戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 30 09:00:00

【祐実軍團】(89)陸軍東京湾要塞観音崎第三砲台

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

三等兵は、職場の環境が悪すぎて
風邪を遷されそうでビクビクです。。。
今度の週末は静岡方面の探訪があるので
ここでくたばるわけには・・・


さて、本日も「予約」でのブログ更新ですが
祐実軍團「軍報」の第89弾といたしまして
神奈川県横須賀市におかれていた
観音崎第三砲台のご紹介を
今になってさせていただきたいと
思います。


観音崎第三砲台は、東京湾要塞の1つで
観音崎第一砲台観音崎第二砲台と共に
1884年 (明治17) 6月に竣工し、
日清戦争開戦直後の1894年(明治27) 9月に
28センチ榴弾砲4門の据付けが完了して
戦闘配備につき、その後の日露戦争に
おいても防備についています。

しかし、1923年(大正12) 9月の
関東大震災では観測所の掩蓋が
壊れるなどの大きな被害を受け
復旧されることなく1925年(大正14)に
除籍されました。

現在、砲台跡地は
神奈川県立観音崎公園として
整備されており、掩蔽部や弾薬庫などは
入口が封鎖されています。

また、関東大震災の損傷が
甚大であったために、砲座や観測所の
一部分も消失している状況ですが、
完存している遺構もあり、
見学することが可能です。


観音崎公園にお邪魔しております↓


ここから山を上って目指していきます。


遊歩道を進んでいくと、
背墻トンネルが口を開けています↓



トンネル脇には当時の建物と思われる
基礎部分が残っています↓


一時期、観音崎公園の施設(トイレ?)に
使用された痕跡がありますね。。。


背墻トンネルを抜けると、封鎖された
掩蔽部が2つ残っています↓



掩蔽部の内部を覗くことが出来ます↓



砲座です↓



砲座の脇には砲側弾薬庫の
入口部分がわずかに残っています↓



砲座の背面部分の崖に
関連遺構が倒壊した状態で残ります↓



砲座より少し後退した部分に
右翼観測所が残っています↓



背墻トンネルの真上には
左翼観測所跡が残っています↓



さらに少し上がったところに
指揮所と思われる遺構も残ります↓



観音崎公園には多くの砲台遺構が
残っており見ごたえがあります♪
比較的、アプローチも簡単ですので、
探訪をおすすめしますっ★


【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞
 観音崎第三砲台

  砲座 1箇所
  観測所 2箇所
  地下施設 3箇所
  建物基礎 1箇所
  トンネル 1箇所
  その他 2箇所

【探訪情報】
 2005.05.29  第1回探訪
 2007.01.02  第2回探訪
 2014.05.24  第3回探訪
 2014.06.01  第4回探訪
 2015.12.05  第5回探訪

 歩数(指数) 約25,000歩(999)


ホームページでも公開中です★
(昨日追加しました~オセー)↓
 観音崎第三砲台


明日は、12月に入りますので
「ホームページ関係」で
ブログの更新をさせていただきます。


それでは、またお会いいたしましょう!


↑よかったら応援してくださいっ★

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる