【阪奈軍團】(39)陸軍第十六師団騎兵第二十連隊 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【阪奈軍團】(39)陸軍第十六師団騎兵第二十連隊

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
三等兵は、先日の一件で
すっかりしょげております。。

本日は、阪奈軍團「軍報」の
第39弾といたしまして
京都府京都市におかれていた
陸軍第十六師団の騎兵第二十連隊の
遺構を1つだけご紹介いたします。


騎兵第二十連隊は、第十六師団に
隷属する部隊で、1905年(明治38)に
兵庫県の姫路市において編制され
京都市に兵営がおかれました。

戦歴も古く、日露戦争を皮切りに
満州の守備につき、シベリア出兵・
満州事変・日中戦争にも参戦しますが
騎馬に代わる兵器として
戦車や自動車などが近代戦の
主力になると、捜索連隊に改編され
太平洋戦争に突入すると
フィリピン方面の作戦に従事し
終戦となりました。

現在、跡地は市立深草中学校や
市営住宅などに変遷して
当時の面影がありませんが、
名神高速道路下の一角に
連隊の碑とともに馬繋柱が
1つ保存されています。


京阪電車の藤森駅に来ております↓



少し歩くと、騎兵第二十連隊の
碑が見えてきます↓



馬繋柱です↓



【収録遺構】
 陸軍第十六師団
 騎兵第二十連隊
 (陸軍第十六師団
  捜索第十六連隊)

   その他 1箇所

【探訪情報】
 2007.07.09  第1回探訪
 2007.12.23  第2回探訪
 2013.11.22  第3回探訪

 歩数(指数) 約3,000歩(358)


それでは、おやすみなさいませZzz
←応援してくださいっ♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する