FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

2020 19 19:38:14

【真己軍團】(63)陸軍広島湾要塞早瀬第二堡塁砲台

皆様、休日をいかがお過ごしでしょうか。


在宅勤務を5日間こなしましたが、
不必要な外出を一切しなかったので
この間に自分の財布から出たお金は
わずか3,000円でした。


通勤すると、昼飯や飲み物・
タバコだ酒だで1日に3,000円弱を
使っているので、ものすごく
節約出来ています(笑)


付き合いの長い関係者様なら
私をよくご存じかと思いますが
基本的に宵越しのお金を
持たない主義(アホ)ですので
節約した分は全て探訪にまわします。


在宅勤務の継続について
賛否両論あると思いますが
個人的には大歓迎ですね。


仕事で無駄に費やしていた時間を
全て自分の好きなことに
充てることが出来ますからね。


その代わり、成果を出さないと
いけないので、サボれないことと
運動不足には注意しないと
いけませんね…・


さて、今回は真己軍團「軍報」の
第63弾といたしまして、
広島県呉市におかれていた
早瀬第二堡塁砲台の遺構群を
2回に分けてご紹介させてください↓




早瀬第二堡塁砲台は、
広島湾要塞の 1つで
1901年(明治34)に竣工しました。

ここには、9センチカノン砲が
6門据え付けられて
防備につきましたが、その後に
構築された豊予要塞の完成により
1926年(大正15)に廃止となりました。

現在、跡地の大半が山林になっており
埋もれていますが、砲座や
地下施設などが残存しています。



早瀬第一堡塁砲台に続き、
我が総軍大元帥と一緒に
山林を南下していきます↓



しばらく南下をしていくと
広場のような削平地が登場し、
詳細は判りませんが
当時のものとおぼしき
石製の遺構が点在します↓




浄法寺先生の日本築城史では
炸薬装実所との記載がある
レンガ製の遺構が残ります↓



その奥には、堡塁の外周を
囲むようにして石造りの塁道が
はしっていますが、藪がすごくて
途中で引き返しました…↓



炸薬装実所の南側には
掩蔽部が3つ残り、L字形に
配置されています↓



1つ目の掩蔽部は単独で
最奥に通風口が設けられています↓



直角方向に掩蔽部が2つ並びます↓



内部は1つ目の掩蔽部と同様ですが
連絡通路が設けられており、
隣の掩蔽部と接続しています↓




掩蔽部の向かい側に
砲具庫とされる基礎部分が
わずかに残っています↓



少し離れた場所に
貯水所の遺構群が残ります↓




このままさらに南下をすると
砲関係の遺構が残っていますが
続きは次回にさせていただきます↓



【収録遺構】
 陸軍広島湾要塞
 早瀬第二堡塁砲台

  地下施設 3箇所
  建物基礎 2箇所
  その他 4箇所

【探訪情報】
 2020.02.23  第1回探訪

 歩数(指数) 9,025歩(100)


のちほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますね。


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪