戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

ARTICLE PAGE

【和泉軍團】(35)水戸陸軍飛行学校(ひたちなか市)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

三等兵は、今度の土・日は
美恵軍團管轄の遺構探訪に
出かける予定ですっ★

当初、土曜日の探訪候補として
前回断念した静岡県浜松市に
しようかと考えていたのですが、
もう少し触手を伸ばして
岐阜県岐阜市・各務原市と
愛知県犬山市と春日井市へ
向かってみたいと思います。

その日は豊橋まで行って宿泊し
次の日は田原市と神島(鳥羽市)を
探訪して帰陣予定です。

さあ、どこまでやれるか・・・
戦果にご期待くださいませ(笑)


さて、本日は既出案件で恐縮です。
和泉軍團「軍報」の第35弾といたしまして
茨城県ひたちなか市に移設保存されている
水戸陸軍飛行学校及び航空通信学校の
遺構を少しだけご紹介させてください。


水戸陸軍飛行学校は、航空通信や
対空射撃・火器の取扱いなどに関する
教育と研究を行う目的で、1938年(昭和13)に
下志津飛行学校と明野飛行学校からの
教育部門の移管によって開設されました。

1940年(昭和15)に入ると、飛行学校から
航空通信の教育・研究が分離されたことに
伴って航空通信学校が独立し、
飛行学校は宮城県に移転しました。

また、航空通信学校も現在の水戸市に
新設された校舎へ移転しました。

現在、跡地は自動車安全運転センターや
交通公園・那珂湊運動公園などに
なっていますが、遺構がわずかに
移設保存されています。


ひたちなか市にお邪魔しております↓



門柱です↓



軍用地境界標も残っています↓



このはか、常陸陸軍教導飛行師団の
遺構や遺物も保存されていますが
別掲載としますね。


【収録遺構】
 水戸陸軍飛行学校
 (陸軍航空通信学校)

   門柱 1箇所
   軍用地境界標 1本

【探訪情報】
 2014.01.11  第1回探訪

 歩数(指数) 6,956歩(100)


それでは、おやすみなさいませZzz


↑よかったら応援してくださいっ★

0 Comments

Post a comment