戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 12 23:14:31

【莉央軍團】(6)陸軍津軽要塞汐首岬第一砲台

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

週初めから「ガッツリ」仕事だと
本当にゲンナリしますね。


さてさて、本日は莉央軍團「軍報」の
第6弾といたしまして、
北海道函館市におかれていた
陸軍津軽要塞の汐首岬第一砲台を
簡単にご紹介させてくださいませ。


汐首岬第一砲台は津軽要塞の1つで
津軽海峡の防御を目的に
1933年(昭和8)に完成しました。

ここには、30センチ長榴弾砲を
4門据え付けて防備につきましたが、
1940年(昭和15)に汐首岬第二砲台の
完成により、全ての砲を他へ充てるために
撤去されました。

終戦後、備砲がなかったことから
進駐軍による爆破を免れ、
長期間にわたり放置されましたが
道立戸井高等学校の校舎改築にともなう
造成によって破壊され、砲座の一部分と
砲側弾薬庫が残存するのみと
なっているようです。


五稜郭の近くに宿泊しているホテルから
市電に乗って函館駅に到着です↓



ここから、大枚を出す覚悟で
約30キロ離れた汐首岬方面まで
タクシーで向かっていきますっ!
30キロ先も同じ函館市だなんて・・・
さすがは北海道。。。

今回は、函館市内を拠点に
個人でタクシー業を営んでおられる
根岸さんの親切・丁寧なご協力を仰ぎ
向かっていきます。

いや~、根岸さんは素敵な方でした。
地元・函館を誇りにしており、
歴史や名物などにも博識で
色々と教えてもらいました。


函館駅から約45分ほどで
到着しました↓



1つ目の砲側弾薬庫です↓



草ボーボーですが砲座です↓



2つ目の砲側弾薬庫です↓



入口部分はことどこく金網で
封鎖されていますが、内部を
覗くことが出来ます↓



これまた草ボーボーですが
2つ目の砲座です↓



用途は判りませんが、
これも遺構でしょうね↓



本当は、ここからの帰りは路線バスに
しようかと思っていたのですが、
行きの車中で根岸さんの素敵な
ご対応に感動し、帰りも引き続き
函館山ロープウェーの乗車口まで
お願いしちゃいました↓



往復で15,000円ちょっとの料金でしたが
気持ち多めにお支払いして
お別れしました。

三等兵は仕事でよくタクシーを
利用させてもらっていますが
根岸さんのような運転手さんには
出会ったことがありません。

あと数回は函館市とその周辺の
自治体に探訪予定ですので、
その際は是非とも直接「ご指名」を
させていただきたいと思ってます★

まだまだ先になってしまいますが
来年の春先あたりにでも・・・
(根岸さん、もしこのブログを見たら
書き込みをお願いします~)

なーんて、思っていた翌日に
函館駅から立待岬まで乗った
タクシーが奇遇にも
「根岸タクシー」でした~(驚)


【収録遺構】
 陸軍津軽要塞
 汐首岬第一砲台

   砲座 2箇所
   地下施設 2箇所
   その他 1箇所

【探訪情報】
 2016.09.20  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いいたしましょう!


↑よかったら応援してくださいっ★

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる