FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

2021 09 19:56:38

【祐実軍團】(229)国際電気通信足柄送信所

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


ここのところ、都内は連日2,000人を
超える感染者が続出していますが、
緊急事態宣言後も特に変化なく
大勢の通勤風景があり、
「緊急」の文字が入っているのに
企業は個人の自粛に頼るばかりで
特に何かをするわけではなく、
飲食店にしわ寄せがいくだけの
宣言に憤る毎日を過ごしてます。


仕事は経済のために通常通り
やって欲しいけど、それ以外は
自粛してくださいといわんばかりで
とても酷い宣言内容ですな。


飲食店が20時に閉まるのであれば
企業の終業時間も早めないと
間に合わないサラリーマンだって
たくさんいると思いますが、
こういうことを全て度外視して
従ってくださいといわれてもなぁ。


こんな状況下でも仕事は
スケジュール通りですので、
私も探訪スケジュール通りに
今後もこなしていくつもりです。


会社も私も、
スケジュール>緊急事態宣言なので
おたがいさまですね(笑)


さて、今回は祐実軍團「軍報」の
第229弾といたしまして、
神奈川県足柄上郡山北町におかれた
国際電気通信足柄送信所跡を
ご紹介させてください↓




国際電気通信は、対外無線電信・
電話における設備建設や保守を
行う目的で1938年(昭和13)に
日本無線電信と国際無線電話との
合併によって設立された
民間の株式会社です。

1944年(昭和19)に入ると、本土への
空襲に備え、戦時の海外放送や
通信の維持を軍部に要請され
御殿場線の廃トンネルを
耐弾式の送信所として活用する形で
足柄送信所が設置されました。

ここに電話や電信送信機などの
機器が並べられ、昭和天皇の
終戦玉音放送の送信は
足柄送信所で行われました。

現在、跡地は山林となっていますが
トンネルや遮蔽壁・水槽などが
残っています。



フォロー様のすまる先生と
沼津駅から御殿場線に
乗って出発します↓



談笑しながら電車に乗ること1時間、
谷峨駅に到着しました↓



ここで空母欲奈先生と合流し
谷ケ地区へ入ります↓



谷峨駅から御殿場方面に進んだ
最初の御殿場線の廃トンネルが
耐弾式送信所として設置された
足柄送信所となります↓



トンネルは煉瓦で造られており
廃線トンネルそのものですが…↓



途中からコンクリート床になり…↓



電話や電信送信機などの機器を
設置するための区画跡が残ります↓



区画跡のほかに排水溝なども
見ることが出来ます↓



トンネルの側壁部分にも
ケーブルや電線を引き込んだ跡が
残っていました↓




トンネルは反対側に貫通しており
入口に遮蔽壁が残っています↓



遮蔽壁はコンクリート製で
戦後に鉄筋を盗もうとしたのか
中央部分が壊されていましたが
鉄筋は入ってなさそうです↓



遮蔽壁の背面は下ったのちに
用水路を挟んで1段あがった
山になっていますが、
そこに大きな水槽と関連施設の
基礎部分が残されています↓




このあとは、周辺を散策して
次の案件に向けて御殿場に
進んでいきました↓



【収録遺構】
 国際電気通信
 足柄送信所

   トンネル 1箇所
   建物基礎 1箇所
   その他 2箇所

【探訪情報】
 2020.12.26  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


また、後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑応援してやってくださいっ♪