戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

ARTICLE PAGE

【鉄道】(8)京王帝都電鉄5000系

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
三等兵は風邪真っ盛りです。。。
今日は予定をキャンセルして
家に籠って出来ることをして
以降の遠征に土・日を
有効に使えるようにしますっ。
あ~、頭いてぇ・・・


さてさて・・・
本日は、息抜きとして鉄道ネタで
ブログの更新をさせていただきます。
「軍報」目当てのご常連様、
失礼をお許しくださいませm(_ _)m


三等兵の裁量で恐縮です。
本日は京王5000系について
想いを記載させてください m(_ _)m


京王5000系電車(wikipediaを抜粋)↓
---------------------------------------
1963年(昭和38)から1969年(昭和44)にかけて
155両が日本車輌製造・東急車輛製造・
日立製作所で製造された。

架線電圧の1,500V昇圧に伴って投入され、
京王帝都電鉄京王線が路面電車由来の
軌道線から本格的な都市鉄道への
脱皮を果たしたことを象徴する車両である。
また、この車両から前面に貫通扉を設置した。

1964年(昭和39年)度の鉄道友の会
ローレル賞を受賞している。
この5000系を最後に、京王はローレル賞・
ブルーリボン賞を受賞していない。

1968年(昭和43年)以降に製造された車両は
関東地方初、また通勤形電車のうち
ロングシートを装備した車両という条件に
限れば、日本初の冷房車となった。
(三等兵注釈:通勤車で日本初の冷房車は
名鉄5500系です)

5000系は2M2Tcの高経済車として
製造された。WN継手式駆動の
補極・補償巻線付直巻主電動機 (130kW)、
発電制動付一回転カム軸式主制御器、
ARSE空制装置、PS13型パンタグラフを
搭載した。起動加速度は2.5km/h/s、
弱め界磁制御を15%までの広範囲で行い
5.60(150kW車は6.07)という大歯車比と
30km/h台の低定格速度にも関わらず
80km/h時の加速度1.5km/h/s、
平坦線釣合速度120km/hの
高性能を有する。

1996年(平成8)3月以降は
本線から完全に撤退し、
動物園線の区間運転で使用されたが、
同年11月30日に「さよなら運転」の
準備と移動を兼ねて
高幡不動 - 京王八王子 - 新宿 - 若葉台で
最後の営業運転を行った。翌12月1日に
「さよなら運転」を行ったが、この時に
かつての帯の「ひげ」をクハ5722に追加した。
若葉台 - 新宿 - 京王多摩センター - 若葉台を
2回運転し、午前と午後の運転の間には
若葉台で撮影会も実施した。
このさよなら運転は招待制であり、
1,000人(午前・午後各500人)が公募されたが、
実際の応募者が3,000人余りに達したことから、
京王では落選通知のはがきを撮影会場に
持参した人に対し、さよなら運転告知の
中吊りポスターをプレゼントする程であった。
---------------------------------------


こんな感じの車両です↓
5000-sa.jpg
ここより、写真を転用しております。
 (オーナー様が判らず申し訳ない)

鉄道に興味のない方々には
判ってもらえないかもしれませんが
素敵すぎますよ、この車体美★

確か、中学時代だったでしょうか・・・
「ファン」を貫くために形式を
1つに絞る時、京急1000形
この形式と「どちらにしようか」を
3日間くらい考え込んだことが
ありますっ★(頭おかしいね)
結果、京急1000形を追うことに。


通過表示灯を点灯させて
特急運用に入る5000系↓
keio5000-seiseki.jpg
ここより写真を転用しております。
 (オーナー様が判らず申し訳ない)

走行性能も素敵でした★
後期車は歯車比が6.07で
(国鉄103系と同等)
電動車(デハ)と付随車(サハ・クハ)の
比率がおおよそ1:1でしたが
速度100キロに到達するのに
時間はかからなかったはずです。
モーター音は確かマイルドな
高音系だったかな。。。
そんなに爆音じゃなかったです。


各停でスピードが乗らないですが、
当時の走行音です↓
 京王新宿線 5000系走行音
 ※motic1192様の動画です。

日立系列ですな~(笑)
東急7000系にすこし被る音です。


5000系が履いていた台車です↓

鉄道ホビダス台車近影から
 写真を転載しております。


5000系は、残念ながら京王線上では
全廃していますが、車体は人気があり
愛媛県をはしる伊予鉄道や
山梨県をはしる富士急行・
香川県をはしる高松琴平電鉄・
千葉県をはしる銚子電鉄 などなど
様々な地方で現在も活躍してます。
ただし、軌間が京王とは異なるので
(京王1372mm:その他1068mm・1435mm)
足回りは他の形式のものです。。。


是非、探訪の際は拝みたいですねっ

本日は大変な「脱線」と「的外れ」な
ブログ更新で申し訳ありません m(_ _)m

明日は「ホームページ関係」の記事を
載せますので、「軍報」は月曜日からの
再会となります。よろしくお願いします★


それでは、またお会いいたしましょう♪

0 Comments

Post a comment