戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 30 08:01:03

【真己軍團】(2)陸軍広島湾要塞包ヶ浦弾薬本庫

皆様、月曜日をいかがお過ごしでしょうか。
今日で11月も終わりですね・・・
暦では、いよいよ「冬」ですね~
いよいよ、調査シーズンの到来です★

さてさて、本日は真己軍團「軍報」の
第2弾といたしまして、広島県廿日市市に
おかれていた陸軍広島湾要塞の
包ヶ浦弾薬本庫の遺構を
ご紹介させてくださいませ。


包ヶ浦弾薬本庫は、宮島地区に
構築された砲台に使用する砲弾類を
一元管理する目的で設置されました。

ここには、弾薬庫のほかにも
兵器修理所や糧食支庫などの補助建造物や
兵舎などがおかれており、
豊予要塞の完成をもち広島湾要塞が
廃止されるまでの間、要塞の補助施設として
機能しました。

廃止後は広島陸軍兵器補給廠の
付属施設として引き続き使用されたようですが
資料に乏しく詳しく調べられていません・・・

現在は、宮島包ヶ浦自然公園として
整備されており、海と山のレジャースポットとして
テニスコートや海水浴場・キャンプ場などが設けられ
家族で楽しめる憩いの場所となっていますが、
当時の建物や橋梁・入口部分が封鎖されている
地下壕の痕跡などが多く残存しており、
簡単に見学することが出来ます。


あらあら、宮島の名物のシカちゃんが
こんなところでケンカしております↓



三等兵も、いつかこうなりそうな・・・


当時の建物ですが、用途は判りません↓



地下施設です↓



石で封鎖された地下壕も
周辺に多く残っています(抜粋)↓



間違いなく、当時の遺構でしょうね↓



ここにきて、正門とおぼしき遺構です↓



正門に到達する前に4つの遺構を
ご紹介しましたが、これらは敷地外に
残存しているものとなります。

三等兵の関係者の皆様は
この文章だけで察しがつくと思いますが
包ヶ浦弾薬本庫とは別の施設が
おかれていた可能性が高いという
意思表示でありますっ★


貯水槽です↓



高床式の弾薬庫の基礎部分です↓



その横に残る防火水槽です↓


周りは土塁に囲まれており、
建物基礎とセットで防火水槽があるので
間違いなく弾薬庫ですね~


もう一つの弾薬庫の基礎部分です↓



さらに公園内の奥に進んでいくと
当時の建物が残っています↓



園地の倉庫に転用された形跡が
あるのですが、残念ながら中には
入れません・・・


建物の横に防火水槽が2つ
残っています(抜粋)↓



この他にも水道管がありましたが
ここでは省略しますね~


門柱も残っています(抜粋)↓



さらに奥へ進んでいき
紅葉谷方面の山道を上がっていくと
関連する建物の基礎部分が残っています↓



キャンプ場方面に進んでいくと
当時の橋梁がいくつか残っています(抜粋)↓



防御営造物境界標も1つだけ
見つけることが出来ました↓



望遠ですが、荷揚桟橋です↓



この後は、宮島カープタクシーの
古川さんと一緒に室浜を目指していく
真己軍團一行なのでした~(笑)


【収録遺構】
 陸軍広島湾要塞
 包ヶ浦弾薬本庫

  門柱 3箇所
  建物 2棟
  建物基礎 3箇所
  地下施設 1箇所
  地下壕 4区画
  橋梁 4箇所
  軍用地境界標 1本
  その他 7箇所

【探訪情報】
 2015.11.23  第1回探訪

 歩数(指数) 21,242歩(128)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いしましょうっ♪

←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる