戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 19 01:48:39

【阪奈軍團】(37)東京第二陸軍造兵廠宇治製造所木幡軍用線

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
もう、日を跨いで火曜日ですね・・・

さてさて、本日は阪奈軍團「軍報」の
第37弾といたしまして、
京都府宇治市におかれていた
東京第二陸軍造兵廠宇治製造所の
木幡軍用線の遺構を簡単に
ご紹介させていただきまして
布団に入りたいと思います。。。


東京第二陸軍造兵廠宇治製造所の
前身である大阪陸軍砲兵工廠
宇治火薬製造所の時代は、
火薬類の運送を宇治川の水運に
たよっていましたが、次第に水運では
輸送が間に合わなくなったため
現在のJR奈良線の木幡駅から
線路を分岐させ、宇治製造所へ
引き込む軍用線を建設して、
大量の運送に有効な手段といえる
鉄道による輸送に移行されました。

軍用線は、一旦木幡から北上して
大きな曲線を描きながら
南に進路を変えて宇治製造所に
繋がっており、主に生産された
湿火薬を大阪府の枚方市におかれた
二造(東京第二陸軍造兵廠の略称)の
香里製造所へ向けて運送するために
使用されました。

戦後は廃線となり、線路が
撤去されていますが、
曲線を描いている区間を中心に
当時の遺構が現在も残っています。


JR奈良線の木幡駅に来ました↓


駅前付近に軍用地境界標が
いくつか残っています(抜粋)↓



駅前から許波多神社付近までは
軍用線跡が遊歩道として
整備されており、簡単に歩けます↓



許波多神社付近にも、いくつか
軍用地境界標が残っており
簡単に見ることが出来ます(抜粋)↓



許波多神社を過ぎると、西向きに
方向を変えていくのと同時に
土盛があらわれます↓



この周辺は、多くの軍用地境界標が
残っています(抜粋)↓



土盛をはしる軍用線をクロスする
道路や京阪電車は、全て橋梁により
アンダーパスをしており、その名残として
橋脚部分が現存しています↓



唯一、完存する橋梁と
軍用地境界標です↓



京阪電車を跨ぐ部分は
橋脚部分が残っています↓



京阪電車も素敵ですね↓



【収録遺構】
 東京第二陸軍造兵廠
 宇治製造所
 木幡軍用線

   軍用地境界標 17本
   橋梁 3箇所
   その他 1箇所

【探訪情報】
 2008.01.13  第1回探訪
 2014.12.07  第2回探訪

 歩数(指数) 約20,000歩(196)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、おやすみなさいませZzz
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる