戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 08 21:17:01

【祐実軍團】(51)横須賀海軍警備隊第四高角砲大隊荒崎防空砲台

皆様、金曜日をいかがお過ごしでしょうか。
明日から3連休ですねっ★

三等兵は茨城方面に行く予定ですっ


さてさて、本日は祐実軍團「軍報」の
第51弾といたしまして、
神奈川県横須賀市におかれていた
横須賀海軍警備隊の荒崎防空砲台の
遺構をご紹介させてくださいませ。


荒崎防空砲台は、横須賀軍港を統括した
横須賀海軍鎮守府の隷下におかれ
軍港周辺を防衛した横須賀海軍警備隊が
守備する防空砲台として、1941年(昭和16)に
建設されました。

設置当初は 8センチ高角砲が
4門据え付けられましたが、
のちに12.7センチ連装高角砲2門へ
換装されたほか、25ミリ単装機銃が
4基設置され、終戦時まで存続しました。

現在、砲台跡は荒崎公園として整備され
ほとんど面影がありませんが、
軍用地境界標をはじめとする遺構が
少し残っています。


横須賀市の長井に位置している
荒崎海岸にお邪魔しております↓



荒崎公園の入口付近に
関連する遺構が残っています↓



入口がコンクリートで補強された
弾薬庫とおぼしき地下壕も残っています↓



公園内には測遠器の台座と思われる
遺構も残っています↓



公園から海岸へ廻りこんでいくと
規正水尺とおぼしき遺構が残っています↓



ゴツゴツした海岸を廻っていくと
軍用地境界標もいくつか
残っています(抜粋)↓


周辺で5本の軍用地境界標を
確認することが出来ましたっ★


境界塀の支柱も数本残っています(抜粋)↓



【収録遺構】
 横須賀海軍警備隊
 第四高角砲大隊
 荒崎防空砲台

  地下施設 1箇所
  軍用地境界標 5本
  その他 5箇所

【探訪情報】
 2006.10.01  第1回探訪 
 2006.12.24  第2回探訪
 2014.06.08  第3回探訪

 歩数(指数) 約10,000歩(999)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、よい連休をっ♪
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる