戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 25 19:51:03

【阪奈軍團】(25)陸軍由良要塞友ヶ島電灯所

皆様、月曜日をいかがお過ごしでしょうか。
ここのところ、寒い日が続いてますね。。。
東京の中心でも朝方は氷点下だったとか・・・

さてさて、本日は阪奈軍團「軍報」の
第25弾といたしまして、和歌山県和歌山市に
おかれていた友ヶ島電灯所の遺構を
ご紹介させてくださいませ。


友ヶ島電灯所は由良要塞の1つで
電灯機関舎を有する探照灯(サーチライト)の
運用施設として建設されました。

ここには120cm射光器や雑具庫・付属庫などが
設置され、発電所から照明座までの間に
架柱を植立して電線を通し送電していました。

現在、沖ノ島の全域が国立公園として整備され
簡単に見学することが可能ですが、
保存対策は特に講じられていないので
注意が必要です。


友ヶ島にお邪魔しております↓


ここから、北垂水方面に進んでいきますっ★


遊歩道に沿って、発電所と照明座を結ぶ
当時の送電線の支柱群が残っています↓



探照灯格納庫です↓



井戸もあります↓



これも当時の遺構でしょうね↓



格納庫横の階段を上がると
電灯井が口を開けています↓



ここから、友ヶ島第三砲台へ進んでいくと
発電施設の建物が残っています↓


発電施設は第三砲台の中にあるので
第三砲台に電力を供給する発電所と
間違えそうですが、電線跡の残存により
電灯機関舎であることが判ります。

このような配置は大変珍しいものと
思われます。


建物基礎も周辺に残ります↓



せっかくなので、次回の阪奈軍團「軍報」は
友ヶ島第三砲台をご紹介いたしますね。


【収録遺構】
 陸軍由良要塞
 友ヶ島電灯所

  建物 1棟
  建物基礎 1箇所
  地下施設 1箇所
  その他 4箇所

【探訪情報】
 2008.03.16  第1回探訪

 歩数(指数) 約2,500歩(100)


後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いしましょうっ♪
今日の夕飯はカレーです(笑)
←応援してくださいっ♪

コメント

[title]:No title

あれだけ探した電灯所、今は案内も出来て迷わず行けます!
  1. 2016/01/26(火) 03:17:45
  2. URL
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

[title]:kan様

あの頃が懐かしいですね。
タイムアップで、第四と虎島が
巡れなかったのが残念でした。

2月か3月にリトライ予定です。
また新たな発見にかけます!
  1. 2016/01/26(火) 08:38:33
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる