戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

ARTICLE PAGE

【祐実軍團】(35)横須賀海軍航空隊(横須賀市)

皆様、金曜日をいかがお過ごしでしょうか。
関東地方の朝は大荒れでしたね~

さてさて、本日は祐実軍團「軍報」の
第35弾といたしまして、
神奈川県横須賀市におかれていた
横須賀海軍航空隊の遺構を
ご紹介させてくださいませ。
 (横浜市にも跨がっているので
 今回は横須賀市として掲載します)


横須賀海軍航空隊は、海軍最初の
航空隊として1916年(大正 5)に
開設されました。

第一次世界大戦以降、世界では
飛行機が兵器として活躍を始め、
海軍も航空兵力の増強を目指す
第一歩として設置した背景があります。

航空隊が使用する飛行場の
建設にあたり、追浜一帯の海面を
埋め立てたため、孤島だったのに
陸続きとなってしまった箇所もあります。

昭和に入ると航空兵力の拡大が
本格化し、少年航空兵の起用が
始まります。1930年(昭和 5)に起用された
少年航空兵の教育養成機関として、
航空隊内に予科練部が設置され、
少年兵に対し操縦や偵察などの教育が
施されました。また、航空隊の隣に
横須賀海軍航空廠が設立されると
連携を取るようになって、試作された
航空機の飛行試験は追浜飛行場の
滑走路を使い実施されました。

また、アジア・太平洋戦争の末期は、
アメリカ軍が計画した上陸作戦に備え
相模湾に近い長井地区に飛行場が
新たに建設され、特攻部隊の
拠点となりましたが、ほとんど使われず
終戦となりました。

現在、航空隊の跡地は日産自動車の
工場や長井海の手公園などになって
整地されていますが、地下壕を中心とする
遺構が残存しています。


横須賀市の夏島周辺にきました↓


当時の格納庫です↓


これまで三等兵が見てきた中で
「最強クラス」といえる
航空機の地下格納壕です↓


内部の様子です↓


内部図です↓
 ※2016.06.26 ホームページに掲載したため
  内部図を削除しましたっ★


地下格納壕に隣接して地下壕が
いくつか残っていますっ♪


倉庫壕です↓


内部図です↓
 ※2016.06.26 ホームページに掲載したため
  内部図を削除しましたっ★



クレーン壕です↓


内部の様子です↓


内部図です↓
 ※2016.06.26 ホームページに掲載したため
  内部図を削除しましたっ★



この付近には当時の建物に関連する
遺構もいくつか残っています。


貯水槽です↓


建物基礎です↓


これも関連遺構でしょう↓



隣接して、もう1つ地下壕が
展開しています↓


内部図です↓
 ※2016.06.26 ホームページに掲載したため
  内部図を削除しましたっ★


地下格納壕の上部にも、居住区とされる
遺構が残っています。

まずはトイレ跡です↓


地下壕です↓


内部図です↓
 ※2016.06.26 ホームページに掲載したため
  内部図を削除しましたっ★


夏島の頂上にも、当時の
哨戒塔が2箇所残っています。

1つ目です↓


もう1つは木製であるため残骸しか
残っていません・・・↓



夏島の頂上付近は、航空隊の他に
陸軍東京湾要塞の夏島砲台・電灯所や
横須賀海軍警備隊の夏島防空砲台の
遺構も残っていますが、別掲載としますね★


次は、長井地区へ向かいます。
残念ながら、地上遺構は
消失しているようですが、
関連する地下壕が2つ残っています。

1つ目の地下壕です↓

※写真を消失したため、OKN先生から
 提供していただきましたっ★

内部図です↓
 ※2016.06.26 ホームページに掲載したため
  内部図を削除しましたっ★


2つ目の地下壕です↓

※写真を消失したため、OKN先生から
 提供していただきましたっ★

内部図です↓
 ※2016.06.26 ホームページに掲載したため
  内部図を削除しましたっ★


【収録遺構】
 横須賀海軍航空隊

  建物 1棟
  建物基礎 2箇所
  地下壕 7箇所
  その他 4箇所

【探訪情報】
 2004.10.23 第1回探訪
 2005.05.01 第2回探訪
 探訪回数が多いので途中省略
 2006.01.30 第6回探訪
 2006.02.11 第7回探訪
 2006.02.25 第8回探訪
 2006.03.21 第9回探訪
 探訪回数が多いので途中省略
 2007.02.04 第13回探訪
 2007.02.10 第14回探訪
 探訪回数が多いので途中省略
 2014.05.05 第19回探訪
 2014.05.17 第20回探訪 

 歩数(指数) 150,000歩以上(999)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★
ご期待いただければ幸いですっ!


それでは、おやすみなさいっ★
←応援してくださいっ♪

0 Comments

Post a comment