戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 28 08:07:12

【阪奈軍團】(22)陸軍大阪憲兵隊築港憲兵分隊尼崎憲兵分遣隊

皆様、おはようございます・・・
三等兵はダウンですっ
昨日の仕事で気力を全て使い果たし
身も心もボロボロでございます。
今日は静養させてくださいっ

静養の前に・・・
本日は阪奈軍團「軍報」の
第22弾といたしまして
兵庫県尼崎市におかれていた
大阪憲兵隊の尼崎憲兵分遣隊の
遺構をご紹介させてくださいませ。

なお、今回のご紹介と探訪にあたりまして
盡忠報國様の大日本者神國也
参考にさせていただきましたっ。
盡忠報國様のレポートは、三等兵が
理想とする掲載内容ですっ♪
ここまで精度を上げたいが、
今の三等兵のキャパでは無理です(涙)


尼崎憲兵分遣隊は、大阪港に
おかれていた築港憲兵分隊の
分署として1941年(昭和16)に
おかれました。

その後、1943年(昭和18)に
憲兵分遣隊から憲兵分隊へと
昇格し、1945年(昭和20)の
組織改正により、中部憲兵隊司令部の
神戸地区憲兵隊の隷下となり、
終戦まで組織が存続しました。

現在、敷地跡地は尼崎拘置支所と
なっており、建物系の遺構は
消失していますが、敷地の境界部分に
塀や石垣の一部が残っています。


尼崎市の阪神国道に来ています↓



尼崎拘置支所前に残る石垣部分です↓


「写真撮影はご遠慮ください」って
書かれているのを気付かず
撮影してしまいましたぁ・・・
申し訳ありません(涙)

もう1つの石垣部分です↓



軍用地境界塀も一部分で
残っており、拘置所の塀として
活用されています↓



ここから、バスで阪急電車の
阪神国道駅に移動して、西宮を
目指す三等兵でした~


【収録遺構】
 陸軍大阪憲兵隊築港憲兵分隊
 尼崎憲兵分遣隊

   軍用地境界塀 1箇所
   その他 2箇所

【探訪情報】
 2015.05.22  第1回探訪

 歩数(指数) 3,329歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、よい1日をっ♪
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム