戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 24 19:35:25

【美恵軍團】(32)陸軍少年戦車兵学校

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
今日の関東地方は雪も降って
寒い1日でした・・・

総軍の「本拠」である
埼玉も朝からこんな感じでした↓


むむむ、関西から帰還して
すぐにこんな陽気じゃ
何か波乱の予感がします・・・


さてさて、本日は美恵軍團「軍報」の
第32弾といたしまして、
静岡県富士宮市におかれていた
陸軍少年戦車兵学校の
遺構をご紹介させてくださいませ。


少年戦車兵学校は、戦車などの
機甲部隊の拡充強化を目的として、
1941年(昭和16)に千葉市におかれていた
戦車学校から分離独立し
富士宮市に兵営が新設されました。

ここには、校舎や集会所・車庫・
弾薬庫などがおかれたほか、
約80両の戦車と自動車類も配備され
太平洋戦争の終戦までの間に
約 4,000名の少年兵が卒業しました。

当時の敷地跡は小学校や
スポーツ広場・工場・住宅地などに
変遷していますが、周辺に多くの
遺構が残っているほかに、
若獅子神社の境内に、
サイパン戦において投入された
九七式中戦車が引き揚げられて
保存されています。


かれこれ10年以上のお付き合いとなる
「師」であり「友」でもあり
「何でもあり(笑)」の重鎮方の皆様と
富士宮市にお邪魔しております↓



若獅子神社の境内に
戦車学校の建物配置図があります↓



正門です↓



通用門です↓



移設された軍用地境界標です↓



当時の戦車も保存されています↓


これは、「チハ」のコードネームをもつ
(中戦車の「チ」・3種目をイロハ表現で「ハ」)
陸軍主力の車両であった九七式中戦車で、
熾烈をきわめたサイパン戦で実際に使われ
終戦後に引き揚げられました。
現在は、戦車の諸元や経緯を記した
案内板と屋根が設けられて丁寧に
保存されていますっ★


関連する建物かもしれません↓

※ホームページ上は当時の遺構として
 掲載させてください。


水槽です↓



表門跡です↓



周辺に関連する遺構が残ります(抜粋)↓



将校集会所の通用門です(抜粋)↓



燃料油脂庫です↓



敷地のはす向かいになるのですが
おそらく当時の建物でしょうね↓



橋梁も残ります↓



建物配置図と照らし合わせると
狭窄射撃場の付属建物です↓
P1210018.jpg


陣営具庫です↓




必中橋です↓



周辺に防空壕も残っています↓



【収録遺構】
 陸軍少年戦車兵学校

  門柱 5箇所
  建物 6棟
  橋梁 2箇所
  地下施設 1箇所
  軍用地境界標 1本
  その他 6箇所

【探訪情報】
 2016.10.30   第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


それでは、またお会いいたしましょうZzz


↑よかったら応援してくださいっ!

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる