【祐実軍團】(62)陸軍東京湾要塞三軒家砲台 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【祐実軍團】(62)陸軍東京湾要塞三軒家砲台

皆様、水曜日をいかがお過ごしでしょうか。
三等兵は相変わらずつまらない平日を
過ごしております・・・


さてさて、本日は祐実軍團「軍報」の
第62弾といたしまして、
神奈川県横須賀市におかれていた
東京湾要塞の三軒家砲台の
遺構群をご紹介させてくださいませ。


三軒家砲台は東京湾要塞の 1つで
1895年(明治28)12月に竣工し、
翌年に27センチカノン砲を4門と、
12センチ速射カノン砲を2門据付けて
日露戦争の戦備につきました。

大正に入り、関東大震災が発生すると
砲座の前面部分にあたる胸檣が
地すべりを起こして崩落したり、
司令所や観測所が崩壊したりと
甚大な被害を出してしまいましたが
東京湾要塞復旧建設要領に基づいて
復旧工事を行ったことで、
1927年(昭和 2) 7月に復旧しました。
復旧の際、照明所も新たに設け
探照灯も配備されましたが
1934年(昭和 9) 8月に除籍となりました。

現在、砲台跡地は県立観音崎公園として
整備されており、掩蔽部や弾薬庫などは
入口が封鎖されていますが、砲座をはじめ
観測所や井戸なども良好な状態で
残存しており、見学が可能です。


走水でご飯を食べてスタートです↓



門柱です↓



27センチカノン砲の砲座です(抜粋)↓



各砲座間には横檣が設けられており
下部に砲側弾薬庫が残ります(抜粋)↓



背檣付近には井戸跡の区画が残ります↓



水槽です↓



水槽脇の階段を上ると見張所が残ります↓



両側に入口をもつ掩蔽部も残ります↓



観測所です↓



観測所掩蔽部です↓



観測所から少し奥に下がると
12センチ速射カノン砲の砲座が
2つ残っています(抜粋)↓



【収録遺構】
 東京湾要塞三軒家砲台

  門柱 1箇所
  砲座 6箇所
  地下施設 6箇所
  その他 4箇所

【探訪情報】
 2005.05.29  第1回探訪
 2007.01.02  第2回探訪
 2014.05.24  第3回探訪

 歩数(指数) 約10,000歩(999)


何か、雑なご紹介で申し訳ありません。
後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、おやすみなさいませZzz
←応援してくださいっ♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する