戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 22 23:44:33

【和泉軍團】(8)陸軍東京湾要塞見物砲塔砲台

皆様、連休をいかがお過ごしでしょうか。

三等兵は、連休の全てを調査以外の催しに
費やしました(笑)

こういう過ごし方は戦争遺跡を調べ始めて
初めてのことかもしれません。。。

今度の週末は遠征予定ですが
まだ目的地を決めておりません(汗)
どこにしようか。。。


さてさて、本日は和泉軍團「軍報」の
第8弾といたしまして、
千葉県館山市におかれていた
陸軍東京湾要塞の見物砲塔砲台の
遺構をご紹介させてくださいませ。


見物砲塔砲台は、東京湾要塞の 1つで
1932年(昭和 7)に竣工しました。

ここには、軍艦生駒の主砲であった
45口径40cm2門入砲塔を、
横須賀海軍工廠で陸上用に
改修したものが1基据えつけられて
戦闘配備につきました。

なお、砲の最大射程は26kmという
広い射程をもっていました。

また、砲塔砲台の西方に位置している
坊の山に観測所を設けて
八八式電気式海岸射撃具が設置され
砲塔砲台と共に終戦まで存続しました。

終戦後、砲塔部は破壊された状態で
放置されていましたが、砲台の跡地を
ポピーランドという分譲地に転用する
整地工事が始まり、探訪時は
ギリギリのタイミングで地下施設の
内部を見ることが出来ましたが、
現在は埋め戻されているものと
思われます。

また、この他に現存する遺構として
門柱や地下施設の一部分と通風口・
観測所の一部分があり見学が
可能です。さらに、観測所が設置された
坊の山への登山道沿いにも
防御営造物境界標がいくつか
見ることが出来ます。


館山市の波左間海岸にきましたっ↓



砲座の一部です↓


後日談となりますが、現地をよく知る
関係者の方から、砲座部分は
土地を所有する方が整備をして
保存されているとの話を聞きました★

2006年以降、探訪していませんが
現在は整備された砲座が
見られるものと思われますっ♪


これは砲座関連の遺構であると
思われますが詳細不明でした↓



砲塔砲台の地下施設入口です↓



地下施設の内部です↓


内部は折れそうな材木で補強しており
非常に危険な状態でした。。。


坊の山にある観測所の一部です↓



観測所に向かう山道沿いには
防御営造物境界標が
点在しています(抜粋)↓




【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞見物砲塔砲台
 (陸軍東京湾要塞洲崎第一砲台)

  砲座 1箇所
  地下施設 1箇所
  観測所 1箇所
  軍用地境界標 6本
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2006.03.25  第1回探訪
 2006.12.02  第2回探訪

 歩数(指数) 約25,000歩(322)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、よい連休をっ★
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム