戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 04 21:58:32

【和泉軍團】(13)陸軍東京湾要塞坂田砲台

皆様、月曜日をいかがお過ごしでしょうか。
三等兵は今日が仕事始めだったのですが
当然ながらヤル気が起きず・・・


さてさて、本日は和泉軍團「軍報」の
第13弾といたしまして、千葉県館山市に
おかれていた陸軍東京湾要塞の
坂田砲台の遺構を簡単にご紹介させてください。


坂田砲台は東京湾要塞の 1つで、
1927年(昭和2)3月に竣工しました。

ここには、地質不良のために廃止となった
西浦砲台に備砲予定だった
30センチ長榴弾砲が南北方向へ直線状に
4門据え付けられて配備につきましたが、
1938年(昭和13)に砲を撤去し、
3門が関東軍へ引き渡され、残る1門が
重砲兵学校へ移されたのち、
1943年(昭和18)の 3月に廃止となりました。

なお、廃止後は本砲台の前面部にあたる海岸付近に
12cm速射カノン砲を 2門と10cmカノン砲を
4門据え付けた砲台を新設し、米軍の上陸に備えたため、
本砲台の付属施設は廃止されずに転用されています。

終戦後、ほとんどの砲座が破壊されてしまい、
現在は第四砲座のみが残存している状況ですが
砲側弾薬庫や炸薬填実場などは現存しており、
見学することが可能です。

2006年(平成18)の調査では、砲座や砲側弾薬庫・
炸薬填実場・建物基礎・軍道の遺構などを
記録出来ましたが、ここ数年間で残土処分場の
建設工事が進められているため、
一部の遺構が消失する可能性が出ています。


千葉県館山市の坂田地区に来ております↓



見づらいですが、第一観測所跡です↓



唯一残る第四砲座です↓



砲座付近に残る砲側弾薬庫です↓



この北側にあたる部分にも弾薬庫が
展開しています↓


弾薬庫の内部です↓



この南側にも隧道式の弾薬庫が
残っています。

弾薬庫の入口となるトンネルです↓


トンネル内には弾薬庫が2つ
設けられています(抜粋)↓



炸薬填実所も現存しており
民家の基礎部分になっています↓


炸薬填実所の内部です↓



付属建物の基礎部分も2つ残っています。

1つ目の建物跡です↓


2つ目の建物跡です↓


近くに井戸も残っています↓



この他、軍道の遺構として橋梁が
3ヶ所残っています(抜粋)↓



軍道の波左間海岸寄りには
門柱も残っており、目印になります↓



【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞坂田砲台
 (陸軍東京湾要塞洲崎第二砲台)

  門柱 1箇所
  砲座 1箇所
  地下施設 4箇所
  観測所 1箇所
  建物基礎 2箇所
  橋梁 3箇所
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2006.03.25 第1回探訪
 2006.06.11 第2回探訪
 2006.12.02 第3回探訪

 歩数(指数) 約40,000歩(658)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いしましょうっ♪

←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム