【珠美軍團】(6)金沢陸軍兵器支廠 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【珠美軍團】(6)金沢陸軍兵器支廠

皆様、こんばんわm(_ _)m

ここのところ、関東地方は
暖かかったり寒かったりで
体が堪えますね・・・


さてさて、本日は「予約」「起算」なしで
ブログの更新をさせていただきます。
やっと、自分の時間が出来た~(笑)


今回は、珠美軍團「軍報」の
第6弾といたしまして、
石川県金沢市におかれていた
金沢陸軍兵器支廠の遺構を
簡単にご紹介させてくださいませ。


金沢陸軍兵器支廠は、
大阪の兵器本廠に隷属し、
第十師団に関係する兵器弾薬・
材料の購買や、これらの貯蔵・修理を
行う機関として、1899年(明治32)に
設置されました。

1918年(大正7)に入ると、各師団内に
兵器部が設置されたことで廃止され、
その後は第九師団兵器部として
終戦まで機能が存続しました。

戦後、施設は大学の校舎に
使われたようですが、現在は
石川県立歴史博物館となっており、
国の重要文化財に指定されている
兵器庫群のほかに門柱が
残存しています。


畏れ多くも、総軍大元帥と共に
金沢市内にお邪魔しております↓


この日の金沢は「猛暑日」でして
着いた途端にだらけてしまい、
畏れ多くも、総軍大元帥が
三等兵めに喝を入れますっ!

「暑いっ!タクシーじゃ!」
「ぼやぼやするでない、三等兵っ」

ははぁ~、これも大元帥閣下の
ご威光にございますっ(笑)

ってな感じで、県立歴史博物館まで
移動いたしましたっ(笑)


第五号兵器庫です↓



第六号兵器庫です↓



第七号兵器庫です↓



畏れ多くも、総軍大元帥の一言。

「暑い、中に入って涼みたいのじゃ」

ははぁ~、大元帥閣下っ!
ささ、こちらにっ(笑)


兵器庫の建物を活用している
歴史博物館の館内では、
兵器庫の独立基礎が
見学出来るようになっています↓



第五兵器庫の裏手付近に
通用門が残存しています↓



兵器支廠の遺構を見学した後は
兼六園に足を運んでみました↓



畏れ多くも、大元帥閣下曰く、

「とにかく、暑いのじゃ」

ははぁ、どうぞ時雨亭にて
ご一服なさってくださいましっ♪

ってな具合で、大元帥をご案内します↓



お抹茶をいただきます↓



この後は金沢駅まで戻って
おいしい夕飯とお酒にありつきました~


【収録遺構】
 金沢陸軍兵器支廠
 (陸軍第九師団兵器部)

   建物 3棟
   門柱 1箇所

【探訪情報】
 2016.08.21 第1回探訪

 歩数(指数) 約1,000歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、おやすみなさいませ!



↑よかったら応援してくださいっ★

コメント

  • 2016/12/09 (Fri) 23:29
    XXXXXXXX様

    毎度、拍手コメントありがとうございます m(_ _)m
    依然として「拍手コメント返し」のやり方が
    解らないので、代わりにここに記載させてください。

    早速、御サイトを拝見させていただきました~!
    って、毎日覗かせていただいております(笑)

    当ブログならびに我々のホームページを
    わざわざ紹介していただき、ありがとうございます★
    もちろん、ここで表現する「我々」に
    貴方様も含まれているのですが(笑)

    近いうちに、またそちらにコメントを
    書かせてくださいね~
    私の「第2の顔」でもあります(笑)
    私の第2もなかなかの「マニア」ですっ★

    • 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する