【祐実軍團】(91)横須賀海軍工作学校 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【祐実軍團】(91)横須賀海軍工作学校

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

不本意ながら仕事で毎日遅めの
帰宅が続いております・・・


さて、本日は祐実軍團「軍報」の
第91弾といたしまして
神奈川県横須賀市におかれていた
海軍工作学校のご紹介です。


工作学校は船匠や鍛冶・溶接・
潜水作業などの工作術の専門家を
養成するための教育機関で、
この前身の工機学校からの
工作術部門の委譲で
1941年(昭和15)に新設されました。

太平洋戦争がはじまると、
さらなる要員拡充が求められると
沼津にも学校が新設され、
区別のために横須賀海軍工作学校に
改称され終戦まで存続しました。

現在、学校跡地は久里浜公園や
市営住宅などに変遷して
面影が全くない状態ですが、
学校内におかれていた
工作神社が八幡神社に遷宮されて
奉られています。


当方が提唱する総軍プロジェクトの
「中枢」でもあり、これまで
ほぼ「一緒」に探訪してきた
いっちゃん先生とOKN先生とともに
久里浜の八幡神社に
やってまいりました↓



境内に「海軍工作神社」があります↓



社殿です↓



八幡神社の前をはしる道路を隔て
反対側の久里浜公園内には
工作学校碑が建立されています↓



【収録遺構】
 海軍工作学校
 (横須賀海軍工作学校)

  その他 1箇所

【探訪情報】
 2006.08.13  第1回探訪
 2016.10.15  第2回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いいたしましょう!


↑よかったら応援してくださいっ★

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する