戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 11 22:26:52

【祐実軍團】(3)陸軍本科士官学校演習場

皆様、週末をいかがお過ごしでしょうか。
最近、土・日のどちらかが雨なので
お出かけしづらいですね(涙)

さて、祐実軍團「軍報」の
第3弾といたしまして
今回は神奈川県相模原市に
おかれていた陸軍本科士官学校の
演習場のご紹介をさせてください。


陸軍本科士官学校は、少尉以上の
階級を対象に養成を行う教育機関で、
当初は東京の市ヶ谷におかれていた
士官学校が、生徒の増加に伴って
敷地が手狭になってしまい、
1936年(昭和11)に、このうちの本科を
座間へ移設拡張させることで
問題を解決させました。

陸軍本科士官学校演習場は、
1936年(昭和11)に市ヶ谷から
本科士官学校の移転に伴って校舎に
隣接する形で設置され、
その敷地規模は現在の
麻溝台・相模台・磯野・新磯野の
全域にわたる広大なものでした。

ここでは「砲」「工」「歩」「騎」「戦車」の
兵科 (ちなみに、これら各兵科の総称は
「地上兵科」といいます★) 演習が
行われました。

現在、跡地は米軍座間キャンプや
相模原公園・女子美術大学などと
なっていますが、麻溝台の南側を
中心に軍用地境界標が残存しています。

2007年から2009年までの2年間でしたが
三等兵は相模原市民でもありました(笑)
このため、相模原市と隣接する座間市の
軍事施設の敷地は(外枠ですが)
歩きたおしていますが、演習場の遺構は
軍用地境界標だけのようです。

相武台地区に残る軍用地境界標(抜粋)↓
相武台の軍用地境界標

磯部地区に残る軍用地境界標(抜粋)↓
磯部の軍用地境界標

新戸地区に残る軍用地境界標(抜粋)↓
新戸の軍用地境界標

麻溝台地区に残る軍用地境界標(抜粋)↓
麻溝台の軍用地境界標

本科士官学校演習場の軍用地境界標群の
中でユニークな標柱はこれですっ↓
sagamihara_shikanenshu_7.jpg

これも麻溝台に残存している
1本なのですが、特定の施設名を
刻んでいる軍用地境界標は
珍しいですよっ(「陸士」は士官学校の略称)

是非、探訪をお勧めいたしますっ★

【収録遺構】
 陸軍本科士官学校演習場
  軍用地境界標 8本

【探訪情報】
 探訪回数  10回

 歩数(指数) 136,974歩(999)


詳細は、ホームページ内で
ご紹介させていただいております↓
 陸軍本科士官学校演習場


ただいま、名古屋に遠征しているので
簡単なご紹介で申し訳ございません。


それでは、またお会いいたしましょうっ♪
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる