戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 12 21:11:57

【和泉軍團】(28)横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊飯沼基地

皆様、週末をいかがお過ごしでしょうか。
今日を休んで4連休とされている方々も
多いかと推察しております★

本日は房総半島の戦争遺跡の権威である
maya先生と共謀いたしまして(笑)
和泉軍團「軍報」の第28弾といたしまして
前回に続き、千葉県銚子市におかれていた
横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊の
飯沼基地の遺構をご紹介させてくださいませ。


第一特攻戦隊は、横須賀海軍鎮守府に隷属し
太平洋戦争の戦局が圧倒的に
劣勢となったことに伴って、
来たる本土決戦に備え編成された
特別攻撃部隊で、主に房総半島と
三浦半島の南部の防衛を担当し、
上陸のために接近する艦船に対して
水上特攻艇の「震洋」・水中特攻艇の
「海龍」「蛟龍」や、人間魚雷の「回天」を配備し
特別攻撃を行うための拠点が
各地におかれており、
銚子の清水地区周辺にも
基地が設置されていました。

ここには、同隊の傘下であった
第一三九震洋隊が展開し
174名の人員と26艇の震洋が
配備についたようです。

現在、擁壁工事などで
見えなくなっていますが、
震洋の格納壕が少し残っています。

また、少し離れた南西部にも
居住区として構築された
地下壕が残っています。


前回に引き続き、千葉県の最東端の
銚子にお邪魔しております↓



飯沼基地の船艇格納庫です↓

※2007年1月の写真です。


今回もANALISTの精鋭方と
一緒に探訪していきます↓


いやぁ、このメンバー方は
機動力が高いっ★
三等兵が参画できるなんて
光栄ですよっ、本当に!

1次資料も豊富に揃っているし
言うことなしです!

房総半島だけじゃもったいない!
三等兵と「全国」やらないっすか?
(銚子だけに調子に乗ってスミマセン)


目的地に到着しました↓



地下壕の中に入っていきます↓



内部の様子です↓



排水溝がきれいに設けられている
坑道も見受けられました↓



また、特筆するべき点として
慶応4年(?)に醤油醸造に使うため
掘削された水路トンネルを
壕内に引き込んでいることです↓



南側に進むにつれて
掘削途中の跡が目立ってきます↓


坑道は南方向へは貫通していませんが
南側にも同時に掘削されたと考えられる
地下壕が展開しており、
水路トンネルで繋がっています。


南側に展開する地下壕です↓



内部の様子です↓



地下壕の内部図です↓

 ※この内部図はそのうち消します。

内部図にある水路トンネルは、
三等兵はきちんと見ておりませんので
形状が異なっている可能性が
十分にありますのでご注意を!

ちなみに、この壕の総延長は
181.5mを計測しています。
(水路部分は除きます)


これも、当時の遺構と思われます↓



後日談ですが、掲載の地下壕は
探訪時点で用途不明だったのですが、
飯沼基地の居住区であることが
判明しましたっ!

以下、判明にいたるまでの
maya先生と三等兵のやりとりを
どうぞっ↓

マ:先日はお疲れだったな、ボケぇ~!
 オッサンにオッサン呼ばわりされる
 言われはねーんだよ、このサル助がっ!
 (実際の人物像と大きく異なります)

三:この間は大変にお世話になりました★
 先生、飯沼基地の船艇格納庫から
 500mという若干の近さがあるので
 飯沼基地に関連する壕では?

マ:じゃかーしぃんじゃ、このボケナスが!
 こっちは○○退治から帰ったばっかで
 疲れてるんじゃっ!
 (こんなこと言う方じゃありません)

三:はっ、大変申し訳ございません m(_ _)m
 (元帥(おピンちゃん)、助けてくだせぇ・・・)
 取り急ぎ、受注いたしました
 内部図制作の画像をお送りしますので
 どうか、ご機嫌をお直しくだされ・・・

マ:ふん、下請けのくせして早いな!
 気が向いたら見てやっからよ★
 (実際の人物像と大きく異なります)

・・・・数十分後・・・・

マ:三等兵、でかしたっ★
 この添付を見よ↓
 

マ:貴様の内部図と添付の黒塗り部分が
 たまたま一致してるみたいだから
 居住区なんじゃねーのか、タコ助が!
 (実際の人物像と大きく異なります)

三:ははぁ、maya先生★
 これも陛下のご威光でございます!
 (三国志かよっ)

マ:とりあえず、次回も内部図の
 発注すっから、ボヤボヤすんなよ
 このヘボ助がっZzz
 (こんなこと言う方じゃありません)


こういう感じのやり取りが
日中に続きまして(笑)

内部図をつくることで、
こういう場面で功を奏すということを
目の当たりにしました★


これは、三等兵の勝手な推測ですが
「居住区」なので、水場周辺に
掘削をしたものの、予想に反して
水路トンネルが出てきちゃって
途中で掘削を断念し、その結果
南北で坑道が分断してしまったと
考えられます。。。


【収録遺構】
 横須賀海軍鎮守府
 第一特攻戦隊
 飯沼基地

  地下壕 2箇所
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2007.01.01  第1回探訪
 2016.08.07  第2回探訪

 歩数(指数) 約1,000歩(100)


真面目に書きますが、
同会の皆様、同日は本当に
お世話になりました m(_ _)m


それでは、またお会いしましょうZzz
←応援してくださいっ♪

コメント

[title]:No title

うん、うん
まあ、いいだろう!
なんちってね。

仕事はやいですなあ(^0_0^)
もうアップとは……
うん、うん……、実際の人物像、まんま対してかわらんので
遠慮なくいじってもらってかまわんどす(笑)
ま、これがアナリスト流です。
散策は楽しく( ̄ー ̄)

次回通信、指令部も見つかるといいですねぇ……
こうなったらついでに外川も、やっちゃおうかねぇ……
って、そうこうしてるうちに隊長ネタが入ってきますよ。
隊長ネタはかなりビンポイントであててくるん
で、これも期待しましょ(^ー^)

  1. 2016/08/12(金) 22:34:43
  2. URL
  3. maya #-
  4. [ 編集 ]

[title]:maya様

書き込みありがとうございます m(_ _)m
アナリストの方々は、強烈な個性を
お持ちのようですが、能力が結集すると
爆発的な「力」が発揮されることは
本当にスゴイことです!

まるで、三国志の「蜀」みたいなもんで(笑)

maya先生の部隊は、基本的に海軍モノは
扱わないとのことですが、銚子に関しては
ここまでやったのですから
外川も片づけてしまいましょうよ(笑)
隊長先生の案件も非常に気になります★

次回の探索と再会を楽しみにしております!
  1. 2016/08/12(金) 23:04:54
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム