FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


昨日・一昨日と日光・鬼怒川へ
温泉旅行に行き癒されましたが
今日の大好きな出勤で
全てが水の泡ですね。


そういう楽しみの蓄積が
たった1日の仕事で
おじゃんになるなんて
私にとっては害悪でしか
ないですな。


軍跡探訪と生活のために
渋々やっているだけであって
仕事でスキルアップしたいなどと
1ミクロンも思わないです(笑)


さて、今回は真己軍團「軍報」の
第76弾の続編といたしまして
鶴原山堡塁砲台の
砲座まわりの遺構群を
簡単にご紹介させてください↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (76)鶴原山堡塁砲台
 (76_続編1)鶴原山堡塁砲台



前回の記事に引き続きまして
妖怪酒隠し先生と見ていきます↓



まず、最初に見えてくるのが
左翼観測所に続く煉瓦です↓



そのまま進んでいくと
観測所でよく見る窪みが
登場します↓



さらに進むと左翼観測所です↓



その脇に立台が残ります↓



砲座方向に進んでいくと
観測所掩蔽部がありますが
草木に埋もれてガレているので
中には入りませんでした↓



さらに進んでいくと
1つ目の砲座が見えてきます↓



砲座は土を掘り込んだだけの
構造のようですが、草木に
埋もれており判りづらく
かろうじて砲座から胸墻に続く
階段がはっきりと判る程度です↓



砲座に隣接して、砲側弾薬庫が
残存しています↓



入口付近は草木と土砂に埋もれ
接近しづらいですが、内部の状態は
比較的良好のようです↓



残念ながら、入口部分の壁は
ぶち壊されています↓



同じ状況が続くので割愛しますが
隣接して砲座―砲側弾薬庫の順に
5セット続きます↓











一番奥に右翼観測所の
掩蔽部が残ります↓



道がなくなっていますが
斜面を上り左に曲がると…↓



埋もれていますが、
右翼観測所が残ります↓



隣接して立台が残りますが
こちらの方が観測所よりも
状態がいいです↓



この後は、6連掩蔽部に向け
進んでいきましたが、
時間の関係で次回の記事に
させていただきます↓



【収録遺構】
 陸軍広島湾要塞
 鶴原山堡塁砲台

  砲座 2箇所
  観測所 1箇所
  地下施設 2箇所
  その他 2箇所

  砲座 6箇所 (今回追加)
  観測所 2箇所(今回追加)
  地下施設 7箇所 (今回追加)
  その他 3箇所 (今回追加)

【探訪情報】
 2021.01.22 第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


先週、5日間かけて佐世保方面を
探訪しましたが、思い出に浸る間もなく
バカの1つ覚えみたいに仕事・仕事と
今週の平日を過ごしているところです。


こんなのが毎週5日もあるなんて
ウンザリですな(笑)


さて、ブログの更新が
開いてしまいましたが、今回は
前回に引き続き鶴原山堡塁砲台の
地区砲兵司令所まわりの遺構を
簡単にご紹介させてください↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (76)鶴原山堡塁砲台



引き続き、妖怪酒隠し先生
9センチ速射カノン砲の砲座から
斜面を上がっていきます↓



ぬかるんだ斜面を上りきると
地区砲兵司令所が見えてきます↓



境界柵の一部と思われる
石柱が1本残っています↓



さらに進んでいくと
鷹の巣高砲台でも見られた
通信所と考えられる地下施設が
展開しています↓



爆破されているようで
右側の壁がありません…↓



つきあたりが観測所です↓



見通しがあまり利かず、
状態もよくありませんが
立派な造りであることが判ります↓



ひと通り、見学した後は
今来たルートを引き返し、
24センチカノン砲が据えられた
砲座群に向かって進みます↓



【収録遺構】
 陸軍広島湾要塞
 鶴原山堡塁砲台

  砲座 2箇所
  地下施設 1箇所
  その他 1箇所

  観測所 1箇所 (今回追加)
  地下施設 1箇所 (今回追加)
  その他 1箇所 (今回追加)

【探訪情報】
 2021.01.22 第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


この記事が公開される頃には
佐世保にいると思います(笑)


来週の月曜日まで、遠征で
外に出ておりますので、
予約でブログ更新をします。


今回は真己軍團「軍報」の
第76弾といたしまして
広島県江田島市におかれた
鶴原山堡塁砲台の遺構群を
4回に分けてご紹介します↓




鶴原山堡塁砲台は、
広島湾要塞の1つで、
1900年(明治33)に竣工しました。

ここには、24センチカノン砲が6門と
9センチ速射カノン砲が
2門据え付けられて
防備につきましたが、
大正時代に廃止されました。

戦後、在日米軍岩国基地の
飛行機誘導無線搭が
建てられたようですが
その後、返還されており
現在は荒れた山林内に
遺構が残る状態となっています。



呉・江田島の勇、妖怪酒隠し先生
ご案内で見ていきます↓



まずは9センチ速射カノン砲関連の
遺構に向けて歩いていきます↓



荒廃した道を進んでいくと…↓



草木に埋もれた砲側弾薬庫が
見えてきます↓



扉や窓部分が破壊されており
状態はよくないです…↓



規模は小さいですね↓



天井に通風口が設けられています↓



この砲側弾薬庫を挟むかたちで
9センチ速射カノン砲の砲座が
展開しており、向かって左側は
草木に埋もれて状態が悪いです↓



手前に石造りの階段が
丁寧に造られているのですが
砲座そのものは土を抉っただけの
構造のようです↓



向かって右側の砲座も
土で区画されただけのようで
草木に埋もれ状態は悪いです↓



砲座手前に設けられた
階段や通路は石で丁寧に
造られており状態はよかったです↓




続いて、地区砲兵司令所に
進んでいきましたが、
次回の記事にさせてください↓



【収録遺構】
 陸軍広島湾要塞
 鶴原山堡塁砲台

  砲座 2箇所
  地下施設 1箇所
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2021.01.22 第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


首都圏1都3県の緊急事態宣言の
延長が検討されており、
我が仕事イキイキ会社も方針が
二転三転していましたが
特段のことがない限り、今月末まで
在宅勤務となりました。


一生、在宅勤務でいいと
常々言っているんですが、
都合が悪いと耳が遠くなるようで
聞こえないふりされてます(笑)


そういう私も、定時過ぎたら
耳が遠くなるので、会社回線を
即切りしてるからお互い様ですかね。


さて、今回は真己軍團「軍報」の
第75弾の続編といたしまして
広島県江田島市におかれた
三高山堡塁砲台の
臼砲と速射加農砲に関連する
遺構群をご紹介していきます↓


なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (75)三高山堡塁砲台
 (75_続編1)三高山堡塁砲台



前回の記事に引き続き、
妖怪酒隠し先生と一緒に
今回は臼砲と速射加農砲が
据え付けられた砲座まわりを
見ていきます↓



28センチ榴弾砲の砲座群とは
反対側になる南側に進みます↓



さっそく、塁道が見えてきました↓



少し進んでいくと
トイレ跡が残っています↓



さらに進んでいくと
掩蔽部が1つ残っています↓



内部はこんな感じです↓




掩蔽部脇の階段を上がり
さらに進んでいきます↓



1つ目の砲側弾薬庫が
展開しています↓



内部は小さく、丸みを帯びた
構造で通風口が設けられています↓



砲側庫を正面に見て
右方向に1つ目の砲座が
展開しています↓



砲座に隣接して2つ目の
砲側弾薬庫が残っています↓



内部は1つ目のものと
同じ造りのようです↓




状態があまりよくないですが
隣接して2つ目の砲座が
展開しています↓



砲座群を取り囲むようにして
外周部分にも塁道がはしり
堡塁感を存分に味わえます↓



塁道から外れて、さらに
南へ進んでいくと海軍の標柱を
1本見ることが出来ましたが
江田島さんとも長い付き合いに
なりそうですので、この先は
機会を改めて見ていきます↓



時間が少々圧しているので
次の案件に向かいます↓



【収録遺構】
 陸軍広島湾要塞
 三高山堡塁砲台

  砲座 3箇所
  観測所 2箇所
  地下施設 10箇所
  建物 1棟
  建物基礎 3箇所
  軍用地境界塀 1区画
  その他 11箇所

  砲座 2箇所 (今回追加)
  地下施設 3箇所 (今回追加)
  建物基礎 1箇所 (今回追加)
  その他 2箇所 (今回追加)

【探訪情報】
 2021.01.22 第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほど我々のホームページ内でも
ご紹介させていただきますね。


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今週は祝日が飛び石で入り
平日が1日少ないはずですが
時間の経過がとても遅いです…


仕事をおざなりにするつもりは
ありませんが、私にとっては
手段であり、1ミクロンも生き甲斐に
感じませんので、平日なんか
さっさと過ぎて欲しいものです。


さて、今回は真己軍團「軍報」の
第75弾の続編といたしまして
広島県江田島市におかれた
三高山堡塁砲台の兵舎地区を
ご紹介させていただきます↓



なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (75)三高山堡塁砲台



前回の記事に引き続き、
妖怪酒隠し先生と一緒に
今回は兵舎付近を
見学していきます↓



砲座から階段を下りていくと
最初に煉瓦の塀が見えます↓



そのまま見晴らし台方面に
進んでいくと掩蔽部が2つ
展開しています↓



内部の状態は良好で
最奥で連絡通路が設けられ
接続されています↓





2連掩蔽部の向かい側に
トイレ跡と思われる
基礎部分が残っており、
周囲に転落防止用の柵が
設けられています↓



2連掩蔽部に隣接して
貯水所が展開しています↓



中を覗くと、現在も
水が蓄えられていました↓



貯水所に隣接して
烹炊所跡が残っています↓



その隣に立派な石造りの
兵舎が展開しています↓



内部の状態はとてもいいです↓



窓と屋根は戦後のものですが
当時をよく再現しています↓



お日柄がよく(笑)、展望台からは
残念ながら何も見れません…↓



今度は臼砲と速射加農砲の
砲座群を見るために
駐車場方面に戻っていくと…↓



ここにもトイレ跡とおぼしき
基礎部分が残っていました↓



隣接して水場の遺構が
埋もれるように残ります↓



この軍道沿いにも石柱列を
見ることが出来ました↓



次回は臼砲と速射加農砲関連の
遺構を見ていきます↓



【収録遺構】
 陸軍広島湾要塞
 三高山堡塁砲台

  砲座 3箇所
  観測所 2箇所
  地下施設 6箇所
  その他 9箇所

  建物 1棟 (今回追加)
  地下施設 2箇所 (今回追加)
  建物基礎 3箇所 (今回追加)
  軍用地境界塀 1区画 (今回追加)
  その他 2箇所 (今回追加)

【探訪情報】
 2021.01.22 第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほど我々のホームページ内でも
ご紹介させていただきますね。


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪