に入ると
第四師団とともに満州へ移り、
日中戦争の主要作戦に参加し、
太平洋戦争ではフィリピン方面の
作戦に参加後、タイ・ビルマ方面に
展開して終戦となりました。

現在、兵営跡地は陸上自衛隊の
信太山駐屯地や自衛隊官舎などに
なっていますが、当時の遺構が
いくつか残っています。



おピンちゃん先生と天王寺から
阪和線に乗りまして・・・↓



信太山駅で降りまして・・・↓



夏の暑い時期の探訪なので
途中でおピンちゃん先生
バテバテになりながらも
現地まで歩いていきます↓



毎度のことながら、今回も
関西探訪でお世話になっている
盡忠報國先生ブログ
参考にさせていただきながら、
敷地の外周を見ていきます。


営門です↓



営門のすぐ近くに、
軍用地境界標が残っています↓



敷地内には当時の建物が
残っており、北側の道路からも
見ることが出来ます↓





一番の目玉である砲廠も
2棟見ることが出来ました↓




東側をはしる道路沿いにも
当時の建物が残っています↓





これも当時の遺構でしょうね↓



当方に残された時間がないので
このまま信太山陸軍墓地
直通します(笑)


【収録遺構】
 陸軍第四師団
 野砲兵第四連隊

   門柱 1箇所
   建物 8棟
   軍用地境界標 1本
   その他 1箇所

【探訪情報】
 2016.07.17  第1回探訪

 歩数(指数) 2,013歩(100)


後ほど、我々のホームページにも
掲載予定ですっ★


明日は「ホームページ」関係で
ブログを更新する予定です。


それでは、またお会いいたしましょう★



ホームページの制作意欲に
 つながるので、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします m(_ _)m

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今日は早い時間から総軍大元帥閣下と
ダラダラしながら酒飲んでます(笑)
こんな土曜日があってもいいか・・・


でも、ダラダラとはいえ「手」は
お酒や食べ物ばかりではなく、
壕内図の電子化に向けても
動いておりますです(笑)
(終わんねーっす・・・)


今回は、ちょっと気分を変えて
群馬県の地下工場を電子化してます↓


もうね、20年前の「記録」なんで
自分の「記憶」から飛んじゃってて
ここに書かれている内容が
「全部」なので大変です(汗)

ここで撮影した写真も、
ネガを消失させてしまって
今の自分の頭の中みたいに
全て「パー」にしちゃいまして(涙)


さてさて・・・
本日は阪奈軍團「軍報」の
第103弾といたしまして
京都府京都市におかれていた
歩兵第十九旅団司令部の建物を
1つだけご紹介させてくださいませ↓




歩兵第十九旅団は、伏見におかれた
第十六師団の基幹といえる2つの
歩兵連隊を率いた上級部隊であり
1898年(明治31)に開設され、
滋賀県大津市におかれた
歩兵第九連隊と、旅団に隣接して
兵営が設置されていた
歩兵第三十八連隊を傘下としました。

大正に入ると、歩兵第三十八連隊は
歩兵第三十旅団の傘下となり
奈良市に移駐すると、跡地に
歩兵第九連隊が移り、福知山市に
おかれた歩兵第二十連隊を
傘下としました。

現在、敷地は京都教育大学となっており
構内南側に司令部として使用された
建物が残存しています。

なお、構内には地下壕も
残存しているようですが、
今のところ確認出来ていません。
(情報を募集中でございます)



京阪電車に乗って藤森に移動し・・・↓



馬と勝負事の神社として知られる
藤森神社に寄り教育大に向かいます↓


もうね、日没まであと30分くらいの
時間しか残されていませんので
早歩きで目的地に向かいます。

当方の遠征でよくあることですが
行きたいところを詰め込み過ぎて
午後の後半戦が圧しちゃって・・・
くはぁ・・・学習しねーなっ、俺(笑)


京都教育大学内に、司令部として
使用された建物が残っています↓





この後は、JR藤森駅まで歩いて
奈良線で京都に出て夕飯を食べ
梅田の宿に戻りました↓



【収録遺構】
 陸軍第十六師団
 歩兵第十九旅団
 旅団司令部

  建物 1棟

【探訪情報】
 2013.11.22  第1回探訪

 歩数(指数) 約3,000歩(100)


それでは、素敵な日曜日を★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今日の関東地方は夕方くらいから
雨が降ってきちゃって、なんだか
気分が墜ちちゃいましたよ・・・


明日、休みなんだけどね(笑)


さてさて、本日は阪奈軍團「軍報」の
第102弾といたしまして
兵庫県西宮市におかれていた
大阪海軍病院の建物(接収)を
ものすごく簡単で恐縮ですが
1つだけご紹介させてくださいませ↓




大阪海軍病院は、本土防衛のための
海軍部隊が西宮周辺に
展開したことによって、それまでに
この地で営業をしていた
甲子園ホテルの建物を接収して
1944年(昭和19)に設置されました。

終戦後はアメリカ軍が接収して
将校宿舎に転用されますが
現在は返還されて武庫川女子大学の
キャンパスとなっており、
有形文化財にも指定されています。

建物は、武庫川女子大学の敷地の
外側からでも見ることが可能ですが
大学が指定する日に限り
建物の内部見学も可能です。
その際は、事前に大学に電話での
予約が必要となります。

見学の詳細はこちらをご覧ください↓
 武庫川女子大学 旧甲子園ホテル



当方が単身赴任していた時代に
ものすごく馴染みがあった
阪急電車の宝塚駅から
おピンちゃん先生と出発です↓



今回は、関西方面での探訪で
お世話になりっぱなしの
盡忠報國先生の事前情報を
もとに探訪していきます。


関西で一番好きな阪急に乗って・・・↓



西宮北口駅にやってきました↓



そんなにゆっくりしていられないので
タクシーの力を借りて武庫川女子大学に
向かいます↓



旧甲子園ホテルを接収して
海軍病院に使用した建物が
現存しています↓



他案件での探訪を詰め込み過ぎて
時間がかなり圧してしまったので
道路沿いから外観を見るだけに
とどめました・・・↓



もっとも、こういう結果になると
判っていたので、事前予約も
しなかったのですが・・・(笑)


大学からは甲子園口駅まで歩き
次の案件を目指します↓



【収録遺構】
 大阪海軍病院

  建物 1棟(接収)

【探訪情報】
 2017.03.19  第1回探訪

 歩数(指数) 約1,000歩(100)


後ほど、我々のホームページにも
掲載予定ですっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


先週の終わりくらいから、
総軍大元帥閣下が風邪をひいてしまい
なかなか快方に向かわないです(涙)

残念ながら三等兵は不器用なので
静観することしか出来ませんが・・(笑)

ここのところ、空気も乾燥しており
当方の周辺も風邪で倒れた方が
だんだんと増えてきているので、
気を付けたいですねっ!


さてさて・・・
本日は阪奈軍團「軍報」の
第101弾といたしまして、
兵庫県姫路市におかれていた
歩兵第三十九連隊の遺構を
1つだけご紹介させてください↓




歩兵第三十九連隊は、
第十師団に隷属する部隊で
1898年(明治31)に編成されました。

その後は日露戦争に出征して
主要作戦に参加し、凱旋帰還の途に
つきますが、昭和時代に入ると
満州へ再び出征し、日中戦争の
主要作戦を経て、太平洋戦争では
フィリピンの防衛任務につき、
アメリカ軍の猛攻によって
部隊は壊滅状態となり、
終戦を迎えました。

現在、兵営の跡地は
市立白鷺中学校や好古園・
県立姫路聴覚特別支援学校などに
変遷し面影がありませんが、
敷地の南西端にあたる姫路城の
埋門跡付近に軍用地境界標が
1つだけ残っています。



毎度おなじみ、おピンちゃん先生
姫路市内にお邪魔しています↓



今回も、いつものことながら
関西探訪でお世話になっている
盡忠報國先生ブログ
参考にさせていただきながらの
探訪となりますっ★


姫路城の埋門跡付近に
軍用地境界標が残っています↓



この後は、播但線に乗って
「天空の城」で有名な竹田城に
向かったのですが・・・↓



竹田駅に着いて冬季閉鎖中と知り
呆然とするおピンちゃん先生・・・↓



この姿を見た三等兵は覚醒し、
2週間後に再び関東から
竹田城に出撃したのでした(笑)↓



【収録遺構】
 陸軍第十師団
 歩兵第三十九連隊

  軍用地境界標 1本

【探訪情報】
 2016.02.21  第1回探訪

 歩数(指数) 約1,500歩(100)


後ほど、我々のホームページにも
掲載予定ですっ★


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします★