戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 11 10:37:25

【阪奈軍團】(52)陸軍第十師団司令部

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

三等兵は心労によりダウンです。。
こんな状態で探訪に臨んでも
いい結果を出せないので
明日の浜松探訪は、防禦線を張り
「断念」することにしました・・・

そして、このブログを投稿したら
出社します。(休みたかったのに)
明日を「断念」する代わりに
今日は「適当」にやりますっ!
ヤル気なし。知りません。
「暴言王」です(笑)

さて、本日は阪奈軍團「軍報」の
第52弾といたしまして
兵庫県姫路市におかれていた
陸軍第十師団司令部の
遺構をご紹介させてくださいませ。


第十師団は、日清戦争の後に
日本の軍備増強の必要性から
新設された6師団のうちの 1つで
1898年(明治31)に姫路で編制され
師団司令部が姫路城の東に
おかれました。

戦歴も古く、日露戦争では
第四軍の隷下部隊として
遼陽会戦・沙河会戦・奉天会戦に参加し
戦果を出しました。

昭和時代に入ると、満州事変や
日中戦争により満州に駐留しましたが、
その後の太平洋戦争では
連合軍の進行に備えるため
太平洋方面に配置が変更され
フィリピンのルソン島の守備にあたり
奮闘しますが、壊滅状態で
終戦となりました。

現在、跡地は賢明女子学院や
淳心学院に変遷し、わずかに
当時の遺構が残ります。


おピンちゃん先生と
姫路市にお邪魔しております↓



敷地の南側を歩いていくと
軍用地境界標が残っています↓



通用門と思われます↓



もう1つ軍用地境界標が
残っていました↓



敷地に沿って進んでいきます↓



敷地の北側にも軍用地境界標が
残っています↓



司令部から少し北側に進んだ場所に
師団長官舎と庭園も残っています↓



師団長官舎の門柱です↓



塀も残っています(抜粋)↓



【収録遺構】
 陸軍第十師団
 師団司令部

   門柱 2箇所
   建物 1棟
   軍用地境界塀 2区画
   軍用地境界標 3本
   その他 1箇所

【探訪情報】
 2016.02.19 第1回探訪

 歩数(指数) 1,004歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、行ってきますね。。。


↑よかったら応援してください♪

コメント

[title]:No title

ぷははは……(^0_0^)
散々吠えた後の戦跡紹介バカうけ!
おれ、こういうの嫌いじゃないな。
変に大人ぶって何事もなかったの如く平静を
装おってる奴より、人間らしくてええですわ( ̄ー ̄) 頑張れ三等兵!
  1. 2016/11/11(金) 12:01:19
  2. URL
  3. maya #-
  4. [ 編集 ]

[title]:mayaさま

書き込みありがとうございますっ!
散々吠えたあとに会社へ行くのがミソです(笑)
結局は服従せざるを得ないんですよね・・・
でも、今日はただでは死ぬまいと
エンドユーザを泣かしてやりましたが(笑)

もちろん、先生に言われなくたって
頑張りますよっ★

当然ながら、仕事ではなく、
ホムペの更新と探訪ですっ!

ここのところ、資料の整理に
励んでいるのですが、
色々と有用な情報が出てきました~!
既に先生で把握しているような
内容だったら申し訳ないのですが
近いうちに連携させてください!

  1. 2016/11/11(金) 23:33:01
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #uwX4M0Jw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる