fc2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

2021 23 12:00:00

【那瑠絵軍團】(38_続編1)佐世保海軍無線電信所針尾送信所

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


いよいよ、飲食店の時短要請も
解除になり、通常通りの生活に
戻りつつありますかね…


在宅勤務が出来るのに
再び通勤に戻すことだけは
いの一番の解除となっている
会社も多くて困ったもんですな。


会社優位、仕事であれば
何でも許される風潮は
本当になくなって欲しいですな。


さて、今回は那瑠絵軍團「軍報」の
第38弾の続編といたしまして
針尾送信所の兵舎周辺の
遺構群をご紹介させてください↓


なお、これは「後続記事」ですので
よろしければ「本記事」も
ご覧くださいませ↓

 (38)針尾送信所



前回の記事に引き続きまして
海軍イキイキのK先生
まわっていきます↓



まずは門柱です↓



次の記事でも登場しますが
門柱から入ってすぐのところに
鉄柱が残っています↓



少し進むと左側に
門衛所(建屋は戦後建設)の
基礎部分が残っており
現在は施設の受付とトイレに
なっています↓



案内板も立てられています↓



隣接して油庫が残ります↓



内部は小さいですが
石造りが重厚で
金属製の扉も残っており
とても趣があります↓




こちらも案内板が
設けられており、
とても解りやすいです↓



今度は門衛所の右側を
進んでいくと、事務所・兵舎の
基礎部分が残っています↓



こちらも解りやすい案内板が
設けられています↓



兵舎というだけあり
基礎が広範囲にわたっており
大きな建物であったことが
よく判ります↓



隣接して水まわりの
遺構が残っています↓




井戸の隣に、西下の桟橋から
資材類を運搬したトロッコが
展示されています↓



事務所・兵舎の隣に
付属家の基礎が残ります↓



隣接してトイレの跡も
床部分のみ残っています↓



背面の斜面には、よくある
コンクリート製の退避壕が
設けられていました↓



兵舎などの建物跡が並ぶ場所から
見学路を挟んだ向かい側に
酒保関係がおかれていたようで
遺構が残っています↓





このまま、見学路最奥にあたる
3号無線塔まで進みます↓



無線塔の手前には
附(つけたり)見張所の遺構が
残っています↓



こちらも案内板があり
とても解りやすいです↓



このあたりが、送信所の中で
外部の人間が侵入しやすい
場所であったため、
機密保持のために設けられた
見張所なのだそうです↓



見張所の向かいに
コンクリート遺構も
残っていました↓



3号無線塔に到着です↓



横に案内板が設けられています↓



3号無線塔の脇に
コンクリート製の関連遺構も
ありますよ↓



こちらは、無線塔の内部が
公開されているので
さっそく入ってみます↓



中に入るとウィンチと
防振装置が保存されています↓



無線塔の中より見上げると
とても美しいです↓



私も軍跡探訪を始めて
かなり長い方ですが、
こういうものを初めて
目にした気がします↓



お供のサブ郎さんも
興奮気味に見ていました(笑)↓



3号無線塔からの風景も
すごくステキなもんで、
帰りたくなくなりますわ…↓



最後は電信室まわりの
遺構を見学しましたが、
次回の記事にさせてください↓



【収録遺構】
 佐世保海軍無線電信所
 針尾送信所

【探訪情報】
 2021.03.19  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(80)


また、後ほどホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ♪


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪