FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

2021 15 19:19:10

【那瑠絵軍團】(34)宮村国民学校地下教室

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今日の東京都のコロナ陽性者は
729人だそうで。


都知事も「通勤を含めて
東京に来るな」と呼びかけを
しているようですが、
どうして個人に言うんですかねぇ。


誰も好きで通勤なんか
してないんだから、それを強要する
企業に訴えていけばいい話だと
思うんですがねぇ。


それをしない限り、余暇の自粛を
お願いされたって、もう誰も
聞かないと思いますぜ。


もっとも、政治評論家ではないので
どうすればマシになるかを
考えるつもりはありませんが。


さて、今回は那瑠絵軍団「軍報」の
第34弾といたしまして、
長崎県佐世保市に掘削された
宮村国民学校の防空壕(無窮洞)を
ご紹介します↓




宮村国民学校は、1941年(昭和16)に
施行した国民学校令により、
1874年(明治7)に創立した
宮小学校からの変遷・改称で
開校しました。

1943年(昭和18)に入ると
空襲に備えるため、職員と
児童の手で防空壕が
掘削されましたが、
完成することなく終戦となりました。

現在、防空壕は日本遺産に
指定されており、整備のために
一部が封鎖されていますが
一般公開されており、簡単に
見学が可能です。



海軍イキイキのK先生
わがままを言いまして
佐世保市内から南風崎町に
バスで移動しました↓



宮支所前のバス停から
3分ほどで無窮洞に到着です↓



着いた時に初めて知りましたが
無窮洞は日本遺産になっています↓



私と同じ埼玉在住だった
解説員の方から、学校の概要と
壕内を説明いただきました↓




さっそく、入口である敢闘門から
入っていきます↓



内部は想像よりも大きく
造りもよくて驚きました↓



掘削に使用した当時の道具も
展示されています↓



敢闘門から入った最奥に
教壇が設けられていますが、
素人が掘ったとは思えないほど
とても丁寧な造りです↓



教壇を正面に見て右側に
坑道が分岐しているので
進んでいきます↓



さらに坑道が分岐しており
左に曲がると書類室と
食糧庫があります↓




書類室・食糧庫を抜けると
炊事場に到達します↓



炊事場まわりを構築途中に
終戦を迎えたとのことですが
途中とは思えないほど
とても見事なかまどです↓



かまどの横に、上部へ抜ける
避難用の階段がありますが
閉鎖されており行けませんでした↓



時間がなくて確認しませんでしたが
案内板に上部の出口の様子が
掲示されています↓




書類室・食糧庫・炊事場と
周回出来る構造となっており、
元の教壇からの坑道に出たので
今度は左に曲がります↓



とても丁寧に造られており
見事な坑道です↓



突きあたりを左に曲がると
トイレがあったようですが、
残念ながらコンクリートで
封鎖されています…↓



右に曲がると、すぐ左側が
嘗胆門になります↓



残念ながら、嘗胆門は
金網で封鎖されており
ここから外には出られません↓



さらに進んでいくと
最初に入った敢闘門に続く
坑道にぶつかり、これで
ひと通り見学出来ました↓



外に出ると雨が降ってました(笑)↓



周辺は、のどかな風景が
ひろがっています↓



バスに乗り、佐世保の中心街へ
退却します↓



【収録遺構】
 宮村国民学校
 地下教室(無窮洞)

  地下壕 1箇所

【探訪情報】
 2021.03.20  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

コメント

[title]:船山史家の呟きⅢ

初めまして。拙いBlogを日々更新しているジャンと申します。
こちら様には、富士宮市の帰還洗車、藤枝市の航空基地遺構を調べてたらたどり着きました。前者はウチの社員の近所で、後者は公用徒歩中に出くわしました。

私のBlogには中世遺構のカテゴリはありますが近代戦争の遺構は少ないです。近代戦は曲げようのない事実で、それ以前は創作の世界、そうも思っております。
今年になって中世と近代の遺構がコラボったのを取り上げました。自己記事の売り込みみたいで恐縮ですが。

https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-02-28

もし既に探索済み、データベースに収集済みでしたら失礼しました。汗顔の至りです。

今後も楽しみにしております。散策お気をつけて。コロナも。
  1. 2021/04/18(日) 15:05:56
  2. URL
  3. ジャン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ジャン様

書き込みありがとうございます。

ブログ、拝見しました。
小田原の空襲跡については
まったく見ていないので
機会を見て行ってみようと
思います。

市内は洞窟陣地があるようですが
調べきれてないので、
こちらも合わせて見たいです。

お互い、コロナに留意しつつ
探索を頑張っていきたいですね。
  1. 2021/04/19(月) 07:22:38
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿