戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 29 14:52:58

【祐実軍團】(44)陸軍東京湾要塞第三海堡

皆様、週末をいかがお過ごしでしょうか。
三等兵は広島探訪のまとめをしておりますっ★
関東地方は、土・日とも天気がよく
調査日和となったのでは?

さてさて、本日は祐実軍團「軍報」の
第44弾といたしまして、神奈川県横須賀市と
千葉県富津市の海域におかれていた
陸軍東京湾要塞の第三海堡の遺構を
ご紹介させてくださいませ。


第三海堡は、東京湾要塞の 1つで
観音崎に建設された各砲台群と
対岸の富津に建設された元洲堡塁砲台の
射界では完全に東京湾を閉塞出来ず
これを補う目的で建設された人工島嶼で
1892年(明治25)に建設が開始されました。

当時の海堡は、外周枠となる部分に
石を捨て、その内側に土砂を捨てていき
海底から立ち上る構築方法が採られましたが、
この海域は水深が60メートルと深いために
工事が難航し、着工から30年近く経った
1921年(大正10) 3月に15センチカノン砲を
4門と、10センチカノン砲を 8門の備砲が
完了しましたが、その 2年後に発生した
関東大震災により倒壊・浸水し、
復旧が困難であったことから、
放置されたまま1925年(大正14)に
除籍されました。

除籍後、最近に至るまで放置が続きましたが
暗礁化が著しく、東京湾を航行する船舶の
大きな障害となってしまったことから、
2000年(平成12) より国土交通省の主導で
撤去され、工事の過程で海底より
引き上げられた一部の構造物を
追浜のアイクル周辺と平成町のうみかぜ公園で
2006年(平成18)に展示されました。

展示された後は一部の構造物が
廃棄されましたが、現在も引き続き
保存されている構造物もあり、
外観を見学することが出来ます。


以前に催されたイベントに参加してきました↓


快特電鉄の追浜駅から
リサイクルプラザアイクルに向けて
歩いていき、展示会場へと向かいますっ♪


護岸擁壁です↓



砲側弾薬庫です↓



左翼観測所です↓



照明所です↓



地下通路です↓



平成町のうみかぜ公園にも
大型兵舎が展示されています↓



【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞第三海堡

  地下施設 4箇所
  観測所 1箇所
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2006.07.15  第1回探訪
 2006.08.13  第2回探訪

 歩数(指数) 約1,6000歩(198)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


さてさて、引き続き三等兵は広島案件の
まとめに入りますっ★


皆様、よい週末をっ♪

←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる