戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 17 19:13:16

【和泉軍團】(30)陸軍第一師団高射砲兵第二連隊

皆様、三連休をいかがお過ごしですか?
三等兵は、明日から4日間の過程で
函館へ行ってまいりますっ m(_ _)m
何とか天気がもちこたえてくれれば・・

さて・・・
本日は和泉軍團「軍報」の
第30弾といたしまして、
千葉県柏市におかれていた
陸軍第一師団の高射砲兵第二連隊の
遺構群をご紹介させてくださいませ。


高射砲兵第二連隊は、
帝都の防衛を目的として
設置された柏飛行場と
周辺におかれた軍事施設の
防衛を行うため、1938年(昭和13)に
市川の国府台から移駐して、
現在の根戸周辺に兵営をおきました。

また、兵営の中央に 4つの
鉄塔をおき、それぞれの頂上部分を
ワイヤーで繋ぎ、模擬飛行機を
吊り下げて標的とし、平時の
高射砲演習に使用されました。

1941年(昭和16)に入ると、
部隊の主力が東京へ移ったため、
この2年後の1943年(昭和18)に、
東京師管区に従属する歩兵と
工兵の各補充隊にあたる
東部八十三部隊と東部十四部隊が
跡地に駐屯し戦地に送られるまでの
間に部隊の編成と訓練が行われ
終戦まで存続しました。

現在、跡地のほとんどは
住宅地になっており、
面影がありませんが、
当時の遺構が少し残っています。


千葉県柏市の住宅街に
お邪魔をしております↓



埋もれていますが、
軍用地境界標が残っています↓



周辺にもう1つ残っており
こちらは状態がいいです↓



高野台児童公園内には
門柱が移設保存されています↓



2010年時点で残存を確認している
照空予習室及び測遠器訓練所です↓


2007年(平成19)の探訪では、
この建物が根戸消防分署で
使われていることを確認しており
このまま残っていくものと
思っていましたが、消防分署が
移転してしまい、現在はそのまま
放置されています。

2005年11月時点の写真です↓


そういえば、ホームページは
「馬糧倉庫」のままです・・・
機を見て修正しますねっ★


連隊敷地の東端部分にも
軍用地境界標が残っています↓



【収録遺構】
 陸軍第一師団
 高射砲兵第二連隊
 (陸軍東部十四部隊,
  陸軍東部八十三部隊)

   建物 1棟
   門柱 1箇所
   軍用地境界標 3本

【探訪情報】
 2005.11.13  第1回探訪
 2007.??    第2回探訪
 2010.03.10  第3回探訪

 歩数(指数) 約10,000歩(100)


明日から4日間は「雑記」形式での
ブログ更新とさせてください。
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる