FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


9月の中旬あたりから、急に
「残業」というものに目覚めてしまい
おかげさまで、遅い帰宅が続き
ブログの更新まで手がまわらない
状態が続いております・・・


探訪シーズンに入ったら、
派手に2週間くらい休んで
必ずや恨みを晴らしてやります★


さて・・・
最近の探訪案件をまとめる時間が
全然取れていないので、
今回は和泉軍團「軍報」の
第118弾といたしまして
千葉県南房総市にある
南無谷トンネル付近に残る
防空壕を1つご紹介します↓




トンネルイキイキのマッキー先生と
南房総市の富浦町南無谷に
お邪魔しております↓



「防空壕と思われる地下壕がある」と
マッキー先生に教えていただき
早速、案内してもらいました↓



トンネルイキイキの達人を先頭に
中に入っていきます↓



入口から数メートルで左に折れ、
部屋のような空間が広がっています↓



その先は再び左に折れて
出口となっており、「コ」の字形を
描くように掘削されていました↓



隣接して、もう1つ入口があります↓



もう1つの壕は入口が広くなっています↓



内部は1本の坑道が鍵の手のように
クランクして反対側に貫通してますが
残念ながら崩落しています・・・↓



ひととおり見学したあとは
次の案件に向けて進んでいきます↓



今回はここまででございます m(_ _)m


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


仕事はそんなに忙しくないのですが
なぜか、とても忙しく感じます。


加齢による処理能力の低下ですね・・・
マルチタスクで作業が出来なくなったと
ここのところ痛感しているところです。


こりゃ、大変だっ!
もっと仕事の量を減らさなくては(笑)


さて、今回はバックナンバーである
和泉軍團「軍報」の第115弾の続編として
千葉県館山市におかれていた
洲ノ崎海軍航空隊の試射場まわりの
遺構群をご紹介させてください↓



なお、これは「後続記事」ですので
「本記事」もご覧くださいませ↓

 (115)洲ノ崎海軍航空隊
 (115_続編1)洲ノ崎海軍航空隊
 (115_続編_2洲ノ崎海軍航空隊



前回の記事に引き続き、
関係者様と館山市内に
お邪魔しております↓



航空写真で見た限りでは
当時の遺構のようです↓



さっそく、試射場に到着です↓



トンネル状の的が5つ並んで残りますが
大きいのと藪の中のため
全景を撮ることは困難です・・・↓




この横に小さな地下壕が残ります↓



用途は不明ですが、倉庫として
使われたものと推測しています↓



地下壕の内部図です↓



試射場を挟んだ向かい側にも
コンクリート製の地下壕が
残っているようですが、
悪天候のため接近を断念です・・・


試射場までの取り付け道を
間違えたことが功を奏し
もう1つ、地下壕が残っていました↓



単独壕ですが、トロッコの枕木跡が
よく残っています↓



洲ノ空の遺構群はまだまだ
残っていることが判っているので
引き続き、探訪していきますっ★


【収録遺構】
 洲ノ崎海軍航空隊

  地下施設 2箇所
  地下壕 3区画
  その他 1箇所

  その他 2箇所(今回追加)
  地下壕 2区画(今回追加)

【探訪情報】
 2006.01.29  第1回探訪
 2006.03.25  第2回探訪
 2006.06.11  第3回探訪
 2019.01.27  第4回探訪
 2019.03.04  第5回探訪

 歩数(指数) 未計測(322)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


そろそろ、8月も終わりですね。
久々に、月間の探訪実績が
「0」で終わってしまいます・・・


こんなんじゃ、いけませんっ(笑)
来月から最低でも1案件は
探訪するようなスケジュールを
立てていかないと・・・


さて、今回はバックナンバーである
和泉軍團「軍報」の第94弾の
続編として、千葉県南房総市に
おかれていた大房砲塔砲台の
防御営造物境界標群を
ご紹介させていただきます↓


なお、これは「後続記事」ですので
「本記事」もご覧くださいませ↓

 【和泉軍團】(94)大房砲塔砲台
 【和泉軍團】(94_続編1)大房砲塔砲台
 【和泉軍團】(94_続編2)大房砲塔砲台



死亡したUSBメモリーの解析を
マッキー先生にお願いするついでに
南房総市の西浜海水浴場付近に
付き合っていただきました↓



今回は砲台敷地の南東端付近から
林道を進んでいきます↓



林道から少し外れたところに
防御営造物境界標が
残っています↓



標柱は面取りされたコンクリート製で
背面に通し番号が入っています↓



滑りやすい斜面を横切るように
さらに進んでいくと、
標柱が点々と残ります↓





もう少し追ってみたかったのですが
この先が私有地内になるため
残念ながら断念しました・・・↓



【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞
 大房砲塔砲台

  砲座 2箇所
  建物 1棟
  地下施設 8箇所
  トンネル 1箇所
  観測所 1箇所
  その他 4箇所

  軍用地境界標 4本(今回追加)

【探訪情報】
 2005.01.22   第1回探訪
 2007.05.04   第2回探訪
 2007.05.20   第3回探訪
 2018.08.24   第4回探訪
 2018.08.25   第5回探訪

 歩数(指数) 5,000歩以上(410)


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑応援よろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今週に入り、大好き過ぎて
毎日が定時ダッシュ帰宅な
イキイキ仕事プロジェクトの
要員増にともなって、執務場所が
窮屈になったことで支店から
本社にお引越しとなりました。


その際に、まことに不運なことに
席替えも併せて行われて、
お互いに嫌っているバカ野郎が
お隣さんになってしまいました・・・


それからというもの、毎日が
言い争いの交戦状態で
お互いに精神をすり減らしてましたが
昨日、ぎゃふんといわせたことが
幸いして、再度の席替えが
行われることになりました。


もう、周りがこのひどい光景を
見るに堪えられないそうです(笑)


個人的には、もっとコテンパンに
してやりたかったのですが
仕方がありません・・・


さて、愚痴も上々といったところで
今回は和泉軍團「軍報」の
第117弾といたしまして
千葉県館山市に設置されていた
海軍東京湾要塞の地帯標を
2本ばかりご紹介させていただきます↓




東京湾要塞は、日本の本土に
おかれた永久要塞のうちの
1つです。

1895年(明治28)の要塞司令部の
条例によって、永久的な防御工事を
施している場所は「要塞」とされ
海軍の場合は、砲台や軍港が
「要塞地帯」とされました。

また、これに伴う法律も公布されており
軍事機密の保持のため、
要塞地帯に指定された区域内での
測量や撮影・スケッチ・土木工事などは
要塞司令部の許可がないと
出来ませんでした。

これらの防御営造物より
250間(約455メートル)以内を
特に「要塞地帯第一区」として
一般人の立入りが禁止され
衛兵が守備していました。

さらに、その距離に応じ「第二区」・
「第三区(区域)」が設定され、
これらを明確にするため
その境界部に要塞地帯標が
設置されました。

要塞地帯を定義する法律は
数度にわたって改正されましたが
最終的に防御営造物から
1,000メートル以内を第一区・
5,000メートル以内を第二区・
15,000メートル以内を第三区(区域)と
当初よりも大幅に拡大されました。

館山市については、要塞第一区に
定められた箇所があり、
要塞地帯標が残存しています。



関係者の皆様方とともに
館山市内にお邪魔しております↓



大賀地区に要塞第一区を示す
地帯標が良好な状態で残ります↓




新宿地区の内房線の線路沿いにも
要塞第一区を示す地帯標が
残っています↓




この他にも残っているものと
推測するのですが、土地勘がなく
現時点で当方が記録出来ているのは
この2本だけでございます・・・


【収録遺構】
 海軍東京湾要塞地帯(館山市)

  軍用地境界標 2本

【探訪情報】
 2005.02.06  第1回探訪
 2006.01.29  第2回探訪
 2006.03.25  第3回探訪
 2007.05.04  第4回探訪
 2019.03.03  第5回探訪

 歩数(指数) 未計測(202)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきます。


それでは、またお会いいたしましょう★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ここのところ、仕事でめった打ちにされ
ブログの更新が滞ってしまい
申し訳ありません m(_ _)m


これでも、仕事イキイキ人間達に抗い
そういう人達の弱みに付け込んで
早く帰っている方ですが、
断れない人達はもっと大変です・・・


このままいくと愚痴が上々になるので
このくらいにしておきます。。。


さて、今回は和泉軍團「軍報」の
第116弾といたしまして、
千葉県館山市に設置されていた
陸軍東京湾要塞の要塞第一区を示す
地帯標を1本だけご紹介します↓




東京湾要塞は、日本の本土におかれた
永久要塞のうちの 1つです。

1895年(明治28)の要塞司令部条例により
永久的な防御工事を施している場所は
「要塞地帯」とされ、軍事機密の
保持のため、要塞地帯に指定された
区域内での測量や撮影・スケッチ・
土木工事などは、要塞司令部の
許可がないと出来ませんでした。

また、これらの防御営造物より
250間(約455メートル)以内を
特に「要塞地帯第一区」として
一般人の立入りが禁止され、
衛兵が守備していました。

さらに、その距離に応じ「第二区」・
「第三区(区域)」が設定され、
これらを明確にするため
その境界部に要塞地帯標が
設置されました。

要塞地帯を定義する法律は
数度にわたって改正されましたが
最終的に防御営造物から
1,000メートル以内を第一区・
5,000メートル以内を第二区・
15,000メートル以内を第三区(区域)と
当初よりも大幅に拡大されました。

このうち、館山市内については
洲崎第一砲台・洲崎第二砲台の
周辺が第一区に定められており
見物地区の神社内に要塞地帯標が
1本だけ移設保存されています。



関係者の皆様方と
館山市内にお邪魔しております↓



見物地区の神社内に
要塞第一区地帯標が
保存されています↓



側面には「陸軍省」・「第五號(号)」と
刻まれています↓



背面には「昭和五年二月」と
刻まれていました↓



【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞地帯(館山市)

  軍用地境界標 1本

【探訪情報】
 2007.05.04  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


この記事を書いてて思い出しましたが
館山市のお隣に位置する
南房総市になかなかの規模の
軍事施設跡が残っていることが
判りました。

ストビューや空撮を見る限り
地上系の遺構が大半のようなので
近いうちに単騎で見てきますね。


それでは、またお会いいたしましょう★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪