戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

ARTICLE PAGE

【和泉軍團】(36)宇都宮陸軍飛行学校那須野分教所

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

年の瀬に、会社から素敵なプレゼントを
いただきまして、本日が仕事納めです。
おかげさまで、あと2日で2016年も
終わりという感覚が全くありません。


さて、本日は和泉軍團「軍報」の
第36弾といたしまして、
栃木県那須塩原市におかれていた
宇都宮陸軍飛行学校の那須野分教所の
遺構をご紹介させていただきまして
年内の「軍報」掲載を終了します。


宇都宮陸軍飛行学校は、
飛行機の基本操縦教育を
行うことを目的として
1940年(昭和15)に開設され、
生徒の増加にともなって
1942年(昭和17)に那須野分教所が
開設されました。

その後は、太平洋戦争の戦局が
悪化し、飛行学校が軍隊化されたことで
編制された宇都宮陸軍教導飛行師団の
拠点として施設が使われました。

戦後、飛行場の敷地は開拓されており、
農地や住宅地に変遷していますが、
敷地の南東付近にあたる場所に
当時の遺構がわずかに残ります。


那須塩原市にお邪魔しております↓



格納庫の基礎部分です↓



滑走路からの誘導路跡が残ります↓



器材庫の基礎部分です↓



付属建物の基礎部分です↓



別の格納庫の一部と思われる遺構も
残っています↓



その西側にも誘導路跡が残ります↓



数年前までは、この他にも
遺構が残っていたようですが
すでに手遅れでした・・・


【収録遺構】
 宇都宮陸軍飛行学校
 那須野分教所
 (宇都宮陸軍教導飛行師団
  埼玉飛行場)

   建物基礎 3箇所
   その他 2箇所

【探訪情報】
 2016.12.24  第1回探訪

 歩数(指数) 12,210歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


明日から1月5日(木)までの間は
「ホームページ関係」と「雑記」にて
ブログの更新をさせてください。


それでは、また明日っ!



↑制作意欲につながりますので
 もしよければ応援してくださいっ★

0 Comments

Post a comment