戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 17 17:40:55

【阪奈軍團】(21)陸軍高射第三師団高射砲兵第一二二連隊尼崎高射砲台

皆様、週末をいかがお過ごしでしょうか。
三等兵は来週以降の調査に向けて
充電をしておりますっ★

世の中、捨てる神あれば拾う神ありと
よくいったものですね~(笑)

いやね、他人事ながら
1度捨てた神が、悪びれもなく
再び拾いに来た光景を見ましてね。
結果として、その方は再び
拾われてメデタシ(?)だったのですが
拾われてしまうんだ~と思って。。。

私なら絶対に拾われることはないです。
だって、1度捨てたじゃないかっ!って
思っちゃうし、「捨てる」という行為が
結果「間違っていた」ことについて
全くお咎めなしじゃないですか~
そこが一切触れられずに復縁は
絶対「なし」ですねっ!

その時に相手がいくら悪かったとしても
軽はずみな言動や行動をとったことで
後々こんな顛末にならないように
気を付けたいところですね。
どんな理由であれ、岐路に立たされた時
一時の感情で簡単に突き放すか、
それともグッと堪えて手元におくかの
選択は是非とも慎重に・・・
三等兵も、気を付けなければ。。。


さてさて、今日は阪奈軍團「軍報」の
第21弾といたしまして兵庫県尼崎市に
おかれていた尼崎高射砲台の遺構を
ご紹介させてくださいませ。


尼崎高射砲台は、扶桑町におかれた
住友金属のプロペラ製造所を中心とする
軍需工場の防衛を目的として
1945年(昭和20)に設置されました。

ここには九九式 8センチ高射砲を
6門据え付け、高射第三師団に所属した
高射砲兵第一二二連隊が
配備についていました。

現在、跡地は尼崎市役所や橘公園などに
変遷し面影がありませんが、
一部の砲座が橘公園内に現存しており
見学することが可能です。


尼崎市にお邪魔しております↓



橘公園内に砲座が2つ残っています。
1つ目の砲座です↓


2つめの砲座です↓



是非とも案内板もつけて欲しいです★


【収録遺構】
 陸軍高射第三師団
 高射砲兵第一二二連隊
 尼崎高射砲台

   砲座 2箇所

【探訪情報】
 2015.05.22  第1回探訪

 歩数(指数) 4,209歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、よい週末をっ!
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる