FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

2019 11 20:10:47

【阪奈軍團】(140_続編)陸軍舞鶴要塞金岬砲台

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


お盆休み期間に入った方も多いと
推察いたしますが、残念ながら
当方は3連休明け早々に
通常勤務に戻ります・・・


他の仕事イキイキ連中にあわせて
もっと夏休みを取りたかったのですが
当方は職場に人がいない時に頑張り
人がいる時に手を抜くタイプですので(笑)


まあ、今のうちに頑張って
去年のようにドカーンと休みを取り
次回のシーズンの遠征に備えようと
考えているところです。


さてさて、今回は阪奈軍團「軍報」の
第140弾の続編といたしまして
京都府舞鶴市におかれていた
金岬砲台の遺構群をご紹介します↓



なお、これは「後続記事」ですので
「本記事」もご覧くださいませ↓

 (140)陸軍舞鶴要塞金岬砲台



前回に引き続き、軍跡探訪ガチ勢の
皆様方と舞鶴市内の山中に
お邪魔しております↓



炊事場や貯水所などが残る
付属施設跡の先を進み、
掘平地の最奥までに行くと
15センチカノン砲を据え付けた
砲座が見えてきます↓



残念ながら草木に埋もれており
全景が判りづらいですね・・・↓



来た道を引き返すように進むと
砲側弾薬庫が残っています↓



砲側弾薬庫の内部です↓



さらに戻るように進んでいくと
高台に観測所跡が残ります↓



その横に砲台長立台が
良好な状態で残ります↓



観測所から少し下ると
付属施設であると考えられる
掩蔽部が2つ残ります↓



2つの掩蔽部は繋がっておらず
観測所に向けて伝声管が
残っていました。


さらに進んでいくと
21センチカノン砲を据え付けた
砲座が4つ残っています↓






1つ目と2つ目の砲座間には
砲台長立台が残ります↓



砲座の背面下付近に、
4つの砲座に挟まれるようにして
砲側弾薬庫が展開しています↓





砲側弾薬庫の内部は
3つとも同じ構造でした↓




さらに戻るように進んでいき
4つ目の砲座を過ぎたところに
見張所と考えられる遺構が残ります↓



すぐ脇には、舞鶴要塞をあらわす
「舞要」と刻まれた標柱が
残っていました↓



用途は判っていませんが
非常に珍しいものだと思います。


さらに戻っていくと
15センチカノン砲を据え付けた
2つ目の砲座が良好な状態で
残っています↓



砲座の背面部分に
砲側弾薬庫が残ります↓



炊事場や貯水所などが残る
付属施設まで戻ってきたので
このあたりで撤収します↓



ここは、もう少しじっくりと腰を据えて
再度、見学したいと思っていますが
関東から、おいそれと行けないのが
ちょっと辛いところですね・・・


【収録遺構】
 陸軍舞鶴要塞金岬砲台

   門柱 1箇所
   地下施設 5箇所
   建物基礎 4箇所
   その他 5箇所

   砲座 6箇所(今回追加)
   観測所 1箇所(今回追加)
   地下施設 7箇所(今回追加)
   その他 4箇所(今回追加)


【探訪情報】
 2019.07.14  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いいたしましょう★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

コメント

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/08/13(火) 00:29:38
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:XXXXXXXX様

書き込みありがとうございます。

内容を確認させていただき、
ご指定のメールにお返事いたしましたので
ご確認いただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2019/08/13(火) 21:53:17
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿