戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 23 21:48:13

【祐実軍團】(39)陸軍東京湾要塞夏島砲台

皆様、金曜日をいかがお過ごしでしょうか。
明日・明後日と天気はよいようで★
そろそろ、藪漕ぎを伴う戦争遺跡調査も
出来そうでしょうかね・・・

さてさて、本日も祐実軍團「軍報」の
第39弾といたしまして、神奈川県横須賀市に
おかれていた陸軍東京湾要塞の
夏島砲台の遺構をご紹介させてくださいませ。


夏島砲台は東京湾要塞の 1つで、
横須賀軍港を防御する目的で
1889年(明治22)に竣工し、
1892年(明治25)に24センチ臼砲を
6門据え付けて日清戦争の
戦備につきました。

日清戦争が終結した後の
1901年(明治34)には、24センチ臼砲を
4門追加配備し、一時は10門となりましたが
日露戦争で戦地が砲不足となったため
全門を撤去して追送され
1913年(大正 2)に廃止されました。

廃止後、敷地は海軍へ移管されて
横須賀海軍航空隊の敷地となりました。

戦後、敷地は夏島貝塚として保存されており
遺構の一部が現存しています。


ハアハア、横須賀市の夏島に来ました↓



1つ目の砲座部分です↓



2つ目の砲座部分のアップです↓



1つ目の砲側掩蔽部です↓


こちらは良好な状態で残っており
内部を見学することも可能ですっ★


2つ目の砲側掩蔽部です↓


こちらは入口部分が封鎖されており
中に入ることが出来ません・・・


3つ目の砲側掩蔽部です↓


こちらは関東大震災当時の
地盤ストレスがどのようにかかったか
なんとなく把握出来ますっ!


右翼観測所掩蔽部跡です↓


残念ながら、関東大震災によって
崖崩れをおこしているため、
一部分しか残っていません・・・


砲台がおかれた場所の奥には
電灯所がおかれていましたが、
こちらは別掲載とさせてくださいませ。


【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞
 夏島砲台

  砲座 2箇所
  地下施設 4箇所

【探訪情報】
 2005.05.01 第1回探訪
 2007.02.04 第2回探訪
 2007.02.17 第3回探訪

 歩数(指数) 約5,000歩(999)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★
ご期待いただければ幸いですっ!

明後日は、いよいよ広島行きの
切符を買う予定ですっ♪

それでは、おやすみなさいませっ★
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる