戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2016 26 19:25:03

【雑記】アシスト記事です(笑)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今日から関東地方は天気が崩れるとか。
連日、寒くてたまらんです。。。
少し前は暖かかったのに・・・


さて・・・
本日も引き続き、「雑記」形式にて
アシスト記事を掲載させてください m(_ _)m


来年早々に、静岡県から
とても偉い先生が三浦半島まで
遠征に来られるので、
同日にご案内をさせていただく
遺構群をご紹介させてください。
(先生にはネタバレになっちゃいますが・・・)


偉い先生から承ったリクエストは・・・

 ①クソ三等兵っ、陣地中心じゃっ!
 ②べトンが前提、比較的大きな
  坑道規模じゃ、このボケナスが!
 ③広く浅めで、早朝から日没まで
  モリモリやりたいんじゃ、バータレっ!

 (実際の人物像と大きく異なります)


そういうわけでございまして、
パシリの三等兵は下記のような
スケジュールを組んでみました(笑)


まずは早朝に三崎口駅で
先生に車で拾ってもらいます↓



その足で、まず諸磯に行きます↓



まずは、洞窟砲台を見学します↓


洞窟砲台の坑道内部です↓


洞窟砲台の砲室です(抜粋)↓


ここには、15センチカノン砲が
2門据付けられ、坑道の総延長は
227.5mとなっています。

浜諸磯洞窟砲台の内部図です↓



続いて洞窟陣地へ向かいます↓


1つ目の銃眼です↓


洞窟陣地の坑道内部です↓


2つ目の銃眼は住宅の基礎部分の
中に残っています↓


この陣地の坑道総延長は
203.3mとなっています。

浜諸磯洞窟陣地の内部図です↓



浜諸磯を見た後は、三戸浜に飛びます。
本当は、この途中にある
諸磯湾に船艇基地関係1ヶ所、
油壷湾に陣地1ヶ所と船艇基地関係4ヶ所、
小網代湾に船艇基地1ヶ所がありますが
「快特」にて通過予定です・・・(笑)


三戸浜に到着したら、まず南進です↓



南側の洞窟陣地の銃眼です↓


ここは銃座が残っています↓


洞窟陣地の坑道内部です↓


2つ目の銃眼です↓


この陣地の坑道総延長は
259mとなっています。

三戸南洞窟陣地の内部図です↓



ここから海岸線を北上します↓



北側の洞窟陣地の砲口です↓


内部は階層構造となっています↓


坑道の内部です↓


銃眼も複数設けられています(抜粋)↓


この陣地の坑道総延長は
378mとなっています。

三戸北洞窟陣地の内部図です↓



このまま北上すると黒崎です↓



まずは、小規模な陣地を見ます↓


坑道総延長は80.5mほどです。


もう1つの陣地です↓


こちらも規模は小さく、
坑道総延長は32.5mほどです。


黒崎では第一砲台がメインです↓


砲室です(抜粋)↓
4黒崎2

砲側弾薬庫の入口です↓


第一洞窟砲台の坑道内部です↓


坑道総延長は195.6mとなっています。

黒崎第一洞窟砲台の内部図です↓



隣接する第二砲台も攻めます↓


入口部分です↓


第二洞窟砲台の坑道内部です↓
5黒崎2

砲室周辺はコンクリートが
捲かれています↓


砲室です↓


ここの坑道総延長は
69.5mとなっています。

黒崎第二洞窟砲台の内部図です↓



だいたい、このくらいを巡ったところで
お昼を過ぎると思われるので、
三崎港に戻ってマグロ丼を
食べるのもいいと思います(笑)↓



遅めのお昼を食べたら、
長浜海岸に移動します↓



入ったのが10年前なので、
陣地の入口を忘れました~
下の写真のどこかにあります(笑)↓


中腹部分に入口があります↓


陣地の坑道内部です↓


ここは、とにかく長大ですっ!
坑道総延長は502.7mとなります。

1つ目の銃眼です↓


2つ目の銃眼です↓


長浜洞窟陣地の内部図です↓



最後に、三浦半島の洞窟陣地系で
単独では最大の坑道延長をもつ
佐島洞窟砲台を見ます↓


入口部分です↓


洞窟砲台の坑道が続きます↓


とにかく続きます(笑)↓


砲室です↓


ここの坑道総延長は
511.4mを計測しています。

佐島第一洞窟砲台の内部図です↓


佐島の洞窟砲台には、
15センチカノン砲が
3門据付けられましたが
各1門ずつ、独立している坑道に
配備されているので、
第一砲台のほかに、第二・第三と
坑道が展開しているのですが
残念ながら私有地内なので
見学することが出来ません・・・

ご参考までに、第二砲台です↓


ご参考までに、第三砲台です↓


第三砲台の内部図です↓



おそらく、佐島あたりで時間的に
こんな感じになると思います↓



そのあとは、
用済みじゃ~ボケぇってな感じで
逗子駅あたりで捨ててもらえれば
帰りもスムーズだと思います(笑)

これ以外にも、色々なところを
ご案内したいのですが、
「時間」という縛りがある以上、
段階的に網羅していくしか
ないですね。申し訳ない m(_ _)m

ちなみに、我々のホームページ
記録粒度でいくと、
横須賀市だけで1,478もの
遺構が残っております。
今回のように、ある程度の
「ジャンル」を決めていただければ
ある程度は効率よく回れると
思いますっ★

以上、アシスト記事でしたっ!
明日より数日間は「軍報」での
ブログ更新とさせていただきます。


それでは、また明日っ★


↑制作意欲につながりますので
 もしよければ応援してくださいっ★

コメント

[title]:楽しみです♪

アシスト記事最高です!ネタバレ全然OKですよ笑  
三戸南洞窟陣地の階段すんばらしいですね~💦 
黒崎の風景も良いですし青空と藪のコントラスト溜まりません!
ちなみに黒崎は長年の夢ですた♪ 
しかしまぁ濃いツアーで楽しみです((o(´∀`)o))ワクワク 
  1. 2016/12/26(月) 21:17:31
  2. URL
  3. 空母欲奈 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:空母さま

書き込みありがとうございますっ★

50,000アクセスのキリ番ゲット
おめでとうございますっ!
今度お会いした時にでも
昼飯をごちそうさせていただきます(笑)

こんな探検ルートでいかがでしょうか?
探訪10ヶ所の延長合計は、
2,460mとなっております(笑)


あっ、黒崎第二洞窟砲台の内部図を
あげ忘れたので追記しました~
是非、見てやってくださいっ★
  1. 2016/12/26(月) 21:48:04
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる