戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 07 21:43:35

【和泉軍團】(18)鹿島海軍航空隊

皆様、木曜日をいかがお過ごしでしょうか。
ここのところ、関東地方はパッとしない
天候が続いていますね・・・


さてさて、本日は和泉軍團「軍報」の
第18弾といたしまして、
茨城県稲敷郡美浦村におかれていた
鹿島海軍航空隊の遺構を
ご紹介させてくださいませ。


鹿島海軍航空隊は、阿見町におかれた
霞ヶ浦海軍航空隊の水上班からの
独立により、1938年(昭和13)に
開設されました。

ここでは、飛行練習生や飛行学生などに
対し、水上機を使用した操縦訓練や
整備教育などが行われましたが、
太平洋戦争に入ると日本の
本土防衛のための特別攻撃隊も
各戦線の中で組織され、
多くの犠牲者を出しています。

現在、敷地跡地の大半が
水環境保全再生研究ステーションに
なっていますが、当時の遺構が
多く残っています。


霞ヶ浦にお邪魔しております↓



門柱です↓



軍用地境界塀も一部残ります↓



衛所の基礎部分です↓



軽油庫です↓



水槽です↓



井戸です↓



号令台です↓



本部庁舎です↓



関連する建物と思われます↓



これもそうでしょうね↓



周辺には建物の基礎部分も
残っています↓



流し台の跡です↓



発電施設です↓



汽灌場です↓



霞ヶ浦に面した部分へ移動すると
カタパルトの基礎部分が残っています↓



滑走台です(抜粋)↓



少し離れた場所には
軍用地境界標も残ります(抜粋)↓



【収録遺構】
 鹿島海軍航空隊

  門柱 1箇所
  建物 7棟
  建物基礎 2箇所
  軍用地境界塀 1区画
  軍用地境界標 2本
  その他 9箇所

【探訪情報】
 2007.02.10  第1回探訪
 2012.01.02  第2回探訪
 2016.04.02  第3回探訪

 歩数(指数) 約10,000歩(498)


後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


※写真提供のお願い
 鹿島海軍航空隊の敷地跡に残る
 消火栓とカッターボンドの写真を
 提供してください m(_ _)m
 ハンドルネーム入りで、
 拙ホームページに掲載します★
 こちらまでお送りくださいませ↓
  twindisk_alstom@yahoo.co.jp
 よろしくお願い申し上げます m(_ _)m


さてさて、明日は早いので
今日はこれで失礼いたしますっ★

←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる