FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

2020 23 18:54:29

【祐実軍團】(228)陸軍鉄道大隊E18型機関車

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


残念ながら、本日で在宅勤務が
いったん終了となります…


コロナウィルスの新規感染者が
減少しているわけでもなく
在宅勤務も出来る環境があるのに
「やはり出社するのが一番」といった、
働き方が少しずつ変わってきたのに
再び逆行させようとする変な人間が
まだまだ日本には大勢いるようです。


早く、当たり前に感じていたことが
実は普通じゃなかったと
気が付いて欲しいものです…


お金をもらえるなら
出社してもいいですが(笑)


さてさて、今回は祐実軍團「軍報」の
第228弾といたしまして
東京都練馬区に保存されている
陸軍鉄道大隊のE18型機関車を
簡単にご紹介させてください↓




鉄道大隊は、日清戦争で問題となった
物資類の輸送を、馬から鉄道に
移行することで、飛躍的に
向上させることを目的として
1896年(明治29)の軍政改変で
市ヶ谷の陸軍士官学校内に
創設されました。

開設当初は鉄道2中隊と電信1中隊・
材料廠で構成され、この翌年には
中野に兵営が新設されました。

その後に起きた義和団事変や
日露戦争では、鉄道の修復や
砲弾の輸送などを行って
大きな実績を出し、鉄道隊が
戦地で必要不可欠であることが
認められ、近衛師団に隷属する
交通兵旅団傘下となり、それまでの
1大隊から3大隊に拡張し
鉄道連隊に昇格しましたが
敷地が手狭になったことから
千葉県の習志野へ兵営を
移転させました。

練馬区に兵営はおかれませんでしたが
大隊で使用したE18型機関車が
豊玉北地区の住宅地に
移設保存されています。

E18型機関車は、戦地での輸送力の
拡大を目的に、ドイツのコッペル社から
1921年(大正10)に輸入された25両の
蒸気機関車のうちの1つで、
終戦当時は千葉市の材料廠
(千葉陸軍兵器補給廠)に
留置されていました。

その後は西武鉄道に引き取られて
入間川の砂利の採取に使われたのちに
所沢市のユネスコ村で
展示保存されましたが、施設工事で
展示場所を失ったために、
外観の修復工事を行ったあと
この地に移されたそうです。



都営大江戸線の新江古田駅から
トボトボと歩いていきます↓



今年は桜の開花が早く
3月の3週目でもう咲いてました↓



10分ほど住宅地内を歩くと
アパートのテラス部分に
E18型機関車が保存されています↓



側面には鉄道連隊の徽章が
入っています↓



機関車を後ろから見ると
こんな感じです↓



案内板も設置されています↓



この日は夕方から
空母先生と陸軍伍長先生と
横須賀で会うお約束をしていたので
この後は急いで現地に向かいました↓



【収録遺構】
 陸軍鉄道大隊
 E18型機関車

  その他 1箇所

【探訪情報】
 2020.03.21  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪