【美恵軍團】(28)陸軍第十三師団歩兵第四十九連隊 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【美恵軍團】(28)陸軍第十三師団歩兵第四十九連隊

皆様、月曜日をいかがお過ごしでしょうか。
週の始めから忙しいとゲンナリですね・・・


さてさて、本日は美恵軍團「軍報」の
第28弾といたしまして
山梨県甲府市におかれていた
陸軍第十三師団歩兵第四十九連隊の
遺構を1つだけご紹介させてくださいませ。


歩兵第四十九連隊は、日露戦争中に
増設された第十三師団に隷属する
基幹部隊として、1905年(明治38)4月に
編制され、甲府市に新設された
兵営に転営しました。

日露戦争の終結後は、師団の
増設と同時に既設師団の再編成が
行われたことで、隷属先が第一師団に
変更され、その後の第一次世界大戦では
青島の守備につき、1936年(昭和11)に
発生した二・二六事件では
鎮圧部隊となりました。

その後は、匪賊討伐のために
満州へと移駐し、太平洋戦争では
グアム島やレイテ島へ転進して
奮戦しますが部隊は壊滅状態となり、
終戦時の生存者は 100名に
満たなかったようです。

現在の連隊跡地は、
山梨大学附属中学校などに変遷し
面影がありませんが、学校内に
糧秣倉庫として使用された
レンガ製の建物が残存しており
山梨大学の赤レンガ館に
活用されています。


甲府にやってまいりました↓



いや~、今回も猛暑の中
おピンちゃん先生と歩いていきます↓



糧秣倉庫が山梨大学附属中学校内に
1棟残っています↓



別アングルからもう1枚載せます↓



いや~、今回もとにかく暑かったです。
お昼に入ったお蕎麦屋さんで
鶏もつ焼き定食とビールを飲んで
喉の渇きを潤しました(汗)


【収録遺構】
 陸軍第十三師団
 歩兵第四十九連隊
 (陸軍第一師団
  歩兵第四十九連隊)

  建物 1棟

【探訪情報】
 2016.09.10   第1回探訪

 歩数(指数) 約3,000歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますっ★


それでは、おやすみなさいませZzz
←応援してくださいっ♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する