戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 06 23:59:55

【鉄道】(6)阪急電鉄3300系

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
三等兵は、毎日仕事からの
帰りが遅く、ゲンナリでございます。

他の方なら8時間で出来る仕事を
12時間以上もかけてやるなんて
職場そのものが「無能」であると
言っているようなもんです。
まったく、情けないですね。


さてさて・・・
本日は、息抜きとして恒例の
鉄道ネタでブログの更新を
させていただきます m(_ _)m
「軍報」目当てのご常連様、
失礼をお許しくださいませ。


三等兵の裁量で恐縮です。
本日は阪急3300系について
想いを記載させてください m(_ _)m


阪急3300系電車(wikipediaを抜粋)↓
---------------------------------------
1967年(昭和42)から京都線・
千里線仕様車として製造された。
当時の大阪市交通局堺筋線への
相互直通運転計画から、
「民営鉄道標準車体」と呼ばれる
車体で製造されたが、車体各所の
設計は、ほぼ同時期より神宝線向けに
製造を開始した5000系と共通している。

なお、神宝線へは民営鉄道標準車体では
車体幅が車両限界に抵触するため、
入線不可能である。

地下区間での故障時推進が行えるように、
電動車の比率(MT比)が高く取られ、
電動機1台あたりの出力は
下げられている。

定格速度も低めの設定だが、
歯車比は京都線標準の5.25で、
弱め界磁制御範囲が広く
高速運転も可能である。

その他の特徴として、5000系と同じく、
乗り心地向上を目的として
阪急初のS型ミンデンドイツ式
空気バネ台車(S型以外で
空気バネ台車は一部ですでに
採用されていた)を装着した点、
前面左側窓上に小型の
手動式方向幕が設置され、
前面標識灯は左右とも若干外側に
設置された点、堺筋線内で運転士が
駅出発時に警笛を使用する関係上、
運転台の主幹制御器と
ブレーキハンドルが個別の
2ハンドル車であるが、電気笛が
標準装備されている点などが
挙げられる。
---------------------------------------

こんな感じの車両です↓

ゴマのブログから写真を拝借してます。


この三等兵、以前の仕事の関係で
兵庫県宝塚市に住んでおりました(笑)
とはいえ、短い期間でしたが・・・

職場が森ノ宮にあったので、
家の最寄り駅だった清荒神から
宝塚線の通勤急行に乗って
梅田で環状線に乗り換えてました。
この通勤急行ってのも、なかなか遅く
服部まで延々各駅停車で上って行き、
そのあとは十三までノンストップでしたが
表定速度は小田急・京王なみでしたね。

そんな中、梅田駅の京都線ホームに
この3300系が停まっていて、
阪急にしては異端ともいえる
出だし「音」が今でも記憶に残ります。
この「音」は本当に素敵ですねっ★

この形式も、そろそろ車齢が40年を超え
オールドタイマーになりつつありますが
2016年現在で114両が在籍しているとか。
いつまでも活躍してほしいですね。

3300系が履くFS-369台車↓
_DSCab6399sFS369.jpg
みんなで発信!!千里山ブログ
 写真を借用しております。

うーん。。。
個人的に住友ミンデンは
好感が持てないですが、
加減速時に出す「音」は
本当に感動ものですね★


阪急3300系の走行音再現です↓
https://www.youtube.com/watch?v=98VLAZ6_RVE

私が「素敵」と言っている部分は
開始10秒~17秒あたりまでの
音です★

東武9000系と同じ出だしかな・・・

ここだけで3300系だと
判っちゃいます♪ ←バカだなぁ、私


本日は大変な「脱線」と「的外れ」な
ブログ更新で申し訳ありません m(_ _)m

それでは、おやすみなさいませZzz
←応援してください★

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる