FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

2020 09 08:00:00

【美恵軍團】(86)陸軍技術本部伊良湖射場

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


各地で梅雨が猛威をふるい
コロナ渦が再燃しそうな
素晴らしい環境下で本日も
出勤しております(笑)


今週末は、短期の遠征事業(笑)に
出立するのですが、会社の
社畜イキイキの自粛警察が
うるさくて(笑)


出勤させている時点で会社から
自粛もなにも、とやかく言われる
筋合いなんか1ミクロンもないので
讒言を聞く気など、はなっから
無いって言っているのに、
四の五のぶつくさ言いやがって(笑)


こういった、会社本位でしか
物事を考えられない社員を抱える
変な企業は、とっととこの時世で
潰れた方がいいと思います。


応援しますよ(笑)


さて、今日は遠征準備につき
忙しくなりそうなので、
事前に仕込んだ予約投稿で
ブログの更新をさせていただきます。


今回は美恵軍團「軍報」の
第86弾といたしまして
愛知県田原市におかれていた
伊良湖射場の遺構群のうち
小塩津着弾観測所のものを
簡単にご紹介させてください↓




伊良湖射場は、大砲・弾丸の研究や
効力実験・弾道の研究などを
行う目的で1901年(明治34)に
設置されました。

日露戦争以降は、兵器開発が
盛んになったことで施設が拡充され
従来の射線に加えて西射線が
設置されたほか、付属の施設や
軽便鉄道などが新設されました。

当初、兵器技術の調査や
研究を行う機関である
陸軍技術本部の試射場として
機能しましたが、1941年(昭和16)の
組織改編によって、
陸軍兵器行政本部に属すこととなり
この傘下に入った第一技術研究所の
試験場に使用されました。

現在、跡地は火力発電所や
住宅地・畑地などに変遷していますが
当時の遺構が数多く残存し
一部は保存されています。



東海地方の勇将である
空母欲奈先生と一緒に
渥美の森の展望台に
やってきました↓



少し下った神社の裏手に
小塩津着弾観測所が
残っています↓



残念ながら、状態が
あまりいいとは言えません↓



観測窓付近は、天井が
完全に崩落しています↓



観測室に入ってみましたが
天井が崩落しているせいで
草木が生え放題です(笑)↓



我が大元帥の名代として
お友達2名が参加してますので
記念写真も撮りました↓



着弾観測所のすぐ脇に
陸軍マーク(1つ多いですが)が
頂部に刻まれた標柱が
残っていました↓



少し奥に進んだところにも
軍用地境界標が1つありました↓



1周したところで、
次の着弾観測所へ
駒を進めていきます↓



【収録遺構】
 陸軍技術本部
 伊良湖射場

  観測所 1箇所
  軍用地境界標 2本

【探訪情報】
 2016.12.18 第1回探訪
 2020.02.09 第2回探訪
 (継続調査中)

 歩数(指数) 未計測(156)


後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪