【和泉軍團】(4)横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊波左間基地 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【和泉軍團】(4)横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊波左間基地

皆様、週末をいかがお過ごしでしょうか?

おかげさまで、三等兵は公私共に
忙しくさせていただいておりまして
ホムペやブログの更新間隔が
開いてしまって申し訳ありませんm(_ _)m

最近は、閲覧される皆様方から
メールで戦争遺跡の所在についての
お問い合わせや、現況などのご報告や
新たな情報などを多く寄せられるようになり
「戦争遺跡」に対する関心が
以前に比べて高くなっていることを
実感しております。

もっとも、拙ホムペ・ブログは
「戦争遺跡」を多くの皆様方に
知ってもらうことを第一として
旗揚げしたので、掲載開始から
まだ半年強の弱小ではございますが
一定の成功はおさめることを
出来たのかもしれません。

三等兵を含め、関係者一同の
「誇り」にしつつ、これからも
調査・踏査活動に邁進させて
いただく所存です。

どうぞ今後ともホムペ・ブログを
よろしくお願い申し上げます。


さて、和泉軍團「軍報」第4弾は
千葉県館山市に配備された
横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊の
波左間基地をご紹介させてくださいっ★


第一特攻戦隊は、太平洋戦争の戦局が
圧倒的に劣勢となったことに伴って、
本土決戦に備えて編成された特別攻撃部隊で、
1945年(昭和20)に神奈川県の横須賀市に
司令部がおかれました。

波左間基地は、傘下の第五十九震洋隊が
配備につきましたが、震洋の格納や
爆装などの整備に追われたことで
海上での訓練は行われず終戦となりました。

跡地は、波左間海岸から背面部分の山に
かけた場所で、現在は大半が
放置されている状態ですが、わずかに
格納壕などが残っています。


波左間海岸にやってまいりました↓


館山市は、千葉県内に残る
戦争遺跡の遺構数がダントツで
1番多い自治体ですっ★
また、行政も保存に積極的だし
NPO法人による戦争遺跡を見学する
フィールドワークなどもありますよっ!

すてきな街ですっ!
決して、海水浴だけがメジャーでは
ないですよ~♪


おっと、話が脱線しましたっ!
海岸をよく見ると、特攻艇の
滑走台の残骸が残っています↓


海岸から陸地に進んでいき、
暴走(笑)フラワーラインを跨いだ
山林内には格納壕が残っています↓


残念ながら、放置された状態が
続いていたためか、入口部分が
まともに開いている壕はありません・・・

格納壕はいくつか残っていますが
大半は水没しており、内部へ入るのは
かなり困難です↓



掲載写真が少ないので、別の格納壕の
内部も載せますね↓



【収録遺構】
 横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊
 波左間基地
  地下壕 1区画
  その他 1つ

【探訪情報】
 2006.01.29  第1回探訪
 2006.12.02  第2回探訪
 歩数(指数) 約1,000歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますが、
館山市は遺構が多いので掲載は
まだまだ先です・・・

でも、ご期待くださいませっ★
いつかは絶対やりますのでっ!


それでは、新幹線で関東へ
帰還しますね~っ
(している最中です)

よい週末をっ★
←応援してくださいっ♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する