戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 05 10:26:01

【和泉軍團】(21)陸軍下志津演習場(千葉県八千代市)

皆様、連休後半をいかがお過ごしですか。
大型連休も、そろそろ終わりですね・・・

さてさて、本日は和泉軍團「軍報」の
第21弾といたしまして、
千葉県八千代市に敷地の一部が
おかれていた陸軍下志津演習場の
遺構をご紹介させてくださいませ。


下志津演習場は、千葉市におかれた
歩兵学校や、四街道市におかれた
野戦砲兵学校・野戦重砲兵第四連隊で
使用する兵科演習場として
設置されました。

現在、敷地範囲は一部分しか
特定出来ておらず、完全には
解っていないのですが、
資料によると演習場は
花見川区の三角町・千種町・
大日町・宇那谷町などを含む
地域と、稲毛区の山王町・長沼原町・
六方町などを含む地域や、四街道市の
鹿放ヶ丘・大日を含む地域や、
佐倉市の上志津・上志津原・
下志津原を含む各地域の他に、
千葉市周辺の郷土史に明るい
sk-h先生のご教示により
今回、八千代市の勝田周辺にも
敷地がかかっていたことが
判りました。

また、演習場の敷地内には
三角原・六方野・下志津の
各射場が設置されており、
演習場の中間部にあたる山王町や
長沼原町に構築された砲弾の的に向け
砲撃の演習が行われたようです。

太平洋戦争の末期は、
習志野におかれた戦車師団や、
千葉におかれた戦車学校の
演習場にも使用されたようです。

現在、この演習場の存在を
裏付けるものとして、各地域に
軍用地境界標を中心とする遺構が
多く残っています。


おピンちゃん先生に無理を言って
八千代市にやってきました↓



軍用地境界標です↓


風化が著しいですが
「陸軍用地」と彫られています。


境界線上に柵の一部と思われる
支柱が数本残っています。
(違うものだったらゴメンナサイ)↓



この後、1時間くらい周辺を
歩いてみましたが、これ以外は
遺構を見つけることが
出来ませんでした。。


今日のお礼にと、京成バラ園に
おピンちゃん先生をお連れしました↓


見事にバラは咲いておりません(笑)
咲いていないのに、シーズン中の
特別料金をお支払いしました~
(もちろん、窓口の方に念押しを
されたうえで入場しています)


2週間後にまた行きます(笑)↓



【収録遺構】
 陸軍下志津演習場(八千代市)

  軍用地境界標 1本
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2016.05.03  第1回探訪

 歩数(指数) 18,193歩(100)


後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、よい1日をっ♪
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる