戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

皆様、暑い中お疲れ様でございます。

7月も今日で終わりですね・・・
廃車留置から1か月経ちますが
時間が過ぎていくのが早い気がします。
休車期間中もダラダラしてなかったから
そういう気分にさせるのかもしれません(笑)


さてさて、本日は早い時間から
ブログの更新でございます m(_ _)m


今回は和泉軍團「軍報」の第54弾として
群馬県高崎市におかれていた
熊谷陸軍飛行学校前橋分教所の
遺構をご紹介させてくださいませ↓




熊谷陸軍飛行学校は、
下士官や少年飛行兵達に対し
飛行機の操縦方法や技術などを
教育する目的で1935年(昭和10)に
埼玉県熊谷市に開設された
教育機関で、戦局に沿って飛行兵を
拡充する必要が出てきたため
1944年(昭和19)に宇都宮陸軍飛行学校の
前橋教育隊からの改編によって
現在の高崎市に分教所が
設置されました。

1945年(昭和20)に入ると、
太平洋戦争での戦局悪化で
分教所は閉鎖され、特別攻撃隊の
訓練基地として終戦まで施設が
使用されました。

現在、跡地は住宅地や畑地に
なっていますが、当時の建物の
基礎部分がわずかに残ります。



今回もおピンちゃん先生
高崎市内に入りました↓


とにかく、暑いです(大汗)


暑すぎて、とても歩けないので
タクシーを使って周辺まで行きます↓



住宅地内に、当時の建物跡が
3箇所残っていました↓





住宅地を少しはずれると
のどかな風景が拡がっており、
本来であれば、気持ちが
落ち着くはずなのですが・・・↓


いやぁ、あまりの暑さにKO寸前まで
追い込まれました(笑)


【収録遺構】
 熊谷陸軍飛行学校
 前橋分教所

  建物基礎 3箇所

【探訪情報】
 2017.07.07  第1回探訪

 歩数(指数) 3,898歩(100)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


明日は月跨りとなりますので
「ホームページ関連」での
ブログ更新とさせてください m(_ _)m


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

関東地方は、どんより雲で嫌な感じです。
梅雨明けしたんじゃなかったっけ?


ここのところ、三等兵は
7月からの遠征のまとめや、
我々のホームページの制作や、
期間内にいただいたメールの返信や、
次週の遠征の探訪作戦を練ったり・・・と
私が好き過ぎた「仕事」ばりに
忙しい日々を過ごしておりまして
おかげさまで「リア充」ですよ(笑)


今を大事にしなければ・・・


そんな中ではございますが、
本日は久々の美恵軍團「軍報」の
第47弾といたしまして、
現在は静岡県浜松市に編入されている
二俣町役場の防空壕を
簡単にご紹介させてくださいませ↓




二俣町は静岡県磐田郡におかれていた町で
1889年(明治22)の町村制の施行によって
発足し、木造 2階建てのモダンな町役場が
1936年(昭和11)に建設されました。

戦後、二俣町は天竜市を経て
浜松市に編入され廃止されていますが
太平洋戦争中の防空対策で掘削された
防空壕が残存しており、入口部分を
見ることが出来ます。

また、町役場の建物も登録文化財に
指定され、現在は地元出身の
本田宗一郎氏を顕彰する
本田宗一郎ものづくり伝承館
使われています。



おピンちゃん先生とともに
浜松北部の西鹿島駅に到着です↓



今回は「廃墟日常記録帳」のオーナー兼
東海地方探訪の権威である
空母欲奈先生ブログを参考に
進んでいきますっ★


本田宗一郎ものづくり伝承館です↓


これが旧二俣町役場の建物で
現在は国の登録有形文化財に
指定されています。


町役場の背面にあたる山に
防空壕の入口が残っています↓



残念ながら入口は封鎖されており
内部には入れませんが、
施錠されているところをみると
一般公開する機会があるのかな・・・↓



【収録遺構】
 二俣町役場防空壕

  地下壕 1区画

【探訪情報】
 2017.07.27  第1回探訪

 歩数(指数) 185歩(100)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、土曜日をいかがお過ごしですか。

三等兵は、暑い中の遠征で傷んだ髪を
修復するべく美容院へ行ってきます(笑)


さてさて、本日は真己軍團「軍報」の
第22弾といたしまして、
岡山県岡山市におかれていた
呉海軍軍需部岡山作業所の遺構を
1つだけご紹介させてくださいませ↓




岡山作業所は、広島県呉市におかれた
呉海軍軍需部の設備拡張のため
主に軍衣などの生産を目的として
1941年(昭和16)に開設されました。

翌年の1942年(昭和17)に入り、
軍服や保存食を製造した
第二衣糧廠が兵庫県の姫路市内に
開設されると、その分廠に改称され
終戦まで存続しました。

現在、敷地跡は県立岡山工業高校と
なっており、わずかに当時の建物が
1つ残っています。



おピンちゃん先生にしがみついてきた
ウィー太郎君と岡山市内に来ております↓



今回、岡山市内に初上陸ですので
市内を少し観光します↓



岡山市内のレンタサイクルであり
祐実総軍「奥義」の 1つでもある
「ももちゃり」で市内を駆け回ります(笑)↓



岡山工業高校内に当時の建物が
1つだけ残っています↓



【収録遺構】
 呉海軍軍需部岡山作業所
 (姫路第二海軍衣糧廠
  岡山分廠)

  建物 1棟

【探訪情報】
 2017.07.11  第1回探訪

 歩数(指数) 自転車のためなし(100)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、プレミアムフライデーを
いかがお過ごしでしょうか。

東京駅で1献やっちまったもんで
更新が遅くなってしまいましたが
本日の探訪を雑記形式で
振り返っていきます(笑)


金山の宿泊先から春日井に移動です↓


今回は、懇意にさせていただいている
わが町守山区のかとう先生の
ご案内の下、おピンちゃん先生
春日井・小牧・名古屋の
軍跡をめぐっていきます。


名古屋陸軍造兵廠鳥居松製造所の
遺構です↓




2枚目の建物は「推測」ですが、
クロのはずですっ!


名古屋陸軍造兵廠鳥居松製造所の
軍用線の門柱です↓



名古屋陸軍造兵廠鷹来製造所の
軍用線の遺構群です↓





名古屋陸軍造兵廠鷹来製造所の
遺構群です↓








名古屋陸軍幼年学校の遺構群です↓




小牧陸軍飛行場の軍用線跡です↓



龍泉寺高射砲陣地の遺構群です↓





名古屋陸軍兵器支廠守山分廠の
遺構群です↓




歩兵第三十三連隊の専用水道の
軍用地境界標です(抜粋)↓



残念ですが、ここらで本拠に帰還です↓



東京に戻ってきました(涙)↓



ビールが飲みたくなっちゃって・・・(笑)↓



探訪のほかにも色々と収穫が
ありました~!


後日、「軍報」形式で
詳細をご紹介させてください。


かとう先生、色々とお世話になりましたっ!
この場をお借りして御礼申し上げます m(_ _)m


本日も、要領のえない
雑記でごめんなさいm(__)m


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、おはようございますZzz

今日から2日間かけて、
美恵軍團管轄の遺構探訪を
してまいります(^_^ゞ

寝不足ですが、はりきって行きます↓
20170727070157c37.jpg


今月2回目の新幹線です(笑)↓
201707270701583f9.jpg

浜松に到着です↓
20170727163404cc9.jpg


豊橋工兵隊の架橋演習用の錨と
中野学校二俣分校の標柱です↓
20170727163408497.jpg


二俣村役場の防空壕です↓
201707271634056ca.jpg


半田山のトーチカです↓
20170727163935035.jpg


三方原の掩体です↓
20170727173841b4f.jpg


飛行学校の門柱かな・・・↓
20170727173846dd5.jpg


飛行第七連隊の遺構です↓
20170727173844ef0.jpg
20170727173844908.jpg


第一航測連隊の排水路です↓
20170727174521050.jpg
20170727174522706.jpg


陸軍病院の遺構です↓
20170727174935bd6.jpg
201707271749354b2.jpg
20170727174939850.jpg


陸軍墓地の遺構です↓
20170727175211575.jpg
2017072717521115a.jpg
20170727175209f79.jpg
20170727175207e64.jpg
20170727175206f96.jpg


歩兵連隊の遺構です(抜粋)↓
20170727175949a4e.jpg
20170727175947853.jpg
201707271759465e2.jpg
2017072717594592d.jpg
20170727175943167.jpg


憲兵分隊の軍用地境界標です↓
201707271804387e8.jpg


浜松から三河安城に移動です↓
20170727215858bce.jpg


依佐美送信所の遺構です↓
20170727215902bfd.jpg
2017072721590190e.jpg

途中、忘れ物のハプニングがあって
再び浜松まで新幹線で戻るといった
アクシデントがありましたが、
名古屋の宿泊先に入りました↓
20170727220827add.jpg


今日のご褒美です(笑)↓
20170727220830e0e.jpg


いつもながら、要領のえない
雑記でごめんなさいm(__)m


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今日の関東地方は朝から豪雨で
気が滅入りますね~。

明日から遠征するのですが、
大丈夫かな・・・


さて、昨日に引き続き
珠美軍團「軍報」の
第11弾といたしまして、
新潟県上越市におかれていた
陸軍第十三師団の遺構を
ご紹介させてくださいませ↓




陸軍第十三師団は、
日露戦争の開戦によって
新設された4師団の1つで、
1905年(明治38)に現在の上越市で
編制され、高田城跡に司令部が
設置されました。

日露戦争後、第十三師団は
朝鮮半島内の警備を経て、
シベリア出兵に参加しますが、
大正末期の軍縮で師団そのものが
廃止となりました。

その後、日中戦争が勃発すると
師団は復活して中国戦線での
さまざまな作戦に参戦し、
出征先で終戦となりました。

現在、師団の跡地は
高田公園となっていますが
わずかに当時の遺構が
残っています。



福山・岡山探訪の帰りに暴走し
福井・金沢・富山と経て
上越妙高駅に到着です↓


残念ながら、この地も
滞在時間が2時間とタイトなので
ここから高田公園まで
頸城ハイヤーの力を借ります。


高田公園周辺にやってきました↓



公園内に正門が残ります↓



案内板です↓



昼食を挟んで、今度は移設された
師団長官舎を見に行きます↓



門柱です↓



庭園内には、併せて移設された
灯篭群が4つおかれています(抜粋)↓




移設された師団長官舎です↓




長官舎の設計に携わった
当時の師団長である
長岡外史中将の銅像が
おかれていました↓



案内板も設置されています↓



師団長官舎は、建物の中も
見学出来るのですが、
新幹線の時間まで30分を
切ってしまっているので
今回は断念します・・・


大急ぎで高田駅まで歩き、
何とか電車に間に合いました↓



【収録遺構】
 陸軍第十三師団
 師団司令部

  門柱 2箇所
  建物 1棟
  その他 4箇所

【探訪情報】
 2017.07.13  第1回探訪

 歩数(指数) 3,482歩(100)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


明日から2日間は美恵軍團管轄の
遺構探訪に出かけますので
その間は「雑記」形式での
ブログ更新となります m(_ _)m


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

お暑い中、日々のご精勤、
誠にお疲れ様でございます。
お盆休みまで、あと少しです!

我々のホームページの制作を
「仕事」に見立てるのであれば
当方も負けてはおりません(笑)
月の労働時間数で仕事の「濃淡」を
決めるような「素敵」な企業からは
多分、表彰されるでしょうね。
(既に200時間は余裕で超えてます)

A:俺なんかさ、まだ1日しか休めてないよ~
B:俺も負けてねえよ。3日連続で
  家に帰れてないからさ~
C:いやいや、俺の方がもっとすげーよ。
  もはや職場が「家」だからさ~(エッヘン)

アホかっ!くだらねえ。


こういうことを「是」と考えさせるような
人間育成をしている「素敵」な企業は
改めた方がいいと思います。

ん?
廃車になった人間が言うなって?
おっしゃる通りですわ~(笑)


そういうわけでございまして・・・
本日は珠美軍團「軍報」の
第10弾といたしまして
富山県富山市におかれていた
陸軍墓地をご紹介させてくださいませ↓
DSC_0310_20170725112552fc7.jpg



富山陸軍埋葬地は、富山市内に
展開した部隊の戦没者や戦病没者の
墓地です。

墓地面積は 1,445坪といわれており、
ここには太平洋戦争の終戦までに
28,748の御霊様が合祀されています。

現在、敷地は市営長岡墓地に
なっていますが、忠霊塔と合葬碑などが
丁寧に残されています。



おピンちゃん先生とともに
富山駅に到着しました↓



富山の中心街は路面電車が
発達しており便利そうです↓


残念ながら、行程の都合で
1時間しか滞在できないので
タクシーのお世話になり
長岡墓地へ向かっていきます。

また、今回はkan先生ブログ
参考にさせていただきまして
お参りしていきます。


長岡墓地周辺に到着です↓



入口部分に軍用地境界標が残ります↓



当時の門柱と思われます↓



少し進むと陸軍徽章が入った
手水鉢がありました↓



1941年(昭和16)に建立された
忠霊塔です↓


手を合わせて拝礼をします・・・


忠霊塔の横には合葬墓碑が
3つ並んで建立されています↓



周辺に灯篭もあります(抜粋)↓



次の新幹線の出発20分前に
富山駅に戻ってきたので
富山地鉄の車両も撮影しようかと
思ったのですが、東急車ばかりで
諦めました(笑)


【収録遺構】
 富山陸軍埋葬地
 (富山陸軍墓地)

  門柱 1箇所
  軍用地境界標 1本
  その他 7箇所

【探訪情報】
 2017.07.13  第1回探訪

 歩数(指数) 213歩(92)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


残念ながら、明日予定していた
横須賀探訪は、当方で不手際があり
見学の予約が取れなかったことで
キャンセルとなってしまいました(無念)

「平日に行くんだから」と
タカをくくっていた天罰ですね・・・
直前に予約しようとしたら
「今シーズンは終了しました」と。。。
冬季まで持ち越しです(涙)

よこすか海軍カレーの元祖である
魚藍亭のよこすか海軍カレー館は
8月いっぱいで終わっちゃうので
何とかそれまでに別案件で
リスケしたいと思っていますっ★


さてさて、本日は我々の
ホームページを若干量で
更新いたしましたので
更新内容を掲載することで
ブログの更新とさせてくださいませ。



今回の追加分は以下となります↓
(カッコ内は掲載遺構の数です)

 ※アンカーをクリックすると、
  それぞれ別ウィンドウで表示され
  音楽が流れますので、一度に全てを
  開かないようにご注意を!


広島県広島市
 広島陸軍糧秣支廠(4)
 陸軍運輸部宇品本部(14)

広島県福山市
 陸軍第十七師団
 歩兵第四十一連隊
(2)
 福山陸軍病院(3)
 福山陸軍墓地(5)

大阪府堺市
 陸軍第四師団
 騎兵第四連隊
(1)
 陸軍第四師団
 金岡演習場
(1)
 陸軍第四師団
 輜重兵第四大隊
(12)
  (うち盡忠報國先生写真提供:3)

滋賀県高島市
 陸軍第四師団
 饗庭野演習場
(6)

福井県敦賀市
 陸軍第九師団
 歩兵第十九連隊
(5)
 敦賀陸軍墓地(9)



祐実総軍プロジェクトの体制は
以下で構成されており、
掲載している各都道府県内の
いわゆる「戦争遺跡」が、
拙ブログ・ホームページのシナリオ上、
どこの「軍團」の探訪案件となるのか
簡単にご認識いただければ幸いです↓

 祐実総軍プロジェクト (総大将:平野祐実―YUM)
  |
  ┣ 莉央軍團 (大将:簑島莉央―7RI)
  |  ┗ 北海道(南部)
  |
  ┣ 由香里軍團 (大将:寺島由香里―8YR)
  |  ┣ 青森県・岩手県・秋田県
  |  ┗ 宮城県・山形県・福島県
  |
  ┣ 祐実軍團 (大将:平野祐実―1YM)
  |  ┗ 東京都・神奈川県・埼玉県
  |
  ┣ 和泉軍團 (大将:海老名和泉―4IZ)
  |  ┣ 千葉県・茨城県
  |  ┗ 栃木県・群馬県
  |
  ┣ 美恵軍團 (大将:酒井美恵―3ME)
  |  ┣ 愛知県・三重県・岐阜県
  |  ┗ 静岡県・長野県・山梨県
  |
  ┣ 珠美軍團 (大将:落合珠美―6TM)
  |  ┣ 石川県・福井県
  |  ┗ 新潟県・富山県
  |
  ┣ 阪奈軍團 (大将:石切阪奈―2HN)
  |  ┣ 大阪府・兵庫県・京都府
  |  ┗ 滋賀県・奈良県・和歌山県
  |
  ┣ 真己軍團 (大将:福田真己―5MK)
  |  ┣ 広島県・岡山県・島根県
  |  ┗ 山口県・鳥取県
  |
  ┗ 那瑠絵軍團 (大将:稲益那瑠絵―9NR)
      ┣ 福岡県・大分県
      ┗ 長崎県・佐賀県


次回のホームページ更新は
8月の第1週を目途に行います。
おそらく、次回の更新で
北海道(函館市)のページと、
福岡県(北九州市)の詳細を伴うページを
開示出来るかな・・・と思ってますので
引き続き、ご期待いただければ
幸いですっ★


【本日の写真】
神奈川県横須賀市に掘削された
横須賀海軍軍需部久里浜倉庫の
地下壕↓


鎌倉市内の寺社でホエホエしている
ヘボ太郎(笑)↓


福井鉄道で元気に活躍する
元名鉄の車両↓




それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、日曜日をいかがお過ごしでしょうか。

三等兵は、今週に予定している
遠征の準備を進めているところです。


さて、本日も前回に引き続きとなりますが
真己軍團「軍報」の第21弾といたしまして
広島県福山市におかれていた
福山陸軍埋葬地の遺構を
簡単にご紹介させてくださいませ↓




福山陸軍埋葬地は、福山市内に
展開した部隊の戦没者や戦病没者の
墓地として、1908年(明治41)に
造成が開始され、敷地は終戦まで
存続しました。

現在は民間の墓地となっていますが、
もともと陸軍の墓地として
使用されなかった話もあり、
詳細は判っていません・・・

経緯は不明ですが、敷地外周に
軍用地境界標や墓標群の基礎と
思われる遺構が残っているため
墓地建設のための用地取得や
造成は行われたと考えられます。



前回に引き続き、福山市内に
お邪魔をしております↓



アジサイを見ながら
山を上っていきます↓
DSC_0036.jpg


墓標の基礎部分と思われる
遺構が2つ残ります↓




軍用地境界標が周辺に残ります↓





入口部分に案内板も
設けられていました↓



日頃からお世話になっている
盡忠報國先生大日本者神國也によると
このほかにコンクリート製の
軍用地境界標も残っているようです。

三等兵も現認したく藪に突入しましたが・・・

 木の根につまずき滑落しそうになる(士気-10)
 大量のヤブ蚊の襲来(士気-15)
 ふと見た青葉の裏側に大量の毛虫(士気-70) 

残念ながら潰走しました~(涙)
やはり、夏場の探訪は厳しいですね・・・


【収録遺構】
 福山陸軍埋葬地
 (福山陸軍墓地)

  軍用地境界標 3本
  その他 2箇所

【探訪情報】
 2017.07.10  第1回探訪

 歩数(指数) 1,820歩(76)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


明日はホームページ関係で
ブログを更新させていただきます。


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、土曜日をいかがお過ごしでしょうか。


三等兵は、短パン・サンダル・サングラスで
ザギンに出かけてまいりました(笑)


銀座に全く似合わない格好だったので
相方には「大不評」でしたが・・・(笑)

だって、暑いんだもん・・・(大汗)


さて・・・
本日は、昨日に引き続きまして
真己軍團「軍報」の第20弾として
広島県福山市におかれていた
福山陸軍病院の遺構を
ご紹介させてくださいませ↓




福山衛戍病院は、
第十七師団に所属が
変更された歩兵第四十一連隊が
福山市内に移駐したことで
1907年(明治40)に開院し、
太平洋戦争の終戦まで
機能が存続していました。

終戦後、病院は現在の厚生労働省に
移管されて国立病院となりましたが、
現在は移転しておりJA福山市が
敷地を引き継いでいます。

残念ながら、当時の建物群は
消失していますが、石垣や
福山医療センター内に移設された
門柱がわずかに残っています。



引き続き、福山市内にお邪魔中です↓



JA福山市の敷地外周部分に
石垣が2区画残っています↓




敷地内には記念碑が
おかれていました↓



本当は、この撮影をもって
別案件の探訪に移ろうとしてましたが
日頃からお世話になっている
盡忠報國先生大日本者神國也によると
当時の門柱が福山医療センターに
移設されているとのことで
ここから歩いて向かいますっ!


おおっ、ありました↓



【収録遺構】
 福山陸軍衛戍病院
 (福山陸軍病院)

  門柱 1箇所
  その他 2区画

【探訪情報】
 2017.07.10  第1回探訪

 歩数(指数) 3,329歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますっ★


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる