戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2014 14 18:11:45

「祐実総軍 ― 戦争遺跡データベース」 更新しました(埼玉県と大阪府と静岡県の一部)

皆様、お仕事・講義 お疲れ様でございましたっ!

前回のリリースから少し時間が経ってしまいましたが
今回もしれっとホームページをリリースしますっ★

今回は埼玉県内の戦争遺跡を追加いたしました!
(所沢市・桶川市・朝霞市:全46遺構)

いずれも中途半端な踏査での掲載になりますが
どうぞお許しくださいませっ m(_ _)m

今回の追加で、埼玉県の掲載自治体が5つになりましたので
埼玉県の一覧画面も併せて作成しておりますっ(汗)

 是非、こちらからアクセスをお願い申し上げます↓
 http://yumigundan.web.fc2.com/saitama_contents.htm

 また、一覧画面の枠数が掲載自治体数を上回っていますが
 これらもいずれ埋まることを見越して作成しておりますw

 完成はまだ先なので、気を長くして完成をお待ちいただければと
 存じますっ★

そして、またもや茨城県に次いで小出しのリリースとなりますが
気分を変えて静岡県・大阪府の一部を追加いたしましたっ!
ぶっ飛びで申し訳ありませんが、一度見ていただければ幸いです♪

 静岡県三島市(全15遺構)
  http://yumigundan.web.fc2.com/mishima.htm
 大阪府東大阪市(全1遺構)
  http://yumigundan.web.fc2.com/higashi_osaka.htm
 大阪府交野市(全7遺構)
  http://yumigundan.web.fc2.com/katano.htm

今後とも「祐実総軍 ― 戦争遺跡データベース」をよろしくお願い申し上げます。


さて、関東・中部・近畿の各地方を小出しにリリースしたところで・・・


当サイトを閲覧いただいた方は、既にお気づきかと存じますが
「祐実軍團」「和泉軍團」「美恵軍團」「阪奈軍團」と様々な
グループ名がヘッダーに出現していますよね~ (ニヤっ)

せっかくなので、「祐実総軍 ― 戦争遺跡データベース」の構想の一部を
まわりくどくお話しさせていただきたいと思いますっ★

  (構想自体はどうでもいいことなので、興味のない方は
  以降を読み飛ばしてくださいねっ)

 当サイトは、もともと戦争遺跡に興味を持たない方々にも
 様々な観点から戦争遺跡に関心を持ってもらいたいという
 管理者個人の願望から、「あたかもキャラクターが戦争遺跡を
 調べている」というバーチャルな設定にしております。
 (実際は私こと管理人と多くの関係者で調査しています)

 ほぼ各都道府県毎に専属キャラクターが存在しており、
 おおまかな地方毎に集結して戦争遺跡探訪集団を形成し、
 戦争遺跡を記録していき、それを皆様に情報として開示していくといった
 構成となっており、この調査集団を当サイトでは「軍團」と呼んでいます。
 また、各「軍團」には「大将」や「参謀」などといった役柄があり
 「大将」の「名前」が「軍團」の名称となっております。

 これらの「軍團」を束ねた集団を「総軍」と呼び、サイトの主人公である
 「祐実」さんが「総軍」の「大将」であるため、当ブログを含むメインサイトの名前を
 「祐実総軍」と呼ぶようになっており、これがサイトの大代表となりますっ★

 現在、申し訳程度に関東・中部・関西の戦争遺跡を掲載しているので、
 この3地方に絞ると、だいたい以下のような構成になっておりますっ↓

  祐実総軍(TOPページになります)
    |
    |- 祐実軍團(東京都・神奈川県・埼玉県・山梨県を調査)
    |
    |- 和泉軍團(千葉県・茨城県・群馬県・栃木県を調査)
    |
    |- 美恵軍團(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県を調査)
    |
    |- 阪奈軍團(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県を調査)
    ↓
   以降は製作中(っていうか、キャラクター作成もマダです)

 とはいえ、管轄を跨いだり、多軍團で調べる設定もあるのですがね(汗)

 これらのキャラクターには、「名前」はもちろん「列伝」や「能力」もきちんとあり、
 各キャラクター紹介ページまであります。これを見るだけでも時間つぶしになると
 思いますが、TOPページをリリースするタイミングでアップしたいと考えていますっ!
 是非、楽しみにしていてくださいませっ★

 ※これらは全てフィクションです。実在する人や物などとは一切関係ありませんので
  ご承知おきくださいね m(_ _)m なお、「絵が下手くそ」「誰かに似てる」とか
  「構成に矛盾があるんじゃないの?」などといった解釈は自由ですが、
  その解釈が正しいかどうかの確認や指摘を管理人にしないでくださいねっ。
  (そういうことは皆様の解釈にお任せしますので、ここに書き込まないでくださいね)

  私自身、サイト運営の経験が浅いもので、今回のやり方で想いに対する効果が
  実際に得られるのかは判りませんが、自分なりに模索しながら掲載まで
  漕ぎ着いたつもりです。どうか、そのあたりの苦労も汲んでいただき、
  温かい目で見守っていただければ幸いでございます。m(_ _)m

  また、真剣に戦争遺跡を調査していらっしゃる方の中には
  フィクション部分の掲載によって、「戦争遺跡を軽視している」
  「ふざけすぎている」などと不快に思う方もいると思っています。
  同じ趣味を持つ方に悪印象を持たれるのは、私としては非常に
  辛いことなのですが、戦争遺跡の調査は真面目に行っているつもりなので、
  どうかご容赦いただきたいと思う次第でございます m(_ _)m

  ここに記載した私の言葉が、嘘か本当か、いずれ必ずお解りいただけると
  思っていますがっ★


それでは、次回のリリースにご期待くださいませっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる