戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 18 21:49:43

【祐実軍團】(56)海軍東京湾要塞地帯(葉山町)

皆様、月曜日をいかがお過ごしでしょうか。
今日の関東地方は、朝方は大雪で
大変でしたね・・・

さてさて、本日も前回に引き続き
祐実軍團「軍報」の第56弾といたしまして
神奈川県三浦郡葉山町の遺構を
ご紹介させてくださいませ。

今回は、海軍東京湾要塞地帯標を
3つばかり掲載させていただきます m(_ _)m


同じご説明となりまして恐縮ですが
東京湾要塞は日本の本土におかれた
12箇所の永久要塞のうちの 1つで、
1895年(明治28)の要塞司令部条例により、
永久的な防御工事が施されている場所は
「要塞」とされ、海軍の場合は砲台や
軍港が「要塞地帯」と定義されました。

また、これに伴う法律も公布されており、
軍事機密保持のため、要塞地帯に
指定された区域の中での測量や撮影・
スケッチ・土木工事などは、
要塞司令部の許可がないと出来ませんでした。

これらの防御営造物より
250間(約455メートル)以内を
特に「要塞地帯第一区」として
一般人の立入りが禁止され、
衛兵が守備していました。

また、その距離に応じて「第二区」・
「第三区(区域)」が設定され、
これらを明確にするためその境界部に
要塞地帯標が設置されました。

要塞地帯を定義する法律は、
数度にわたって改正されましたが、
最終的に防御営造物から
1,000メートル以内を第一区・
5,000メートル以内を第二区・
15,000メートル以内を第三区(区域)と
当初よりも大幅に拡大されました。

葉山町については軍港や防空砲台からの
距離に応じた要塞地帯標が現存しており、
見学することが可能です。


前回の畠山砲台の場所から
登山道を歩いていきます↓



登山道沿いに、要塞地帯標が
3本見ることができますよっ★


まず、12号です↓



続いて13号です↓


うむむ・・・
登山道の案内板に転用されている
ようですね。。。


最後に14号です↓


ぐむむぅ・・・
残念すぎる残存状態です(涙)


ちょっと写真が荒いですが
夏島方向が見渡せます↓



【収録遺構】
 海軍東京湾要塞(葉山町)

  軍用地境界標 3本

【探訪情報】
 2007.01.28  第1回探訪

 歩数(指数) 約12,000歩(100)


後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、おやすみなさいませっZzz
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる