FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


新型コロナの感染者数が
日々増え続けており、
再び、仕事以外の自粛ムードが
ひろがりつつありますね…


仕事はして欲しいけど
遊びは自粛してくれと
いわんばかりな感じがして
胸糞悪いですなぁ。


引き続き、感染しないための
最大限の努力はしていきますが
会社にだけ都合のよい話は
引き続き、聞く耳をもちません。


仕事が大好きなもので(笑)


さて、今回は和泉軍團「軍報」の
第36弾の続編といたしまして
栃木県那須塩原市におかれていた
宇都宮陸軍飛行学校の
那須野分教所の軍用地境界標を
1本だけご紹介させてくださいませ↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (36)宇都宮飛行学校那須野分教所



我が総軍大元帥と一緒に
那須の温泉旅行中に
再び埼玉地区に寄りました↓



過去にストビューを見てたら
遺構が残っていたことが判り
せっかくなので行ってみます↓



目的地に向かい
歩いていきましたが…↓



残念ながら、時すでに遅く
壊されてしまったようです…↓



周辺を歩いてみても
特に何もなかったので
落胆しながら戻っていると…↓



学校の隅っこに
軍用地境界標が残ってました↓



標柱の上部を見ると
境界線がすごい角度になっており
いびつな区画だったことが
判ります↓



この周辺も歩いてみましたが
これ以上は見つけられず、
温泉旅館に向かうことにします↓



思わぬところで遺構を見れて
心が落ち着き、旅館内でも
くつろいでしまいました(笑)↓



【収録遺構】
 宇都宮陸軍飛行学校
 那須野分教所

  建物基礎 1箇所
  建物基礎 2箇所(消失)
  その他 2箇所

  軍用地境界標 1本(今回追加)

【探訪情報】
 2016.12.24 第1回探訪
 2020.12.12 第2回探訪

 歩数(指数) 12,784歩(100)


後ほど我々のホームページ内でも
ご紹介させていただきますね。


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


当方のオッサン化を祝う
お誕生日を経て、お盆休みに
入りました(笑)


残念ながら、お盆休み中も
コロナ禍で色々と自主的な
規制を求められていますが
終戦祈念日を含む週末の
予定が空きそうなので
ちょっとした探訪を
入れてみようかと思います。


さてさて、今回は和泉軍團「軍報」の
第120弾といたしまして、
栃木県日光市におかれていた
田母沢御用邸の防空壕を
簡単にご紹介させてください↓




田母沢御用邸は、
当時は皇太子であった
大正天皇の夏期の静養所として
1899年(明治32)に完成しました。

大正天皇が即位をすると
滞在所として大増な改築が行われ
崩御後も昭和天皇の避暑地に
利用されました。

太平洋戦争の末期には
空襲に備え、当時は皇太子であった
現在の上皇陛下の疎開先にも
なりました。

終戦後は廃用となりましたが
修復され、現在は
日光田母沢御用邸記念公園となり
防空壕が残っています。



鬼怒川温泉からコトコトと
東武線の各駅停車を乗り継ぎ
東武日光駅に到着です↓



我が総軍大元帥と一緒に
寄り道しながら歩くこと30分、
田母沢御用邸記念公園に
着きました↓



防空壕の位置を知りたくて
公園の地図を見てみましたが
非公開のようで載ってません…↓



入館料(550円)をお支払いして
まずは建物を見ていきます↓



建物にも歴史があり、
重要文化財に指定されていますが
当方の目的とは少しずれているので
抜粋して謁見所・御玉突所・御食堂を
載せてみます↓





建物を見学した後は
庭園に出て防空壕を
探していきます↓



少し進んでいくと
見学ルート沿いに
入口がありました↓



残念ながら、封鎖されており
内部の見学は出来ません…↓



展示写真を見ると、内部は
このようになっているようです↓



水没しているようですが
コンクリートが使われており、
堅牢な感じに見えますが
規模は大きくないようです。


反対側にも入口がありました↓



こちらも封鎖されているため
入口部分のみの見学です↓



せっかくなので、防空壕の
上部も見てみます↓



上部は庭園の休憩所に
なっており、通風口は
確認出来ませんでした↓



雨が降ってきてしまったので
宿に引き返すことにします↓



【収録遺構】
 田母沢御用邸防空壕

  地下施設 1箇所

【探訪情報】
 2020.08.08 第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ここのところ、梅雨の中休みで
暑い日が続いていましたが
今日は本格的な雨で
涼しいですね。


今週の平日最後の日も大雨で
おかげさまで、ステキ(皮肉)な
日々を過ごしているところです。


週末は雨が止みそうなのが
せめてもの救いですね。


さて、今回は和泉軍團「軍報」の
第41弾の続編といたしまして
千葉県柏市におかれていた
柏陸軍病院の再訪日記です↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (41)柏陸軍病院



約10年ぶりに市立柏病院へ
やってきました↓



入口付近の軍用地境界標は
健在のようです↓



敷地の南端を歩いていきます↓



敷地の南西端に位置する
軍用地境界標も健在でした↓



敷地の西端を北上していきます↓
0000 (5)


ここからは未知の世界で
標柱が1本でも残っていないか
期待をしていたのですが、
見事に失敗しました…


柏陸軍病院は丘の上にあり
下に地下壕の痕跡がないか
探していきます↓



敷地の北側が崖になっているので
怪しいと思い進んでみましたが
こちらも失敗に終わりました↓



敷地を1周しましたが、
残念ながら新しい遺構を
見つけることが出来ませんでした↓



【収録遺構】
 柏陸軍病院

  軍用地境界標 2本

  (今回の収穫なし)

【探訪情報】
 2007.XX.XX 第1回探訪
 (写真全消失により時期失念)
 2010.03.23 第2回探訪
 2020.06.08 第3回探訪

 歩数(指数) 約5,000歩(100)


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ここのところ、都内で新型コロナの
感染者数が増えているようで。


あたかも、休日や平日夜にほっつき歩き
お店に行くことが原因といわんばかりの
物言いで腹立たしいですね。


緊急事態宣言の解除を収束と誤認し
在宅勤務から通勤に戻したことで
感染者が増えたようにしか
私には見えませんけどね。


あっ、いけねえ。
恒例の愚痴が(笑)


さて、今回は和泉軍團「軍報」の
第71弾の続編といたしまして
千葉県柏市・流山市におかれていた
陸軍第四航空教育隊の遺構群を
追加でご紹介させてください↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (71)陸軍第四航空教育隊



我が家から比較的近い場所に
位置する柏の葉キャンパス駅から
トボトボと歩いていきます↓



梅林第四公園に立ち寄り
門柱をおがんでいきます↓



門柱の横に案内板が
立てられています↓



公園の裏手に残る門柱も
健在でした↓



敷地の北側にあたる高田地区に
移設された給水塔の一部が
残っています↓



今回、初めて見ましたが
これも付随する遺構のようです↓



終戦直後の航空写真にも写る
この建物が今回のお目当てです↓



中にどなたかいらっしゃれば
聞き込みをしたのですが、
タイミングが悪かったようで…↓



このあとは、流山市に入り
軍用地境界標の残存を
確認しました(抜粋)↓





そのまま流山おおたかの森駅まで
トボトボと歩き、帰還しました↓



【収録遺構】
 陸軍第一飛行集団
 第四航空教育隊

   門柱 2箇所(柏市)
   その他 1箇所(柏市)
   軍用地境界標 5本(流山市)

   建物 1棟(柏市:今回追加)
   その他 1箇所(柏市:今回追加)

【探訪情報】
 2005.11.13  第1回探訪
 2010.03.20  第2回探訪
 2010.03.23  第3回探訪
 2016.04.02  第4回探訪
 2020.06.08  第5回探訪

 歩数(指数) 未計測(256)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ついに関東地方も
梅雨入りをしたようで…


コロナウィルスに続き、
軍跡探訪に適さない時期に
このまま突入するようで
残念な限りです。


さて、今回は和泉軍團「軍報」の
第30弾の続編といたしまして
千葉県柏市におかれていた
高射砲兵第二連隊の遺構群を
追加でご紹介させてください↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (30)高射砲兵第二連隊



真夏の暑い平日に単騎で
常磐線の北柏駅から
トボトボと歩いていきます↓



有名な目玉遺構でもある
照空予習室及び測遠器訓練所は
10年前と変わらず健在でした↓



側面の塀が撤去されており
見やすくなっていました↓



敷地の南端付近を
もう1度歩いてみます↓



以前は埋もれて確認出来なかった
軍用地境界標を見ることが
出来ました↓



敷地中央のやや北東寄りに
位置する高野台児童遊園に
今回の再訪の主目的である
歩哨が移設保存されています↓



この歩哨は、少し前まで
民家の庭先にあったようなのですが
家を取り壊す際に寄付金を募り
公園に移設保存されたのだとか…↓



ちなみに15年前の公園は
門柱のみ保存されており、
歩哨はありませんでした↓



案内板は当初のものと
変わっていないようです↓



敷地の北限付近に「おっ?」となる
木造家屋の廃墟がありましたが
どうやら戦後のものみたいです↓



【収録遺構】
 陸軍東部防衛軍
 高射砲兵第二連隊

  建物 1棟
  門柱 1箇所
  軍用地境界標 3本

  歩哨 1箇所(今回追加)
  軍用地境界標 1本(今回追加)

【探訪情報】
 2005.11.13  第1回探訪
 2007.??    第2回探訪
 2010.03.20  第3回探訪
 2020.06.08  第4回探訪

 歩数(指数) 約15,000歩(184)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪