【祐実軍團】(43)海軍横須賀軍港境域(鎌倉市) - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【祐実軍團】(43)海軍横須賀軍港境域(鎌倉市)

皆様、週末をいかがお過ごしでしょうか。
今日の関東地方は雨でしたね・・・

三等兵は、一日家に引きこもりで
ホームページの制作に励んでおりましたが
全然進まない・・・

さてさて、本日は祐実軍團「軍報」の
第43弾といたしまして、神奈川県鎌倉市に
おかれていた横須賀軍港境域の
遺構をご紹介させてくださいませ。


横須賀軍港境域は、横須賀市におかれた
横須賀海軍鎮守府が統括した横須賀軍港の
土地境界を決定するものとして、
1896年(明治29)に条項が設けられました。

軍港境域と定めた場所では、一般人の
立ち入りが厳しく制限され、その範囲を
明確にするための軍港境域標が
境域の境界線に設置されました。

鎌倉市についても、一部分が横須賀軍港境域に
定められていたため、軍港境域標が設置されており
現在もいくつか見ることが出来ます。


快特爆走電鉄の六浦駅にやってきました↓



市立朝比奈小学校の裏手から延びる
林道を通って逗子市の久木大池公園方面へ
目指していきます↓



林道から少し外れた十二所果樹園付近に
横須賀軍港境域標が残っています↓



光触寺の裏手付近に繋がる林道沿いにも
1つ残っています↓



【収録遺構】
 海軍横須賀軍港境域(鎌倉市)

 軍用地境界標 2本

【探訪情報】
 2014.04.12 第1回探訪
 2015.10.31 第2回探訪

 歩数(指数) 約15,000歩(488)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますっ★


また、微々たる増加で恐縮ですが
横浜市の戦争遺跡について
4遺構ほど追加しておりますっ・・・
是非、ご覧くださいませっ↓
祐実総軍 ― 戦争遺跡データベース


それでは、おやすみなさいませっ★
←応援してくださいっ♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する