戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 31 22:39:31

【和泉軍團】(29)熊谷陸軍飛行学校下館分教所

皆様、水曜日をいかがお過ごしでしょうか。
まだ水曜日なんですね・・・
気分はすっかり金曜日くらいですよ。。

8月も今日で終わりですね。
夏は探訪にも通勤にも適さないし
良いことがないですけど、
「夏」が終わってしまうのを
目の当たりにすると、何か寂しいですね。


さて、本日は和泉軍團「軍報」の
第29弾といたしまして
茨城県筑西市におかれていた
熊谷陸軍飛行学校下館分教所の
遺構をご紹介させてくださいませ。
(既出案件で恐縮です・・・)


熊谷陸軍飛行学校は、
下士官や少年飛行兵に対して、
飛行機の操縦方法や技術などを
教育する目的で、1935年(昭和10)に
現在の熊谷市に開設された
教育機関で、戦局に沿って飛行兵を
拡充する必要が出てきたため、
1939年(昭和14) に分教所が
現在の筑西市内に設置されました。

また、翌年の1940年(昭和15)には
現在の宇都宮市内に
宇都宮陸軍飛行学校が設置されると、
その分教所に変更されました。

1944年(昭和19)以降は、
太平洋戦争の戦局が悪化し、
飛行学校が軍隊化されたことで
編制された宇都宮陸軍教導飛行師団の
拠点として施設が使われ、特攻を行うため
振武第五十七特別攻撃隊と
振武第五十八特別攻撃隊が
沖縄方面へ出撃していきました。

終戦後、敷地は食糧増産のために
農地として払い下げられたため、
当時の遺構はほとんど消失していますが、
敷地の北西部に飛行機の無蓋掩体が
残存しています。


茨城県の筑西市にお邪魔してます↓


水戸線の玉戸駅から
ひたすら歩きます(ホエホエ~)


飛行機掩体の土盛り部分が
4箇所にわたって残っていますが
写真では何が何だかわかりませんね↓






これも遺構でしょうかね・・・↓



他の情報サイトによると、当時の
弾薬庫が残っているようなのですが
発見出来ませんでしたっ▲

詳細をご存知の方は
是非、教えてください (-人-)



【収録遺構】
 熊谷陸軍飛行学校
 下館分教所
 (宇都宮陸軍教導飛行師団
  下館飛行場)

  飛行機掩体 4箇所
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2014.01.11  第1回探訪

 歩数(指数) 17,143歩(94)


それでは、またお会いしましょう★
←応援してくださいっ♪

コメント

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/09/01(木) 17:07:37
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:XXXXXX様

毎度、書き込みありがとうございます!
ご指摘のとおりですね・・・
「分教所」を「文教所」と書いてしまうのは
あまりにも「酷過ぎ」ですっ!
これじゃ、発信者としての「資質」が
問われてしまいますね~

さっそく、直しました!
  1. 2016/09/01(木) 18:01:30
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる