戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今日の夜は所用があり、
いつもの時間にブログの更新が
出来ないかもしれないので、
11時半にアップされるように
「予約更新」でございます(汗)


今回はバックナンバーである
和泉軍團「軍報」の第37弾の
続編として、千葉県南房総市に
おかれていた陸軍東京湾兵団の
稲都大月砲台の観測所関連の
遺構群をご紹介させてください↓



なお、これは「後続記事」ですので
「本記事」もご覧くださいませ↓

 【和泉軍團】(37)稲都大月砲台



房総半島戦跡考古調査会
皆様方と一緒に高井ヶ谷砲台を
一通り見た後は、背面の山を
上がっていきます↓



前回の復習になりますが、
大月砲台の砲座と観測所の
位置相関はこんな感じです↓



山頂までハアハア上がっていくと・・・↓



コンクリート製の観測所の残骸が
埋もれるようにして残っています↓



その背面には塹壕がはしっており・・・↓



縦坑まで繋がっています↓



観測所の東側に三角点が
設置されていました↓



三角点の北側の斜面を下ると
壕が残っています↓



掘削途中のものと推測しており
壕の規模は小さいですが、
丁寧に造られていることが判ります↓



地下壕の内部図です↓



坑道の総延長は18メートルを
計測しています。


さらに北に進んでいくと・・・↓



もう1つ地下壕が残っています↓



こちらも掘削途中であったようで
壕の規模は小さいです↓



壕の最深部の延長線上に
縦坑が残っており、ここに接続する
予定であったものと推測しています↓



地下壕の内部図です↓
minamiboso_otsuki_4.png


坑道の総延長は9.3メートルでした。


機動力の高いメンバー方が
周辺を捜索していると・・・↓



3つ目の地下壕がありました↓



地下壕の入口付近は、塹壕が
拡張されており、入口横には
掘り込みも残っていました↓



ここも規模は小さかったですが
造りはしっかりとしています↓




地下壕の内部図です↓



壕の総延長は17.3メートルを
計測しています。


周辺に、もう1つ地下壕とおぼしき
入口跡がありましたが、
完全に埋没していました・・・↓



山を廻りこむようにして
最初の観測所まで戻り、
記念写真を撮りました↓

maya先生の写真です。


【収録遺構】
 陸軍東京湾兵団
 稲都大月砲台

   砲座 2箇所
   地下壕 2区画
   観測所 1箇所(本記事の追加分)
   地下壕 3箇所(本記事の追加分)
   その他 2箇所(本記事の追加分)

【探訪情報】
 2017.01.02  第1回探訪
 2018.01.02  第2回探訪

 歩数(指数) 未計測(246)


追加分は、後ほどホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


明日はブログの更新をお休みします。
申し訳ありません m(_ _)m


それでは、またお会いいたしましょう★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ここのところ、仕事が面白すぎて
精神的に病んでまいりました(笑)

職場の人間達は友達じゃないので
協調性0の現場の空気に合わせて、
私も冷たくドライに接し、クズっぷりを
前面に出していますが、やっぱり
本性に合わないので疲れますね。

ってなわけで、昨日はメランコリックで
ブログの更新を怠りました・・・
申し訳ありません m(_ _)m


毎週、水曜日と土曜日は
我々のホームページの更新頻度を
上げるために、ブログ更新の
定休日としたのですが
昨日を怠けてしまったので、
今日は土曜日ですが
更新させていただきますね。


今回はバックナンバーである
和泉軍團「軍報」の第55弾の
続編として、千葉県南房総市に
おかれていた陸軍東京湾兵団の
稲都高井ヶ谷砲台関連の地下壕を
2箇所ご紹介させてくださいませ↓



なお、これは「後続記事」ですので
「本記事」もご覧くださいませ↓

 【和泉軍團】(55)稲都高井ヶ谷砲台




再び、房総半島戦跡考古調査会
メンバー方と南房総市に来ております↓



前回の復習となりますが、
高井ヶ谷砲台の遺構分布図です↓



まずは、砲座付近を再度見ていきます↓



前回、後方警戒陣地を見つけることが
出来なかったのですが、今回は
無事に見つかりました↓



少し藪漕ぎをすると、砲座に繋がる
塹壕が登場します↓



塹壕沿いに後方警戒用の
陣地が口を開けています↓



坑道の規模は小さいですが・・・↓



南西方向に狙撃口がありました↓



狙撃口を外から見ると
こういう感じになっております↓



後方警戒陣地の内部図です↓



坑道の総延長は17.6メートルを
計測しております。


続いて、山を上がったところにある
観測所脇の縦坑を目指していきます↓



前回探訪時は、日没が近かったので
観測所とトンネル・縦坑しか
見れませんでしたが、今回は
縦坑に接続していたと推測する
地下壕を見つけることが出来ました↓



縦坑の北側の斜面を下っていくと
埋まりかかった入口がありました↓



入口部分は崩落していますが、
坑道の状態はよいです↓



奥の方へ進んでいくと・・・↓



残念ながら土砂で閉塞していました↓



地下壕の内部図です↓



坑道の総延長は24.3メートルを
計測しましたっ!


【収録遺構】
 陸軍東京湾兵団
 稲都高井ヶ谷砲台

   砲座 1箇所
   地下壕 1区画
   地下壕 2区画(本記事の追加分)
   観測所 1箇所
   トンネル 1箇所
   その他 2箇所

【探訪情報】
 2006.01.29  第1回探訪
 2017.01.02  第2回探訪
 2018.01.02  第3回探訪

 歩数(指数) 未計測(290)


追加分は、後ほどホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


日曜日も終わりですか(涙)
明日からまた仕事ですね・・・
まだまだ休みが足りませんねっ!


生活のための仕事であって、
仕事のための生活ではないのに
どうして、常に仕事することを
考えながら生活していかなきゃ
いけないのか、まったくもって
理解が出来ません(する気もないです)。


もっとも、仕事に対して様々な
尺度があるとは思うので、
余計なことは書きませんが・・・


さてさて、仕事に行きたくない病が
重度に転じたところで、
今回は和泉軍團「軍報」の
第85弾といたしまして
千葉県南房総市におかれた
多田良西浜射撃場の遺構を
ご紹介させてくださいませ↓




多田良西浜射撃場は、
現役として軍務に服さない
在郷軍人が復帰するための
訓練場の 1つとして
1935年(昭和10)頃に
設置されたようです。

資料に乏しく詳細は不明ですが
跡地の一部は多田良西浜海水浴場に
変遷し、現在は海水浴や
バーベキューなどで賑わいますが、
西側の海岸に当時のものとされる
遺構が残っています。



いにしえの重鎮メンバーである
いっちゃん先生とOKN先生と一緒に
多田良西浜海岸に来ております↓



海岸の西側にコンクリート製の
遺構が残っています↓



裏側にまわってみると、
かなりスッカスカでした・・・↓



少し離れたところに
地下壕が1つありました↓



内部は岐路をもたない単独壕で
最奥に祠がおかれていました↓



井戸のようなものが残っています↓



縁に文字が彫りこまれていたので
さっそく確認をしてみましたが
「昭和廿九年九月八日」となっており
どうやら戦後に設置されたようです↓



日没になったので退却します↓



 【収録遺構】
  多田良西浜射撃場

   地下壕 1箇所
   その他 1箇所

 【探訪情報】
  2017.11.15  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほど、我々のホームページにも
掲載予定ですっ★


それでは、またお会いいたしましょう★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


昨日、お酒を飲み過ぎたようで
今日は何だか頭が重い感じがして
不調気味でした・・・

少し調子に乗りすぎたようです(笑)


さて・・・
本日は和泉軍團「軍報」の
第84弾といたしまして、
千葉県柏市におかれていた
柏陸軍墓地の遺構をご紹介します↓




柏陸軍墓地は、現在の柏市内に
展開した部隊の戦没者や戦
病没者を埋葬するために
設置されたようです。

資料に乏しく詳細は不明ですが、
跡地は柏公園や住宅地などに
変遷しており、周辺には
軍用地境界標を中心とする
遺構が残ります。



おピンちゃん先生と一緒に
北柏駅にお邪魔しております↓



北柏駅から南下するようにして
柏公園を目指していきます↓



柏公園に忠霊碑がありますが、
戦後に再建されたものだとか・・・↓



当時の遺構が残っていないか
周辺を歩いていると、
軍用地境界標が残っていました↓



埋もれていますが、すぐ近くに
もう1本残っています↓



道路沿いの民家の玄関付近にも
完全に埋まった標柱があります↓



柏公園へ続く道路に沿って
標柱が残っていることから
これが参道跡だったのかも
しれませんね・・・


国道16号との交差点付近に
門柱と思われる遺構が
残っています↓



すぐ背面に軍用地境界標が
1本残っています↓



柏公園から柏駅に向かって歩き
本拠に帰還しました↓



ここは、以前から詳細が判らず
探訪しなかったのですが
今回、軍用地境界標の残存を
確認することが出来ました。


もっと、早くに行動していれば・・・


【収録遺構】
 柏陸軍墓地

  門柱 1箇所
  軍用地境界標 4本

【探訪情報】
 2018.04.29  第1回探訪 

 歩数(指数) 約3,000歩(100)


明日は、先日に電子化した
海軍艦政本部の地下壕の
内部図に誤りがあったことが
発覚したので、内示形式での
ブログ更新とさせてください。


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


せっかくの日曜日が
雨で台無しですね・・・

ここのところ、天気が悪いので
気分が上がらないですね~。

明日は大好きな「仕事」なので、
支障をきたさないようにするために
現在は酒を浴びるようにして
飲んでいる状況でございます(笑)


さて・・・
本日は和泉軍團「軍報」の
第83弾といたしまして、
千葉県千葉市におかれていた
鉄道第一連隊の建物を
2つほどご紹介させてください↓




鉄道連隊は、戦地で鉄道の
敷設を行い、兵員や兵器・物資などの
輸送を担当する鉄道専門の部隊として
この前身である鉄道大隊が
1896年(明治29)に東京の市ヶ谷に
おかれていた陸軍士官学校内に
創設されたことが始まりです。

その後、中野に兵営を移設し
義和団事変や日露戦争に出征して、
鉄道の修復や砲弾の輸送などを行い
大きな実績を出したことから
「連隊」に昇格し、習志野市の津田沼に
兵営を移しますが、1908年(明治41)に
軍隊の誘致に積極的であった
現在の千葉市に応える形で、
隷下の第三大隊を除いた部隊が
椿森に移転し、兵営がおかれました。

大正時代に入ると、鉄道連隊は
さらに拡大され、2つの連隊を
抱えることとなり、椿森の部隊は
鉄道第一連隊に昇格し、その後に
発生した関東大震災では、
鉄道の復旧作業に協力をして
活躍しました。

1931年(昭和 6)の満州事変以降は
次々と中国戦線に投入され
占領した鉄道の運営や大陸を結ぶ
新たな鉄道の敷設工事に従事し
設営先で終戦を迎えました。

現在、兵営跡地のほとんどは
住宅密集地となり、当時の面影が
残っていませんが、建物の一部が
現在も住宅に活用されていたり、
千葉県の指定有形文化財として
保存されているものもあり、
わずかですが痕跡を見ることが
出来ます。



千葉市内にお邪魔しております↓


千葉駅から歩き、連隊の演習場
跡地である千葉公園を経由して
千葉経済大学に向かっていきます。


千葉経済大学内に材料廠の
機関車修理工場が残っています↓



建物は平成に入って千葉県の
有形文化財に指定されており
案内板が立てられ保存されています↓



内部は、東西へ平行に連なる
2列の煉瓦造りのアーチ形を呈す
構造が10連ずつ組まれており
この建物の主な特徴となっています↓



建物の外周部分に線路が
埋もれるようにして残っています↓



千葉経済大学を出て、今度は
椿森地区を経由して東千葉駅を
目指して歩いていきます。


千葉都市モノレールの
千葉公園駅に近い住宅地内に
炊事場として使用された建物が
残っています↓



現在は2階部分が増築されており
判りづらいですが、当時は煉瓦造りの
平屋構造であったようです↓



炊事場の北西にも古い木造の建物が
あったのですが、1947年の航空写真に
写っていないことから戦後のものと
判断しました・・・


炊事場の南東に位置する
椿森公園内に鉄道連隊の碑が
建立されています↓



【収録遺構】
 陸軍鉄道第一連隊

  建物 2棟

【探訪情報】
 2005.12.29  第1回探訪 
 2007.05.01  第2回探訪 

 歩数(指数) 約5,000歩(100)


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪