FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


本日も恒例の「引き止め」作戦に
引っかかってしまい、帰宅が
遅くなりました・・・


私が帰ろうとすると
誰かが必ず声をかけてくるのが
本当に、気に食わないです。
業中は全く話しかけてこないくせに。


それにしても、引き留めようとする
人達にも根性があります(笑)
私があんなに嫌な顔して
屁理屈言いながら舌打ちしても
ボロカスに文句言っても
食い下がってくるんだから。


意味のない無駄なクソ残業なんか
したいと1ミクロンも思わないので
諦めてもらうまで、私も負けちゃ
いられませんっ!


さてさて、愚痴が上々なところで
本日は和泉軍團「軍報」の
第91弾といたしまして、
千葉県市原市に構築された
陸軍第一四七師団の抵抗拠点陣地を
1つご紹介させてくださいませ↓




第一四七師団は、1945年(昭和20)2月に
旭川で編成されて開設された特設師団で
第一総軍の第十二方面軍に所属した
第五十二軍の隷下部隊となり、
師団基幹には歩兵第四二五連隊~
歩兵第四二八連隊の 4個部隊が
ありました。

日本の敗戦をほぼ決定的にした
1944年(昭和19)6月の
マリアナ沖海戦の敗退で、
アメリカ軍は「コロネット作戦」と呼ばれる
日本本土への上陸作戦を計画します。

その作戦の内容とは、九十九里浜と
神奈川県の相模湾より上陸して
首都圏の拠点を制圧しながら
帝都に攻め入るというもので
九十九里浜には約240,000人もの
アメリカ軍が上陸を予定していました。

一方、日本軍は「本土決戦作戦」を
計画し、両海岸の防備にあたりました。

このなかで、第五十二軍は
九十九里浜の防備を
担当することになり、
隷下の第一四七師団は
大網白里市より勝浦市にいたる
地域の防衛にあたりました。

なお、防衛方針は海岸後方の山に
抵抗拠点となる陣地を展開させ
上陸兵に対して狙撃を行うと
いうものでした。

また、第一四七師団の司令部は
市原市の鶴舞におかれています。

これらは、本土決戦となる前に
終戦となったため、実際には
使用されず山林に現在も
放置されており、一部崩壊が
あるものの、見学は可能です。

しかし、入口は埋没しており
水はけも悪いので注意が必要です。



市原市内の鶴舞地区に来ております↓



日枝神社付近で陣地を
1つだけ見ることが出来ました↓



内部は素掘り構造で、階段付きの
1本の主坑道が山の反対側まで
貫通していました↓



この坑道に連絡するように
棲息部と考えられる
空間があり、管や釘などが
残っていました↓



主坑道は階段が2箇所設けられて
いますが、いずれも崩落が進み
斜坑になっています↓



主坑道を南に進んでいくと
壕の構造が変化します↓



コウモリさんが冬眠してます↓



陣地の内部図です↓



冒頭にも書きましたが、
第一四七師団の司令部は
この鶴舞地区におかれており、
他にも陣地がおかれていたものと
思われます。


この界隈は、私よりも精通する
房総半島戦跡考古調査会
皆様方と一緒に探してみたいです。


隊長先生・maya先生っ!
ひとつよろしくお願いしますっ★


【収録遺構】
 陸軍第一四七師団
 抵抗拠点陣地(市原市)

  地下壕 1箇所

【探訪情報】
 2007.03.02  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(76)



それでは、またお会いいたしましょうっ★



↑8月は当方の誕生月なので
 「応援」よろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


日曜日も終わりですね・・・
明日から、また仕事かと思うと
震えが止まりません(汗)


今回はバックナンバーである
和泉軍團「軍報」の第47弾の
続編として、千葉県富津市に
おかれていた陸軍東京湾兵団の
抵抗拠点陣地と推定する地下壕を
1箇所だけご紹介します↓



なお、これは「後続記事」ですので
「本記事」もご覧くださいませ↓

 【和泉軍團】(47)陸軍東京湾兵団
 抵抗拠点陣地(富津市)




房総半島戦跡考古調査会
皆様方と一緒に富津市内の
竹岡地区にお邪魔しております↓



燈籠坂大師に向かうトンネルを
抜けると・・・↓



全国的に有名な燈籠坂大師の
切り通しトンネルがあります↓



周辺を見ていくと、地下壕が
口を開けています↓



壕内は岐路をもたない横穴で
反対側に貫通しています↓



反対側の壕口の形状ですが・・・↓



大網の洞窟砲台の砲口部分や・・・↓



館山の洞窟砲台の砲口部分に
酷似しているため・・・↓



火力の規模は判りませんが
洞窟砲台と断定しました↓



次へ移動していきます↓



富津市内は、この他にも
房総半島戦跡考古調査会の
皆様方と一緒に見学した
洞窟陣地があるのですが、
時間がないので、続編として
後日のご紹介とさせてください。


【収録遺構】
 陸軍東京湾守備兵団
 抵抗拠点陣地
 (陸軍東京湾兵団
 抵抗拠点陣地)

  地下壕 12箇所
  地下壕 1箇所(今回追加)

【探訪情報】
 2006.01.29   第1回探訪
 2006.11.19   第2回探訪
 2007.05.20   第3回探訪
 2017.05.14   第4回探訪
 2018.07.22   第5回探訪

 歩数(指数) 10,000歩以上(492)


追加分は、我々のホームページ内でも
後ほどご紹介させていただきます★


あっ、maya先生っ★
お手すきの時にでも
記念写真を送ってください♪


それでは、またお会いしましょうっ!



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


仕事が楽しすぎてメランコリックです(笑)
人が帰ろうとすると、会社「お得意」の
引き止めに遭い、帰りの電車まで
遅れる始末で、イライラが募りますね。


仕事が「生き甲斐」に思っている人に
お願いすればいいのにね。
こっちは単価に見合わない
作業ばかりでウンザリですわ。

ってなわけで、限界にきたので
契約単価の改定を本気で
お願いするつもりですっ★

大した金も払わないくせに、
何でもやる社畜くんと一緒にされちゃ
困るんで、ここらで動きます。


このまま、ダラダラしていると
自分が不利になっていくのが
目に見えているので、通らなかったら
ここは引き揚げるつもりです。
(私は引き揚げると書きましたからね)


他の連中に嫌われたっていい。
わざわざ、お友達を作るために
好きでもない仕事をしているわけじゃ
ありませんから。


お友達は、軍跡仲間だけで十分ですっ!


さてさて、平日のお決まりでもある
愚痴が上々といったところで
本日も和泉軍團「軍報」の
第90弾といたしまして
栃木県宇都宮市におかれていた
宇都宮衛戍監獄の軍用地境界標を
簡単にご紹介させてくださいませ↓




衛戍監獄は、戦争犯罪などをおこした
軍人を収容するための軍事刑務所で
宇都宮市内に第十四師団が
展開したことにより宇都宮衛戍監獄が
おかれていました。

現在、跡地は宇都宮少年鑑別所や
住宅などに変遷して当時の面影は
ありませんが、軍用地境界標が
わずかに残存しています。



毎度おなじみ、おピンちゃん先生
宇都宮市内にお邪魔しております↓



それにしても暑いですっ!
おピンちゃん先生の士気も
相当下がっております・・・↓



宇都宮少年鑑別所の南に展開する
住宅地内に軍用地境界標が
残存しています↓



完全に埋もれており、文字などの
確認が出来ませんでしたが、
周辺に軍用地境界標と断定する
標柱が2本残っています↓




【収録遺構】
 陸軍宇都宮衛戍監獄

   軍用地境界標 3本

【探訪情報】
 2018.07.15  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


明日は、水曜日ですので
ブログの更新をお休みさせてください。


それでは、またお会いいたしましょう♪



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


残念ながら、明日から再び平日が
始まってしまいますね・・・

お金持ちになるつもりはないので
週3日の労働にして欲しいですね。
私は会社に必要以上の貢献を
するつもりはありませんので。


さてさて、今回も和泉軍團「軍報」の
第89弾といたしまして
栃木県下都賀郡壬生町におかれた
宇都宮陸軍飛行学校壬生分教所の
遺構群をご紹介させてくださいませ↓




宇都宮陸軍飛行学校は、飛行機の
基本操縦教育を行うことを目的に
1940年(昭和15)に開設され、
生徒の増加にともない
1944年(昭和19)に壬生分教所が
開設されました。

その後は太平洋戦争の戦局が
悪化し、飛行学校が
軍隊化されたことで編制された
宇都宮陸軍教導飛行師団の
拠点として施設が使われました。

戦後、飛行場の敷地は開拓されており
農地や住宅地に変遷していますが、
敷地の南西付近にあたる場所に
当時の遺構が点在しています。



毎度おなじみ、おピンちゃん先生
東武宇都宮線の国谷駅に到着です↓



駅から少し北上していきます↓



町営ひばりが丘団地の周辺に
兵舎がおかれていたようで
当時の遺構が残っています↓



埋められていますが、防火水槽と
思われる遺構が隣接して残ります↓



ちょっと微妙な感じもしますが、
町営ひばりが丘団地内にも
当時の門柱といわれるものが
1対だけ残っています↓



団地から東に進んだ畑地にも
当時の遺構と考えられる
構造物が残っていました↓



この詳細は不明ですが、材質から
当時のものと判断しました↓



次の目的地がひかえているので
このへんで退却しようとしたら
電車が行っちゃいました・・・↓



【収録遺構】
 宇都宮陸軍飛行学校
 壬生分教所
 (宇都宮陸軍教導飛行師団
 壬生飛行場)

   門柱 1箇所
   その他 4箇所

【探訪情報】
 2015.05.03  第1回探訪
 2018.07.15  第2回探訪

 歩数(指数) 未計測(136)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


それでは、またお会いいたしましょう♪



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、連休をいかがお過ごしでしょうか。


せっかくの3連休ですので、
久しぶりに栃木県内の軍跡探訪に
出かけてきたのですが、
歩き疲れと、嬉しさのあまりに
過度の飲酒をしてしまって
昨日のブログ更新を怠けました・・・
申し訳ありません(脂汗)


今回は和泉軍團「軍報」の
第88弾といたしまして、
栃木県宇都宮市におかれていた
陸軍第十四師団の駒生射撃場の
遺構のご紹介をさせていただき、
7月15日分の起算更新とします↓




駒生射撃場は、第十四師団の
射撃演習場として、明治時代の
末期に設置されました。

ここでは、主に小銃を用いた
射撃訓練が行われ、
幅が約100メートル・長さが
約650メートルに及ぶ区画が
2つ設けられており、外側に土塁が
設置されていました。

現在、跡地は駒生運動公園や
湿地帯になっていますが、
土塁や監的が現存しています。



おピンちゃん先生と一緒に
宇都宮市の駒生町に
お邪魔しております↓



それにしても暑いです・・・
2人ともバテバテになってます(笑)


駒生運動公園から北西方向に
2箇所の射撃場の区画が
はっきりと残ります(写真は1箇所目)↓



最奥部分をよく見ると、
監的が残っているようです↓



詳細は全く判っていませんが
材質から遺構かもしれません↓



2箇所目の区画もはっきりと
残っています↓



1946年(昭和21)の航空写真と
現在の航空写真を比較すると
こんな感じです↓




【収録遺構】
 陸軍第十四師団
 駒生射撃場

   その他 4箇所

【探訪情報】
 2018.07.15  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


それでは、またお会いいたしましょう♪



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪