戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 03 09:46:44

【真己軍團】(6)広島陸軍兵器支廠

皆様、3が日最終日をいかがお過ごしでしょうか。
関東地方は年末年始共によい天気に
恵まれてお出かけ日和でしたねっ★
仕事始めがあと2日くらい遅かったら
最高だったのですが・・・グスン
あ~、仕事行きたくねぇ(笑)

さてさて、新年最初の「軍報」は
真己軍團からスタートさせて
いただきたいと思います。

今回は、広島県広島市におかれていた
広島陸軍兵器支廠の遺構を
ご紹介させてくださいませ。


広島陸軍兵器支廠は、東京の兵器本廠に
隷属し、第五師団に関係する兵器弾薬・
材料の購買や、これらの貯蔵・修理を
行う機関として、1905年(明治38)に
設置されました。

その後、陸軍兵器廠条例の改正に伴い、
兵器の補給業務を統一させる目的で、
隷属先の名称が変わったりしましたが
最終的に1940年 (昭和15) の改正以降、
陸軍兵器行政本部に隷属する
「広島陸軍兵器補給廠」に改称されて
兵器の材料や燃料などの保管と
補給を行いました。

現在は、広島大学や附属病院などに
なっており、かつては当時の建物を
多く転用したようですが、医学資料館に
活用されている建物が補修されて
残るのみとなっています。


広島大学附属病院に来ております↓



医学資料館の建物は、当時の建物の
1階部分を流用しています↓



側面部分です↓



この他に、軍用地境界塀の一部が
移設保存されています↓



通用門と思われる門柱上部の
石飾も保存されています↓



ここを一通り見学した後は
比治山に向けて進んでいく
おピンちゃん先生と三等兵なのでした。


【収録遺構】
 広島陸軍兵器支廠
 (広島陸軍兵器補給廠)

  建物 1棟
  軍用地境界塀 1箇所
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2015.11.20  第1回探訪

 歩数(指数) 2,011歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、ホームページの制作と
おピンちゃんと初詣に出かけますので
本日はこれにて
失礼させていただきますっ m(_ _)m
もちろん、初詣でのお祈りは
自分と皆様方の「ご健康」と
自分と関係者様の「戦跡探訪進展」ですよ。


←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる